株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

話題の株式投資法・デイトレードのメリットとデメリット

いまやデイトレードという言葉は株式投資になじみのない人にも知られているぐらい、株式市場ではデイトレードを行う人の存在が大きくなっています。デイトレードとは、1日のうちに株の売買取引を完了させるスタイルの投資法です。これを日計りともいいますが、株を買ったその日のうちに売却まで完結させ、翌日に持ち越さないというのが最大の特徴です。

デイトレードのメリットは、1日のうちに売買取引を完結させるため、企業の業績悪化などの突発的ニュースから影響を受けることがないという点です。一般的に株価に影響を与えるようなニュースは、その日の取引時間が終わってから発表されます。そのニュースの内容によって、翌日には買い注文が殺到したり一気に売りに転じたりといったことがしばしば起こります。中長期の投資では、タイミングを逸して利益を上げ損ねたり損失をこうむったりすることが往々にしてありますが、デイトレードではそういう心配は無用です。

また、1日で取引を完結させるため、利益をこつこつ積み上げることができます。中長期の投資のように、様子を見ているうちに下落に転じて、せっかくの利益を失うこともありません。また、株価の変動が小さいので、1日に得られる利益が大きくない代わりに、下落幅も小さいので大きな損失を出すこともあまりありません。

しかし、デイトレードにもデメリットはあります。ひとつめは、手数料が取引のたびにかかるので、中長期の投資に比べれば、利益に占める手数料がどうしても割高になってしまいます。手数料を定額制としているネット証券会社も最近ありますが、中長期の投資に比べると手数料がかさむことには変わりません。手数料を十分にカバーできるほどの利益を上げるには、熟練のテクニックが必要になります。

また、時間的な制約もデイトレードのデメリットと言えるでしょう。デイトレードは1日で取引を完結させるため、日中の株価の動きを常にチェックする必要があります。それに、利益を上げ続けるには情報収集にも時間を割かなければなりません。それを考えると、日中は仕事をしているサラリーマンなどが、デイトレードで継続的に利益を上げ続けるのは不可能に近いことでしょう。

最近では、デイトレードを本業とするデイトレーダーの数が増えています。しかし、一説には、デイトレードで利益を上げている人は、そのうちの3割程度しかいないとも言われています。テクニックがあれば利益を上げ続けることもできるデイトレードですが、リスクをはらんでいることは疑いようのない事実です。そのリスクに立ち向かう覚悟のある人だけが、デイトレードを続けることができるのでしょう。

少額から始められる1株から積み立てていける株式投資サービス

株式投資では、銘柄を売買する単位を単元として、単元ごとにまとめて売買を行うシステムがあります。これを単元株制度といいますが、銘柄によっては1株ずつ買うというやり方ができません。1単元を100株としている銘柄なら最低100株から、1単元を1000株としている銘柄なら最低1000株からしか買うことができないのです。たとえばある企業の株価が3000円だったとして、この銘柄の1単元が100株だった場合、最低でも30万円ないことにはこの銘柄を買えないということになります。

ただし、株式投資をこれから始めようという人やそれほど投資資金を使えないという人が、いきなり30万円を投資するのは簡単ではありません。お金を用意できたとしても、それほどの大金を一気に注ぎ込むのは心配です。

そんな人でも安心して株式投資を始められるのが、ミニ株、プチ株、まめ株といった少額の積立式商品です。これらは1単元ではなく1株から買うことができるので、1単元100株の株価3000円の銘柄でも3000円あれば買うことが可能になります。こうした商品はいくつかの証券会社によって用意されていますが、それぞれ特徴があります。各証券会社の扱う商品の概要を知って、利用しやすいところを選びましょう。

プチ株を取り扱っているのはカブドットコム証券になります。プチ株は1株から買うことができます。手数料は約定代金が2万円までなら100円、以降、1万円増えるごとに67円ずつ加算されます。配当や株式分割の割当はありますが、株主優待や議決権はありません。

ミニ株を取り扱っている証券会社には、大和証券野村證券マネックス証券などがあります。ミニ株はプチ株のように必ずしも1株から買うことができるわけではなく、最低の売買単位が1単元の10分の1の株数からになります。手数料は証券会社によって違いますが、ひとつの約定ごとに540円とか約定代金の0.63%とかいうふうに決まっています。こちらも、配当や株式分割の割当はありますが、株主優待や議決権はありません。

