読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

ツイッターは株式投資でも活用できる

ツイッター社のアプリ、ツイッターを普段から使っているツイッターユーザーも多いでしょう。PCサイトやスマホから生活をする中で自分の感情をつぶやくシェアの高いコミュニケーションツールのひとつです。実はこのツイッター株式投資やトレードをする場合でも重宝するツールです。他の人の一言ツイートを見て、投資のアイデアデイトレードや投資先の情報を仕入れている人は結構多いです。ツイッターを見てみると、金融の専門家や投資生活者である専業のトレーダー、有名な個人投資家や外国人投資家が投資スタイルに関する考察や私見をつぶやいています。このようにツイッター上で株式のことを頻繁につぶやくユーザーたちのことを株クラスタといい、彼らのフォロワーとなって自分から積極的に情報収集することによって、株式情報をどのような視点で見ればいいのか、投資のルールはどう決めればいいのかを参考にできるので銘柄選びに役立ち、極力リスクを回避することで売上につなげることもできるかもしれません。自分自身も株クラスタとなって、株式についての情報交換を積極的に行いましょう。

報道系の会社でツイッターのアカウントを開設している所は多いです。例えばウォール・ストリート・ジャーナル日本版@WSJJapanは、日本語で表示されていますから読みやすいです。アメリカのウォール・ストリート・ジャーナルに掲載されている記事の中から、日本人に関係があり興味深い外国株式などや企業の情報をピックアップして提供しています。ブルームバーグニュース日本版@BloombergJapanは、世界の金融や経済のニュースを発信しています。日本国内だけでなく、欧米やアジアの動向もわかります。

雑誌形でツイッターをしているものも多く、ビジネス週刊誌の中でもメジャーな週刊ダイヤモンドの行っている週刊ダイヤモンド編集部@diamondweeklyは押さえておきたいところです。経済情報などを呟いていますから、株式投資の参考情報として活用できます。Zaiというお金と投資の総合情報を提供している所も、ザイ・オンライン@zaionlineというアカウントを持っています。日本の株式だけでなく、世界経済やFXに関する情報、投資信託や不動産投資、証券会社の活用法といった感じで、資産運用に関する総合的な情報発信を行っています。相場の最新情報も掲載されていますから、チェックしておくといいでしょう。

個人レベルで行っているツイッターでも、見るべきものはあります。たとえば、かぶ1000@kabu1000は中学2年生から株式投資を始めた専業投資家のアカウントになります。社会人となって就職はおろか、アルバイトも一切やったことのない状態で、累積利益が2011年には1億円を突破したといいます。年率で20%の運用利回りを出しているということで、運用スタイルの参考にする経験者として非常におすすめです。ぱりてきさす@paristexas2009も専業投資家のアカウントです。まだツイッターのアカウントを開設していない人は、是非この機会に開設し、会社や個人問わず有益な情報を発信する先輩方であるこの人たちのフォロワーになって、テクニカルとファンダメンタルの両方の分析をしながら資産運用しているので分析の参考にしてみてください。ひょっとしたら、ネットの特性からツイート数の多いアカウントでは、自分の質問に相談にのってくれたり、フォロワーの人たち向けに直接回答してくれるかも知れません。

株式投資におすすめの無料ソフトを紹介

いわゆる株式投資ソフトといわれるソフトは有料無料いろいろと販売されています。その中には無料で配布されているフリーウェアと呼ばれるソフトもあります。フリーソフトの場合、無料だから質が劣るのではないかと思っている人もいるでしょう。確かに株式投資関連のフリーソフトだけでも、数千単位で出回っています。その中には悪質で問題のあるソフトもあるのは否めません。しかし一方で優秀なフリーソフトもたくさんあります。株式投資を本格的にやってみたい人は、このような無料ソフトを利用してみるのも手です。

本格的株システムトレード開発ソフト イザナミは、システムトレードをする人が必要とする機能が充実しているシェアウェアです。このソフトのいいところは、売買ルールづくりが簡単でバックテストを行う検証ソフトとしての機能ももち、さらに株価情報のデータが無料で手に入るため、初心者の方でもわかりやすいレイアウトになっています。しかももしわからないことが何か発生した場合でもサポートがしっかりとしているため、気軽に問い合わせができます。期限のある無料版ソフトもあるので、まずは操作感などをテストしてみることをおすすめします。

