株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

主婦は株式投資家になるべき?

株式取引は、今や証券会社のトレードツールなどを利用して、自宅からインターネットを使って取引するケースが主流です。そこで扶養者で子供が居る主婦の方でも家事の合間を縫ってご主人からのお小遣いを使って株式投資をし、家庭を守る妻として株取引で得た株収入を家計の足しにするスタイルがかなり普及しています。実際ブログなどを見てみても、主婦投資家のものもしばしば見受けられます。実は主婦の株式投資は、むしろ結果が出やすいといわれています。

たとえば、主婦で配偶者として一家の家計を預かっている人は多いでしょう。そして日用品の買い出しをするために、頻繁にスーパーなどに行って買い物をしている人も多いはずです。皆さんが普段使っている生活必需品ですが、どのメーカーか確認してみましょう。メーカー・販売会社含め、かなりの割合で株式を上場しています。そこで普段使っている生活用品の中で、便利だったもの、使ってみてよかったもの、話題になっている新商品などを気に掛けてチェックする趣味をもってみましょう。商品がヒットすれば、その会社の業績もアップします。するとたいていの場合、その企業の株価も上昇しうまくいけば配当金を得ることができます。このように売れ筋商品に関する情報を肌感覚でわかっている主婦という立場は、通常の生活をキープしている状態で上昇する銘柄をより正確に的中できお金を得られる可能性が高いです。

皆さんのような投資家の場合、ヒット商品を知るのは実際にヒットしてニュースなどで取り上げられた後です。ニュースで紹介されると、グンと株価が上昇するのはそのためです。しかし主婦の場合、女の勘というわけではないのかも知れませんが、自分の経験からの感覚で「次はどの商品が来るか?」を認知しやすいです。そのような商品を作っているメーカーをチェックして、ニュースで紹介された瞬間に注文できるように準備しておけば、より効率的にお小遣い稼ぎの感覚で株式運用して稼げるわけです。

商品を実際に使うことの多い主婦ですから、いくら専業主婦でなくともヒット商品をニュースで紹介されるよりも早く見つけられることが多いです。女性は男性と比較すると、感性の鋭い傾向が見られます。このため、良い商品を見つけてその販売会社を調べて、インターネットなどを使ってその銘柄を購入します。その後ニュースで注目されるようになったところで売って、利ザヤを稼いでいる主婦は案外多いです。この消費者という立場と女性ならではの感性をうまく生かせば、株式投資で利益を出せる可能性はかなり期待できます。

株式投資に興味を持ったのであれば、まずは口座開設をする必要があります。株式の口座と言っても、別に維持費や開設費もかかりません。しかもネット証券であれば、インターネットですべての手続きを完了させられます。中には複数の証券会社で口座を作って、使いやすい所を比較している人もいます。子育ての合間に節約しながら株取引をして、同じ境遇の方々のランチ会に参加したりして意見交換するなどもよいでしょう。

主婦は株式投資家になるべき?

株式取引は、今や証券会社のトレードツールなどを利用して、自宅からインターネットを使って取引するケースが主流です。そこで扶養者で子供が居る主婦の方でも家事の合間を縫ってご主人からのお小遣いを使って株式投資をし、家庭を守る妻として株取引で得た株収入を家計の足しにするスタイルがかなり普及しています。実際ブログなどを見てみても、主婦投資家のものもしばしば見受けられます。実は主婦の株式投資は、むしろ結果が出やすいといわれています。

たとえば、主婦で配偶者として一家の家計を預かっている人は多いでしょう。そして日用品の買い出しをするために、頻繁にスーパーなどに行って買い物をしている人も多いはずです。皆さんが普段使っている生活必需品ですが、どのメーカーか確認してみましょう。メーカー・販売会社含め、かなりの割合で株式を上場しています。そこで普段使っている生活用品の中で、便利だったもの、使ってみてよかったもの、話題になっている新商品などを気に掛けてチェックする趣味をもってみましょう。商品がヒットすれば、その会社の業績もアップします。するとたいていの場合、その企業の株価も上昇しうまくいけば配当金を得ることができます。このように売れ筋商品に関する情報を肌感覚でわかっている主婦という立場は、通常の生活をキープしている状態で上昇する銘柄をより正確に的中できお金を得られる可能性が高いです。