まめ株は野村ジョイ証券が取り扱っています。こちらは1株から売買することができます。手数料はインターネットでの取引ならば約定代金の0.864%(最低手数料108円)となっています。まめ株も配当や株式分割の割当はありますが、株主優待や議決権はありません。

株式投資を始めたいと思いながらも、まとまったお金が用意できなくてあきらめていた人は、ぜひこれらの単元未満株の積立サービスをご利用ください。

短期投資と中長期投資のメリットとデメリット

株式投資を始める時は、自分にはどんな投資スタイルが適しているかを見定めてからにしたほうがよいでしょう。デイトレードスイングトレードなどの短期投資は、1日から1週間、長くとも1ヶ月以内で売買取引を完了します。中長期型の投資では、数ヶ月以上同じ銘柄を保有することになります。どちらが優れているというわけではなく、短期には短期のメリット・デメリットが、中長期には中長期のメリット・デメリットがあるので、それぞれを比較して自分に合っていると思われるスタイルで始めるとよいでしょう。

短期投資のメリットは、株の保有期間が短いので株価の変動によるリスクが小さいことと、短期間のうちに資金を大きく増やすことができることです。一方デメリットには、1回の売買で上げることのできる利益が小さいことと、株価が不安定な銘柄では一気に値下がりするリスクが大きいこと、取引ごとに手数料がかかるので中長期投資と比べると割高になることです。さらにデイトレードを行うとなると、始終株価チャートをチェックしなければならないのでなかば本業化する必要があり、日中外で仕事をしている人には向いていないということも言えます。

中長期投資のメリットは、短期のように毎日わずかな株価の変動に反応する必要がないので、時間的な余裕が生まれることです。有望な銘柄を選ぶことができれば、保有しているだけで資金が勝手に何倍にも増えていくこともあります。それに配当金や株主優待を受けられるのも、長く株を保有している人にだけ与えられる特典です。一方デメリットは、損切りのタイミングを計るのが難しいことと、最初の段階で銘柄の選択を間違ってしまった場合、時間と資金をともにロスしてしまうことなどがあります。

どちらも一長一短がありますから、どちらのスタイルでも上手に運用できれば大きな利益を上げることができますし、運用に失敗すれば損失をこうむることも同じです。ただ、人には向き不向きがあるので、迅速に意思決定することが苦手な人が短期投資に手を出しても苦労するでしょうし、短気な性格では長期投資で十分な利益を出すのが難しくなります。

ただし、仕事の都合など時間的な制約で短期投資ができないという人は、中長期のスタイルを選択せざるを得なくなります。そういう人たちのためにできるアドバイスとしては、とにかく辛抱強くあれということに尽きるでしょう。含み益が出た場合も含み損が出た場合も短絡的に考えず、株価の回復を待つ余裕と、目先の利益にとらわれず長期的なリターンを狙い続ける根気が必要になります。

長期投資を成功させるイメージとデメリットについて

長期投資で利益を上げるイメージは、株式市場が景気の循環とともに大きく変動する中で、それを乗り越えて数十年後に企業が十分成長し、投下した資金が何倍にもなるまで保有し続けるということになります。

昨今はデイトレードなどの短期投資が流行していますが、短期投資では売買の手数料や税金などが頻繁に発生します。同じ資金を投下した場合、10年後、20年後の結果を比較すると、長期投資の方が得られる利益は確実に大きくなるのです。また、短期投資では利益を上げ続けるために、常に株価の動向や世界の経済情勢に注意を払っておかなければなりませんが、長期投資では1年や2年の動向には影響されないほどの長期的なスパンに視野を広げて見ることができるので、冷静に株式市場を観察することができます。

もちろん長期投資にもデメリットがあります。買った時点で間違いだった銘柄を所有することになった場合、長期にわたって貴重な時間も資金も無駄にしてしまうことにもなりかねません。また、たとえ有望銘柄を買えたとしても、あまりに割高な状態で買っていたならば、かけた時間のわりに十分な利益を得られないことになります。それに、長い期間のうちには株式市場が大きく変動することがありますが、そんな時でも何が起きても買った銘柄を信じ続けるという気概と度胸が必要です。