Tacticoは、相場を楽しむというコンセプトのもと登場したフロントエンドツールのトレーディングプラットフォームになります。OmegaChartというソフトの後継として誕生していますから、その実績や効果は織り込み済みです。著名なテクニカル指標が多く搭載されているため、多角的な分析がしやすいです。自動売買機能も搭載されていますから、仕事で忙しくて長時間画面に張り付いていられない人には利便性の高いツールといえます。仕事中に自分が取引している銘柄が乱高下したとしても、株式チャート編集や損益計算のプログラミングをしておけば利益確定や損切りも可能です。

総合的に株式投資用の情報を収集したいと思っているのなら、AlphaChartがおすすめです。3900前後あるといわれる上場の銘柄全部をカバーしているソフトです。パソコンでほしい銘柄の株式チャートが即座に表示されます。一部有料のサービスがあるものの、通常使用であれば無料で利用可能です。ネットでこまめにアップデートを行っていますので、信頼性の高さや情報量の豊富さそして操作感では有料のソフトと比較してもそん色はありません。公式サイトでは、オンラインスクリーニングも実施していますからこちらも活用することをおすすめします。

スマホなどを使って株式売買の取引をするよりも、パソコンを利用して運用することが多いという人はFchart'sがおすすめです。トレードシステム記述言語が搭載されていて、テクニカル分析ではかなりのハイレベルなデイトレ分析にも対応しています。オリジナルの売買ルールのセッティングもできるようになっているため、自分の投資スタイルに合わせたオーダーメイドのシステムトレードが可能でお勧めです。日経BP社のパソコンベストソフトを受賞していることを見ても、その実力がお分かりになるでしょう。

株式投資で役に立つ情報収集方法

株式投資はギャンブルとは違って、的確に分析を行えば100%の勝率に近づけることが可能です。分析をするためには、まず情報収集をすることが大事です。自分自身で情報収集するにあたって、会社四季報や新聞などの投資関連の記事が掲載されている情報誌や書籍類を定期的に読んで勉強することももちろん大事です。しかしリアルタイムでマーケットにどのようなことが起きているのかの情報源を得るためには、インターネットで株投資や株取引について書かれている情報収集サイトは株初心者や個人投資家にとってはやはり有効なツールです。株式投資をするにあたって、押さえておきたい投資関連情報収集サイトをいくつか紹介します。

ヤフーファイナンスはブラウザで利用できるのですが、その割にはリアルタイムの株価や出来高、指標、各銘柄の最低購入代金までかなり具体的な情報を入手できます。自分自身が中長期的な運用を考えているのであれば、株主優待としてどのようなものがあるかも検索で収集できます。東京証券取引所のホームページも株式情報を入手するには初心者向けとしてもおすすめのツールです。新規上場の銘柄情報を網羅しているのもそうですが、株式投資の基礎知識に関して紹介しているコンテンツもあります。株式投資経験に乏しい株式投資初心者にはおすすめのツールと言っていいでしょう。

証券会社のツールを利用する方法もあります。特に自分自身がデイトレードをしようと思っているのなら、チャット解析ツールが必要になります。チャット解析ツールの中には、無料で利用できるものもありますからしっかりと現実的に利益を出して勝ち組に近づくために、運用で取り入れてみると良いでしょう。たとえば、SBI証券のHYPER SBIやマネックス証券マネックストレーダー・マーケットステーション、ライブスター証券のlivestarRといったツールは無料で初心者でも簡単に利用できます。楽天証券マーケットスピードは通常版が3か月3000円、フル版は1か月2100円となっています。通常版は信用取引先物、オプション、FXのいずれかの口座を楽天証券で開設している、もしくは30万円以上の資産残高のある人は無料で利用が可能です。該当する人は、楽天証券マーケットスピードを使って情報収集してみましょう。