皆さんのような投資家の場合、ヒット商品を知るのは実際にヒットしてニュースなどで取り上げられた後です。ニュースで紹介されると、グンと株価が上昇するのはそのためです。しかし主婦の場合、女の勘というわけではないのかも知れませんが、自分の経験からの感覚で「次はどの商品が来るか?」を認知しやすいです。そのような商品を作っているメーカーをチェックして、ニュースで紹介された瞬間に注文できるように準備しておけば、より効率的にお小遣い稼ぎの感覚で株式運用して稼げるわけです。

商品を実際に使うことの多い主婦ですから、いくら専業主婦でなくともヒット商品をニュースで紹介されるよりも早く見つけられることが多いです。女性は男性と比較すると、感性の鋭い傾向が見られます。このため、良い商品を見つけてその販売会社を調べて、インターネットなどを使ってその銘柄を購入します。その後ニュースで注目されるようになったところで売って、利ザヤを稼いでいる主婦は案外多いです。この消費者という立場と女性ならではの感性をうまく生かせば、株式投資で利益を出せる可能性はかなり期待できます。

株式投資に興味を持ったのであれば、まずは口座開設をする必要があります。株式の口座と言っても、別に維持費や開設費もかかりません。しかもネット証券であれば、インターネットですべての手続きを完了させられます。中には複数の証券会社で口座を作って、使いやすい所を比較している人もいます。子育ての合間に節約しながら株取引をして、同じ境遇の方々のランチ会に参加したりして意見交換するなどもよいでしょう。

株式投資は絶対に儲かる保証はなし!そこでリスク管理が重要

はじめに説明しておくと株式投資には常にリスクがつきまとい、決して絶対に儲かる金融商品ではなく、リスク商品であるとも言えるでしょう。株投資の取引に失敗すれば、大きな損失を計上する可能性も十分あり得ます。そのような中で、投資初級者ならばリスク危機管理をすることが大事です。共通ルールとして、リスク管理をしてできるだけ損失を大きくしないような準備をしておく、この点を心がければ株式投資によって比較的安定した状況で資産を増やし儲けることができるようになるでしょう。リスク管理をするにあたって大事なことは、己を知ることです。もう少し具体的には、自分が取れるリスク許容範囲を把握することです。まず資金に関してですが、生活余裕資金での運用方法を徹底してください。投資先の会社の業績によって株価は乱高下する可能性があり絶対儲かるものではないので、生活資金には手を付けるべきではありません。どの程度の損失であれば持ちこたえられるかを分析しておきましょう。

リスク管理の方法には、いくつかあります。たとえば、損切りリスク管理の一つです。購入した銘柄が常に株価上昇すればいうことないですが、時には思惑に反して値下がりすることもあり得ます。この時にある一定の値下がり幅になったところで、売って損失を確定して利益を出してしまいます。これを損切りと言って、大きな損失を防ぐためのテクニックです。損切りをするためには、自分の中で明確なルールを作ることです。「ここまで目標額からマイナスになったら何があっても売る」という決断力を徹底することです。「もしかすると値上がりするかもしれない」といった淡い期待や可能性に判断力を欠いたり振り回されないようにすることです。

あと株式投資リスク管理でしばしば指摘されているのが、分散投資です。分散投資とは、運用する取引数が複数あることです。こうすれば、あるところで損失を出してもほかのところが安定した利益を出せばその損失を穴埋めでき、総合的に見ればトントン、損失を出しても少なくできます。こういったり分散投資はリスクマネジメントのひとつでもあり、株式売買でのリスク超過を防ぐこともできます。分散投資の方法は、3種類のタイプにさらに分類できます。