長期投資を成功させられるかは、今後成長する可能性が高い企業を探し当てられるかにかかっています。時に株価が大きく上下しながらも、全体的には着実に上昇し続ける銘柄を選べなければ、たとえ10年経ったとしても大した成果が得られないということになってしまいます。日本の株式市場の中から将来有望な企業を見つけるのはそう簡単なことではありませんが、長期投資で成功するには綿密な企業研究に徹するしかありません。

企業の分析も簡単ではありません。業績を上げ続けるためにどのような活動を行っているのか、損失が発生した場合、その原因は根本的にどこにあるのか、などといったことを徹底的に調べ上げる覚悟が欲しいところです。その企業が異業種にわたって事業展開をしている場合には、分析はますます困難になるでしょう。

こうまでしても、10年後大きな利益に結び付く企業は一握りしかないでしょう。よって、早く利益を上げたいという人には、利益をコツコツ積み上げていける短期投資や中期投資の方が向いているといえます。しかし、長期投資では、たとえ1種類の銘柄でも有望株を引き当てることができれば、それだけで一財産築くことも可能であるという魅力があるのも事実なのです。

中期投資の示す期間の考え方と銘柄の選び方の基本手法

株式投資は、投資期間に応じて短期・中期・長期と分けて考えられます。ただし、短期や長期に比べ、中期投資は、どのような基準で中期とするのかがわかりにくくなっています。一口に「中期」と言っても、その人の投資スタンスによって、その期間には大きな幅があります。デイトレードスイングトレードをメインにしている人は、そもそもの投資期間が1日未満から数日の範囲なので、そんな人たちの考える中期は数日から1週間ぐらいの期間になるでしょう。反対に数年から数十年先を見越した長期投資をしている人にとっては、1年や2年の期間でも中期的な範囲内に収まることになります。そういうわけで、中期といっても短期と長期の間というぐらいで一概に範囲を限定するのは難しいのですが、株式投資の話の中で中期投資といえば、およそ数ヶ月の期間を示すと考えるとよいでしょう。

平日の日中に時間を割くことができるなら、短期投資でこつこつと利益を積み上げていくのもよい方法です。しかし実際は、サラリーマンなど、日中に株式投資をしている暇なんてないという人がほとんどでしょう。そうすると、自然と中期投資か長期投資を選ばざるを得なくなります。ただし、下降トレンドが長期間続いている国内株で、長期投資を試みても利益を上げるのは難しいですし、これから株式投資を始めようという人にはおすすめできる投資法ではありません。というわけで、これから投資を始める人が取るべきスタイルは、中期投資に限られてしまいます。

中期投資での株の買い方ですが、日足チャートでタイミングを判断する方法がよいでしょう。最近の国内銘柄は、株価の上昇トレンドが数ヶ月程度で終了してしまうことが多く、週足チャートをもとに判断しているとタイミングを逃してしまいます。日足チャートに上昇トレンドで入った銘柄を買い、下降トレンドに入ったら売るようにします。

売買の判断は個別の銘柄ごとに行うのがよい方法です。日経平均株価が下降トレンドにある中でも上昇を続ける銘柄はわりと多くあるからです。もちろん、日経平均株価が上昇トレンドにあるほうが、個々の銘柄も上昇していきやすいのも確かなことですから、その場合は投資する資金を多少増やして強気に攻めるのもありでしょう。売りのタイミングも個々の銘柄ごとに判断します。たとえ日経平均株価が上昇トレンドにあったとしても、保有する銘柄が日足のチャートで下降トレンドに入ったら売りに転じましょう。これが中期投資で利益を上げる着実な方法です。

デイトレードやスイングトレードなどの短期売買のメリット・デメリット

株式投資において短期売買といえば、デイトレードスイングトレードになります。デイトレードは1日のうちに取引が完了しますし、スイングトレードでも株を買って売るまでに数日しかかけません。どちらも株の保有期間が非常に短い投資方法ですが、上手に運用できれば短期間で大きな利益を上げることも可能です。