株式投資しようと思っている会社があれば、どのような経営方針で運営しているのか、どのような業績なのか、詳しく知りたいと思う人もいるでしょう。会社四季報でも詳しく上場企業の情報が紹介されています。それ以外にも、EDINETもおすすめのツールの一つです。会社の報告書を一通り掲載していますから、特定の会社に投資すべきかどうかの判断材料になるはずです。このように株式投資に関する情報はネット上のサイトやいろいろと提供されているので、有効活用することです。

株式投資スクール選び方のポイント

株式投資を勉強したい人のために、株式投資スクールが日本全国にいくつも開講しています。しかし大学のように、学校選びに統一化された判断基準が用意されているわけではありません。しかも専門的な内容を狭く深く取り扱うため、投資スクールの良し悪しの判断基準が明確ではありません。当然自分で受講料を払いますから投資スクール選びをする時には、ネットでの情報や評判を聞く前に、いくつかの種類があることをまず頭に入れるべきです。

投資スクールには、大きく3タイプに分類できます。まずは専門家が株式だけでなく、経済や金融の仕組みを解説して教養を教えてくれる講座があるスクールです。運用方法など株式に関する基本的な知識が身に付きます。2つ目の投資スクールの種類として、株式投資で儲ける為のノウハウを教えてくれる投資スクールです。過去にファンドで仕事をしていた人が講師になって、すぐに使えるテクニックなどを紹介してくれます。そして最後のタイプの投資スクールは、個人投資家が講師となって教えてくれる株式投資で利益を上げるための学校です。もし株式や経済に関する仕組みを理解したいのであれば、最初のタイプの投資スクールに行くとより価値を感じられるでしょう。一方すぐに株式投資に参加してリアルな利益を求めたいと感じるのであれば、残りの2タイプの投資スクールの中から選ばないといけません。2つ目と3つ目は基本的な内容は一緒ですが、講師が異なります。どちらも株式投資の先輩ではありますが投資先についての意見や資金運用方法、取引方法についての考え方はおれぞれ異なりますから、人によってメリット、デメリットを感じるかも知れません。いずれにしても、どちらを選ぶかは人によって分かれます。自分に合った株取引のスタイルをとっている講師の下で勉強すれば、自分自身が実力アップできる可能性は高まり、知識のます。

多くの株式投資のスクールは、説明会や体験セミナーなどを実施しています。実際に体感してみて、自分の役に立ちそうかどうかを判断した方がいいでしょう。ちなみに株式投資スクールの比較ができるネット上のサイトや、個人投資家および株スクールなど株にまつわる情報が掲載されているブログで特定の投資スクールに関する評判が書かれていることもあります。全てではないものの、投資スクールからアフィリエイトなどの形でお金をもらって記事掲載しているものも見られます。このため、特に株式投資初心者がネット上の情報から正確な判断をするには心もとないです。やはりここは、身近な経験者にアドバイスを貰うか、投資スクールが参加を募っている無料講座、体験セミナーなどに参加して、自分の目と耳で実際に判断した方がいいでしょう。

あとあまり過大広告を出しているスクールに入学するのは、慎重であるべきです。株式投資の学校の中には、利回りが数千パーセントになるとか、銘柄的中率が80%とか90%と宣伝しているところも見られます。しかしここまで高利回り、高的中率をずっと出し続けるのはどのような専門家でも至難の業です。できるだけわかりやすくシンプルにノウハウや講義の内容を説明しているスクールを選んだ方が、皆様の役に立つでしょう。

株式投資に必要な財務分析の参考になる本

中長期的に株式投資をして安定的なリターンを確保するためには、チャートの分析の他にも会社の財務情報を理解する力が求められます。株価は業績の良いところは上昇しますし、業績悪化している所は下がるのが基本的な傾向です。そこで投資をするにあたっては自分が取引している銘柄の企業状態がどうかを的確に理解することはとても重要です。財務分析は素人にはできないと思っている人もいるでしょう。しかし実際には数学の勉強ほどのハイレベルの力は求められておらず、小学生レベルの算数の力があれば十分対応できます。株分析サイトなどもありますが、財務分析をするのに参考になる本をいくつか紹介します。