まずは投資対象の分散です。異なる銘柄に投資をすれば、一つ損失を計上しても、他方でリカバリーできるかもしれません。この分散投資の場合、業種など関連性のないもので行った方が分散した効果が出やすいです。また時間による分散投資もあります。これは投資する時期を変えることです。1度にすべての資金をつぎ込むのではなく、3回に分けて投資をすることでもリスク管理が可能です。最後に投資の種類を分散する方法です。株式投資だけではなく、例えば公社債やFXといった別の金融商品を使って運用するのです。株式と債券は相反する動きを見せることが多いですから、リスク管理の観点からすると有効です。

暴落時の株式投資

株式投資の世界もグローバル化が進んで、世界中の何らかの金融危機が日本のマーケットを襲い投資先である日本株が被害を被るともあり得ます。一見すると全く関係のない外国の出来事によって、株式市場や日経平均株価が暴落して、大混乱に陥ることもままあります。暴落を経験してしまうと、外国人投資家や多くの株式投資家などの多くの人たちが株式投資をすることに躊躇します。暴落するといずれ反発します。しかし反発する局面になっても、「また暴落するかもしれない」と思うと、アメリカの大手証券会社リーマン・ブラザーズが経営破綻を起こした、いわゆるリーマンショックのときのようになかなか一歩踏み出せなくなるわけです。

暴落時でも株式投資をして利益を出していきたい個人投資家の人達は、まず優良銘柄にターゲットを絞り込みましょう。国内市場であれば、東証一部の225銘柄の中から選ぶことです。極端な話、225銘柄の中に入っていれば何でも構いません。しいてあげるとすれば、今期のEPSと比較して来期の予想EPSの方が良い銘柄を選ぶのがおすすめです。しかしあまり深く考えずに購入しても構いません。暴落していると、「もう少し様子を見た方が…」といった感じでリーマンショックのジンクスからどうしても慎重に構えてしまいます。しかし波乱含みの株価の暴落そのものが異常事態のシグナルで、特に理由がなく暴落が暴落を呼んで下がっているケースが多いです。正当に株価が評価されて暴落している銘柄は市場には少ないので動向をみることが肝要です。

暴落時に自分自身がすべきことは、まず優良銘柄を1度購入することです。その購入した株価が上昇すればOKです。もし下落してしまえば、次の買いのための準備を進めることです。購入した銘柄の株価がたとえばアベノミクス効果で上昇したのであれば、値上がり銘柄数を計算し買い増しをしましょう。理想のタイミングは、戻りの一服の局面です。下がった場合には、買い下がりでしょう。その場合「ここまではおそらく株価は下がらないだろう」と思われる株価のさらに少し下の所で指値注文を出します。もし購入できれば、かなりラッキーです。3度目の購入は、1~2回までの買いでいずれも株価が下がってしまった場合です。ここまで下げ続けているのであれば、まだ買いのタイミングが早かったかもしれません。しかし懸念材料として、もともとの株主たちはもっと高い値段で購入していることを忘れないようにしましょう。もう少し待っていれば、株価も次第に落ち着て傾向になるはずです。そうなったら、再度購入すればいいでしょう。

暴落時には、余剰資金を使って売買することです。暴落しているときには反発も今後大きくなるからチャンスと思って、信用取引などの信用売りのために生活費を充てたり借金してまでも銘柄を購入しようとする人もいます。とくに経験のないヒトはしかしあまり資金を突っ込み過ぎないようにすることがあとあとのためにも大事です。チャンスは確かですが、暴落は異常事態の一種です。投資資金の中でも1/3~1/4程度のお金を使って運用すべきです。

株式投資をしていると破産のリスクはあるの?

たとえば株式投資などの株取引などで借金を抱えて返済のめどが立たなくなったときに、自己破産申請の方法をとるケースもあります。自己破産申請とは、自分の身の回りのもの以外、すべての財産を債権者側に処分して残った債務は免責になる債務整理の方法です。身の回りのもの以外はすべて処分しないといけないので、マイホームやマイカーなどはすべて失うことになります。自己破産の理由を見てみると、時折「株式投資に失敗して」といったことが紹介されます。このような話を耳にすると、株式投資は怖いものと思うかもしれません。しかし結論から言ってしまうと、普通に運用をしていく中でよほど借金まみれにならない限りは破産をすることはまずあり得ません。