短期売買が中長期投資より優位な点は、利益を上げるスピードが速いということでしょう。資産を2倍や3倍にするのも、短期投資ならわずかな期間で実現できます。たとえば、デイトレードで100万円の資金を利回り10%で運用したとすると、1日で10万円増やすことができます。翌日は10万円増えた110万円が資金となるので、10%で運用できれば121万円になります。この調子で運用していくことができれば、8日目には資金は200万円を超えることになります。スイングトレードであっても100万円の資金を2倍に増やすまでにかかる取引回数は10%の運用利回りで8回なので、100万円を200万円に増やすのに1ヶ月もかからないことになります。このように速いスピードで資産をどんどん増やしていけることが、短期売買の何よりの魅力です。

また、短期売買では、中長期投資のように企業の業績を気にすることなく取引ができるのもメリットのひとつです。デイトレードなら、株を買ったその日のうちに売却まで済ませてしまうので、その後に業績の上方修正・下方修正などが発表されたとしても何ら関係がありません。また、短期間で利益を出すことが目的なので、投資先の企業の将来性を気にしなくていいのはもちろん、どんな事業をやっている企業なのかすら知る必要がないのです。財務諸表や企業の成長性といった難しそうなことにもタッチする必要がないので、株価の推移以外で頭を悩ませることもありません。

一見メリットばかりしか見当たりませんが、短期売買にもデメリットは存在します。利益が出る期間が短いということは、株価の変動が激しい銘柄を狙って買うことになります。それに、短期で結果を出すためには、一度に買う株の数も多くなります。変動が激しい銘柄というのは株価が不安定な状態であるということから、いつ暴落してもおかしくない危険性をはらんでいます。投資に成功した時には1日で大きな利益を得ることができる代わりに、株価が暴落でもしたら、一気に多くの資産を失うことになります。企業の安定性・将来性に重きを置いて投資する中長期投資と比べると、短期売買はリスクが大きい方法と言えます。

配当金狙いの株式投資は長期的な視野に立つことが大切

株式投資で利益を上げる方法はいくつかありますが、配当金狙いの長期投資はおすすめの方法です。これから株式投資を始めるという人にも、リスクの少ない長期投資は第一歩としてぴったりでしょう。実際、多くの人が配当金狙いで株式投資を始めていますし、中には配当金だけで毎月の生活費の一部をまかなっている人もいます。配当金狙いで長期投資を始めるのであれば、配当利回りが高い銘柄を対象に絞って投資するのがよいでしょう。

配当金狙いの長期投資にもリスクはあります。企業の方針変更などの事情により、配当金の支払いがストップした場合、急激に株価が値下がりすることがあるからです。このリスクを回避するには、ひとつの銘柄だけでなく、複数の銘柄に分散して投資した方がよいでしょう。ある業種の銘柄を購入したら、それとはまったく異業種の銘柄も買うことで投資先を分散して、配当金を効率的に受け取れるような工夫をしましょう。配当金狙いの長期投資とはいっても、株を買って放置したままで、定期的に利益を上げられるほど株式の世界は甘くはないのです。

高配当を狙った長期投資は、戦略的に初心者にも難し過ぎるわけではないのでおすすめですが、買う銘柄を決める時には配当利回りの高さのみに注目せずに、その企業業績の現状を四季報などでチェックしてからの方がよいでしょう。配当利回りが高い銘柄は、あまり高くなり過ぎると減配といって配当金が遠からず下げられるものです。その辺りに注意しつつ適切な投資先を選ぶことができれば、配当金だけで少しずつ資産を増やしていくことが可能です。配当利回りは銀行預金の金利とは比較にならないほど高いので、資産を増やすために投資するならば、銀行預金よりも株式投資の方が断然効率的です。長期投資でじっくり配当金を狙っていくわけですから、デイトレードのようにすぐに結果がともなうわけではありませんが、しっかり長期的な戦略を練ることができれば、安定して利益を上げ続けることも、それほど難しいことではありません。

株式投資を始めるとなると、ついつい目先の利益を目指したくなるものですが、長期投資ではじっくり構えることが大切です。銀行にお金を預けるような感覚で即金を追い求めなければ、銀行預金よりはるかに高額の収入が確保できます。ですから、配当金狙いの長期投資は、デイトレーダーのように株式投資を本業としたい人には向きませんが、しっかりした本業があって、それとは別の収入源を持ちたいと考える人にはおすすめです。目先の利益より安定を望む人の方が成功しやすい投資方法と言えます。