できる人の決算書の読み方―ビジネス分析モデルが実務に役立つ!は、財務諸表や決算書の基本的で実践的な知識について紹介されています。財務諸表の中から皆さんが必要としている情報を抜き出せる力を養えます。財務諸表を見て、買いの銘柄を見分ける方法について紹介しているのが、決算書の暗号を解け!ダメ株を見破る投資のルールです。財務諸表の数ある数字の中でもどの項目に着目すればいいのか、どのように解釈すればいいのかが書かれています。明日からすぐに使えるような実践的な知識が書かれています。

財務分析は数字への理解が欠かせません。しかしそれ以外にも、そもそもの意味や概念を理解しておいた方が、より書かれている数字を投資に役立てることができるようになります。そこでおすすめの書籍として、ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務があります。この一冊だけでも財務に関する概念は十分理解できるでしょう。しかしもうワンランク上に行きたいと思っているのであれば、道具としてのファイナンスも読んでおいて損はないでしょう。お金の知識は常日頃から使っている割には、身近ではない所があります。それをより親近感が持てるような感じの内容になっています。難しい内容ですが、平易な言葉・表現で書かれているので素人でも意味を理解できて株歴の浅い初心者でも読み進めやすいです。

最終的に特定の銘柄の株式を購入するかどうかは、会社のバリュエーションを見て予想したりチャートから予測や判断するといった手法が必要になります。ギャンブルのようにそれなりにお金を使えばなんとかなるような確率論ではありません。現状、バリュエーションに関する書籍は数多くあるのですが、外国人著者の訳本が多いです。このため、日本企業のケーススタディに乏しい作品が少なくありません。その中でも日本企業の実例を出してバリュエーションを行っていて、非常に実践的な内容になっているのが企業価値評価 実践編です。個人投資家が会社の企業価値を判断するときに必要な知識や説明が、すべてこの一冊に盛り込まれていて、色々調べる手間を軽減し効率よく運用出来るようになるでしょう。

株式投資をするなら雑誌を読んだ方が良い

株式投資の基本的なことはビジネス誌や株雑誌などの書籍や流行の電子書籍から得る、といった勉強方法をオススメでします。一方で株式取引に成功するためには、その時々の情報をいかに得るかがポイントとなります。リアルタイムの生きた情報を得るためには週刊誌や月刊誌など雑誌をチェックする習慣もつけましょう。数多くの雑誌が書店に並んでいますが、その中には株式投資にちなんだ記事を掲載しているものもあります。株式投資関連の情報誌を見るときには、株の銘柄情報やどの株式がトレンドなのかについて、新興国経済の関する情報、株価や経済に大きくかかわるようなニュースをチェックして積極的に情報施釉集をすることです。株式投資をこれから本格的に始める投資初心者なのであれば、つぎの経済雑誌を定期的に読むことをオススメします。

日経BP社の日経マネーは、専門家によるリアルタイムの経済情報が充実しているとして個人投資家の間で支持されている情報誌です。経済が急成長している新興国の特集などもあって、ワールドワイドな情報を取り込めます。有名な専門家の記事だけでなく、ブロガーをはじめとした一般読者の記事も掲載されているので、いろいろな角度から株式市場に関する研究ができます。投資雑誌の中では、オールマイティにさまざまな情報を提供してくれて大変参考になります。

株式の情報を入手したいと思うのであれば、ダイアモンド社のダイアモンドザイもおすすめです。株式の専門家による推奨銘柄の情報が豊富に掲載されています。株式投資をしたいけれども、どの銘柄を購入すればいいかわからないといった人には株の銘柄選びの参考になるはずです。これから株式投資を始めようと思っている、株初心者向けの読みたい雑誌の一つです。

日本工業新聞社のネットマネーは読み物としても十分楽しめる雑誌といえます。株式の情報の中でも「買いの株」とか「10万円で10倍になる運用方法」「外国人の買い株」といった感じで、少し異なる視点から情報を提供しています。その他にも投資全般の企画が毎号異なるテーマで書かれていますが、結構楽しんで読める内容です。通常の株式関係の雑誌に読み飽きてしまった、知識だけではなく少し刺激のある感じの読み物を見てみたいと思っている人にはおすすめしたい雑誌です。