たとえば通常の株式投資をしていて、最悪の状態は自分がある特定の銘柄1本に集中して出資して投資先の会社が倒産した場合です。投資先会社が倒産すれば、持っている株券は単なる紙切れ、価値はゼロ円となります。しかしこの場合、自分がつぎ込んだお金がすべてなくなってしまうかもしれませんが、生活費などの自分が生活する上で必要なお金にまで手をつけていない限り、その時点で自己破産せざるを得ない状況にはならないでしょう。ただし株式投資の世界では、このように投資先の会社が倒産する可能性は誰にでもあります。そこである投資先の会社が倒産するなどでダメになっても、そのほかの銘柄で利益を出すことでそのマイナス分をリカバリーする分散投資が進められています。倒産とまで行かなくても、一つの銘柄がマイナスになっても、ほかの銘柄がプラス運用になれば損失を計上するリスクも減ります。損失を出しても、その程度は少なく済みます。

ではどうなると自己破産のような状況になるかというと、株取引について信用取引している場合です。信用取引とは、資金もしくは株を借りた状態で運用するスタイルをさします。信用取引の中で、自分が証券会社の口座に入れている実際のお金の最大3倍の資金を借りて株投資が可能です。自分で100万円預けているのであれば、300万円分の資金を使って株投資できるわけです。もし300万円で運用して利益が出れば、自分の手持ち資金よりも大きな利益を手に入れられます。しかしもし取引に失敗すれば、自分の300万円の資金で見た場合の損失になるわけですから、信用取引をする場合にはとくに株式投資初心者は運用に失敗するリスクが高いため、控えるべきです。もしかすると、口座に入れている自分の100万円を現金を全部失ってもさらに借金が残る可能性があり気持ちに余裕もなくなり混乱状態になってしまうことでしょう。

この借金を返済できなければ、最悪自己破産をせざるを得なくなり、将来の家族や子供のためとはじめた株式投資で利益を出すどころか、生活面での支払い資金が立ち行かなくなるため、家族や子供などの関係者にまで影響がでることになります。プラスして自己破産をするといわゆるブラックリストに載って、カードもローンも利用できなくなります。普通に投資をしている分にはまず破産の可能性はないですが、信用取引をする時にはリスクもしっかりと頭に入れて、ギャンブルのような株投資はせずに余裕資金での運用方法に止めておくべきです。

板読みで株式投資のタイミングを知る

株式投資初心者であってもなくても株式投資に成功するかどうかは、購入した銘柄の売買のタイミングを誤らないようにして如何に利益を出すかということです。多くの投資家は、チャートを見て売買のタイミングを計っているはずです。しかし株投資をするにあたって、購入し保有している銘柄のチャートだけでタイミングを計っていると、いずれ運用成績が停滞する状態の局面を迎え利益がなくなるかもしれません。実際の株投資をチャートだけで投資している人の中には、なかなか勝率を上げられないことで悩んでいるケースも多いです。チャートだけでなく、板の読み方もマスターするとあまり損をせずとも良くなるでしょう。板の読み方がわかると、場の雰囲気とか株式の動きの強弱の感じや状況など買い方の理想タイミングや数字もわかってくるはずです。

ここで登場する板とは、株式の売買をしたい株投資関係の人がその売買意思を並べておくための場所です。つまりマーケットで株取引している人の注文状況や考え方がわかるわけで、引いては今後の銘柄の株価の値段の動きもある程度予測しやすくなるわけです。板には真ん中に株価、左側に売り注文、右側には買い注文の数が表示されます。もし皆さんが特定の銘柄にある程度の購入価格で買い注文を出したとします。すると、もし現在よりも高い価格設定になっていたら、あなたの注文は、買い注文の板に反映されます。注文がたくさん入っている銘柄は、板の厚い状態の銘柄と呼ばれます。このような銘柄の特徴は、デイトレーダーを中心に好まれる傾向があります。注文が売買ともたくさんあって、流動性も高いですからトレードに失敗したとしても損切りがしやすく、リスクを抱えすぎないためあまり大きな損失にならずに済みます。板の厚い銘柄は、最悪逃げ場のあることを頭に入れておけば、リスクマネージメントもかなりしやすいです。