株式投資の雑誌は、初心者にとっては情報を得るために参考になるでしょう。しかし上級者にとっても重宝する内容が書かれています。投資対象のトレンドをつかむための参考情報がいろいろと書かれていますし、どの銘柄が買いなのかを知ることができます。またNISA制度をはじめとして、投資制度は日々刻々と変化しています。確定申告の変更点なども紹介されていますから、チェックしておいた方がいいでしょう。

株式投資を勉強したい!そんな人はこの参考書

国内日本人投資家の中には、株式投資を”ギャンブル”と考える人もいるようです。投資はギャンブルとは違い、行き当たりばったりで生産性がないものではありません。

投資の基本的な知識を勉強し、ネットなどで最新情報を集めてしっかり分析し投資収支の管理をすれば、利益を上げられる確率は100%とはいかないまでも高めることは可能です。

株式投資をする前に投資に興味があり基本的なことを勉強したいと思うのなら、まずは株取引や投資関連の入門書や参考書を読むことをおすすめします。

おすすめ株式投資関連の参考書

「となりの億万長者 成功を生む7つの法則」

著者:トマス・J.スタンリー 出版社:早川書房

本物の億万長者とはどんな人間で、普通の人たちとはどこが違うのか?アメリカ富裕層研究の第一人者が、一万人以上の億万長者の資産や年収、職業、消費行動のタイプを徹底分析し、そこから人生の成功者になる7つの法則を明らかにしたベストセラー本です。 投資やお金のことだけでなく、お金の使い方や生活習慣が重要であるということを教えてくれる書籍。

アメリカの富裕層向けマーケティング研究の第一人者である大学教授が資産総額1億円以上のお金持ち500人以上にインタビュー、1000人以上にアンケート調査し、統計データから分析してわかった「お金持ちのマインドや暮らしぶり」を紹介しています。調査によってわかった資産家の基本的な思考を持てば、普通の人でもお金持ちになれることを示す指南書的存在です。

「敗者のゲーム 原著第5班 金融危機を超えて」

著者:チャールズ・D・エリス 出版社:日本経済新聞出版社

運用哲学の古典として投資家に読み継がれてきた全米50万部のロングセラー本。グローバルな金融危機と株価暴落で、投資の原則は変わったのか?この間の市場の激変を踏まえて現代に向け大改訂された書籍。

株式投資の参考書として活用できます。アクティブファンドは、ハンセンや日経225やダウなどの指標に連動するインデックスファンドには負ける、その理由について詳細が書かれています。

個人投資家の中には、金融機関の担当者や証券外務員の言うことをそのまま鵜呑みにして損失を計上している人も多く存在します。それは担当者があなたのためではなく、自分のセールスのためのアドバイスや投資方法の説明をしているからかもしれません。このようなまやかしに惑わされることのないように読んでおきたい指南書のひとつです。

「ウォール街のランダム・ウォーカー 〈原著第10版〉株式投資の不滅の真理」

著者:バートン・マルキール 出版社:日本経済新聞出版社

市場は本当に効率的なのか?インデックスファンドや分散投資を勧める現代ポートフォリオ理論は大丈夫なのか。巨大バブルを丹念に検証し、投資界の知的攻防を軽妙に紹介したベスト&ロングセラーの最新版。

株式投資を始めようと思う方は読んでおくと良い参考書のひとつ。個人投資家が資産運用を始めるにあたり何が必要なのか?について書かれています。

株式投資で自分の運用が絶対成功するという保証や保証金はどこにもありません。リスクマネージメントをするにあたり、分散投資の取引が必要だと言われます。

これに関して検証している書籍でもあります。過去実際に起きたバブルを丹念に検証しながら具体例から知的攻防を紹介しており、マクロ経済学に則していて説得力があります。

「株式投資の未来 永続する会社が本当の利益をもたらす」

著者:ジェレミー・シーゲル 出版社:日経BP

投資家に利益をもたらしてくれる企業は、急成長する企業ではありません。永続した付加価値を生産する企業だということを過去100年以上の膨大な市場データをもとに立証し、バフェット流のバリュー投資手法の正しさを説明している株式投資の新しい教科書です。

中長期の資産運用を検討しているのであれば、そのものズバリの株式投資について読んでおくと良いでしょう。過去100年以上にわたるマーケットデータを分析し、長期的に安定した資産を増やす方法や取引売買について紹介しています。

急成長している会社はメディアなどでも取り上げられますし注目を集めやすいですが、長期的に安定して経済活動を行っている企業に投資した方が自分の”投資”に対して”利益”という答えが出やすく、後々、投資金額に見合った利息配当の分配金を得られる可能性も高いと言えます。

株式投資では自己資金が目減りしてしまうという”リスク”も伴います。趣味程度でデイトレードなどするにしても失敗したくないのであれば、自分流ではなく専門の参考書を読み資本形成などの知識をしっかりと身につけて、企業の決算情報など分析して最終利回りを想定していくことも重要です。

どの銘柄にどのように資金を分配すれば、長期的に資産を積み上げることができるのか?そのための戦略を具体的に紹介してくれています。

「いちばんカンタン!株の超入門書 改訂版」

著者:安恒 理 出版社:高橋書店

株を始めようという人、やり直そうという人、にイチオシの入門書ベストセラー。オールカラーで見やすく読みやすく分かりやすい改訂版。

「そもそも、株ってなんなの?」から始まり、取引の仕組み・口座の設け方・売買の仕方と、初心者に必要な情報だけを集めています。また、銘柄選びのノウハウ、売買の見極め方など、儲けのポイントもしっかり押さえています。

さらに、最新の株主優待情報、チャート情報、NISA情報、経済情報など、知ってトクするノウハウも盛りこまれているので、これから株を始めようという人やとりあえず始めて見たけれどよくわからないという人にピッタリの一冊。まずはこの本から初めて、応用編に移るのが良いのでしゃないでしょうか。

「60歳までに1億円つくる術 25歳ゼロ、30歳100万、40歳600万から始める」

著者:内藤忍 出版社:幻冬舎

20代、30代にこそ始めるべき教養としての資産づくりの入門書。まず自分が何歳までにいくら必要かを知ることが大事だと教えてくれます。

目標を設定して「収入を増やす」「支出を減らす」「長期分散投資」の3つのアプローチから「やるべきこと」を決めれば、自ずと「60歳で金融資産1億円」が可能になると著者は言います。あとはそれを淡々と実行するノウハウが簡潔にまとめられている初心者におすすめの1冊。

資産運用は「いくら必要か」ではなく「定年後にどういう生活を送りたいか」という目標設定からはじめるべきだと著者は言います。無目的に貯財に勤しむのではゴールを知らずにマラソンを走るようなもの。自分自身のゴールを設定したらそれに向かい資産作りを行う、意味のない支出を削る、など具体的に考え実行していくよう導いてくれます。

お金の運用とは、限りある時間とお金を自分の生活設計に合わせて動かすこと。預金や投資は今あるお金を将来に持っていくこと、反対にローンなどは将来のお金を現在に持ってくることです。大切なのは、有限なお金を「いつ、どこで」使うかという配分が重要です。

何が本当のリスクかを論理的に考え、今のうちから先手を打って老後に備えるアクションを取るよう指南書のひとつです。

まとめ

株式投資をするには、また投資で成功するには、まずは基本を学んでからの挑戦が必要です。

株式投資への正しい知識を身につけ、投資を始めるためにおすすめの参考本をご紹介しました。株式投資の初心者のための知識やテクニック、株式市場の本質を知り、投資学習レベルごとに先人の知恵を学べる名著が数多くあります。

自分のレベルに合わせて本を次へ次へと読み進めることにより、株式市場で勝てる近道にもなるのではないでしょうか。上記おすすめ本を参考に、ご自身に合った書籍を選択し、株式投資への理解を深めるためにも役立てみてください。