つぎに、皆さんに板の読み方の中でもマスターしてほしいこととして、歩み値があります。歩み値とは、約定が成立した株数を時間ごとに表示したものです。歩み値の表示される株数やタイミングを見ることで、約定された株の質を推測できます。そしてその注文が今後の値動きにどのような影響を与えるのかが予測できるわけです。

株の質ですが、個人投資家による長期投資用なのか、証券やデイトレーダーディーラーたちによる短期資金なのかといったことが皆さんでも見分けられます。前者であれば、チャート上や時間的なタイミングをあまり意識していないといった理由のものが多いです。しかし後者のように大口の買いが部分的に多く発生しているようであれば、その銘柄が今後激しく値動きをする可能性が高いわけです。このように板を見ることでも、今後どのような値動きをするかを予想することは可能です。長文になりましたが上記のようにチャート分析に煮詰まりを感じている人は、板の読み方をマスターしてみると株取引の考え方としても自分のお金を守るためにもとても良いでしょう。

株式で挫折…そんなときの対処策

株式投資をしていて、損失を計上してしまい最初から資産運用に挫折しかかって気持ちが沈んでいる人もいるでしょう。そのような場合、いったん株式マーケットから引き上げるという選択肢もあります。株式投資をしていると、ある程度負けの混むことはベテランの投資家でも往々にしてあることです。このような時には悪い流れになっていると思って、無理に投資を続けることをせず大損をする前に取引を一切やめてしまうのです。悪い流れの時に自分がムキになって投資をし続けた結果、傷口が広がり大損に至るといったような事例も結構多いです。自分のお金がある程度無くなってくることの気持ちの焦りや動揺で、周りの友人からの意見やアドバイスなどどんな言葉も耳に入らず冷静にマーケットの分析ができる気持ちがもてなくなって、ますますドツボにはまるわけです。ですから株式投資で損失を計上してしまいもし挫折しかかっているのであれば、無理してこのタイミングで資産運用しなくてもいいでしょう。

皆さんが挫折を繰り返さないポイントとして、一つ目にお金をかけずにマーケットを見る、デモトレードをすることをお勧めします。そうすると今までよりもストレスを感じることなく客観的に状況が見られるようになりこれは大変勉強になり自分の知識や経験の底上げになります。そして市場のトレンドを把握することが大事です。株価は短い期間で見てみると、上下に常に動き回っているように見えます。しかしもう少し時間軸を広げてみると、大きなトレンドを持っていることが多いです。一つの方向性を持って動いていることがわかります。株式投資初心者はこのビッグトレンドを把握しきれないで運用して失敗するパターンが多いです。そこでチャートを見るときに、半年間の株価の流れを見ていきましょう。半年程度のスパンで見れば、ビッグトレンドが浮かび上がってくるはずです。そしてそのビッグトレンドに乗るような形で取引していけば、自分が利益をあげられる可能性が高まります。

皆さんが挫折を繰り返さない二つ目のポイントは、自分の損切りの考えやその方法、つまりトレードスタイルの見直しをすることをお勧めします。株式投資で失敗する人で多いのが、うまく損切りの出来ない人です。「この銘柄は株価が上がるだろう」と思って特定の株を購入するわけですが、時として思い通りにいかず、購入してしばらくしたら購入価格よりも株価が下落していることは十分あり得ます。このような時にある程度のラインにきたら売ってしまって、損失を確定すべきです。損失を確定することに抵抗を覚える人も多いでしょうが、ミスをして大きな損失を出さないためにはむしろ重要なことです。むしろ株価の下落している銘柄で粘るよりも、とっとと損切りをしてほかの銘柄に資金を回した方が投資効率で見ても有利です。

最後に、このように皆さんが挫折をしたときには、いったんマーケットから離れて自分の投資方法つまりトレードスタイルに問題がなかったかどうかを考えてみることです。そして方法に問題が発覚すれば、その対策をして再度株取引にチャレンジすれば、株式投資の投資初心者であっても失敗して大損するリスクも最低限になり、今後の株取引にもそして今後の投資家人生にも自信がもてるはずです。