読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

株式投資で月50万稼ぐには業種の判断をせよ

自分自身の元手資金を使った株式投資で月平均50万円ものお金を稼ぐのは、正直言って簡単なことではありません。まず元手資金もそれなりに必要になりますし、銘柄選定するための正しい知識や判断力が求められます。最初に銘柄選定をする時に、投資対象としてどの業種の株式を購入するかを決めると良いです。実は株式に関するデータの中で、業種全体の状態がどうかを数値化したものに業種別株価指数と呼ばれるものがあります。業種別株価指数を使えば、どの業界が好調で、どこが苦戦しているかを簡単に見分けることが出来、リスクを最低限にしたりまた利益を出すことも可能です。ここでは少し古いデータになりますが、2014年10月末のデータを引用します。

基本的にどこも値上がりをしていますが、唯一空運業はマイナス0.40%となっています。つまりこのタイミングで航空会社関連の銘柄を購入するのはリスクが伴うわけです。では値上がりしている業種のカテゴリーを見てみると、不動産業や証券業、倉庫・運輸関連業といったところが好調です。このような数字がプラスになっている業種の関連銘柄を購入すれば、流れから今後トータルで利益の上がる可能性は高いです。ちなみになぜこのような現象が起きているかというと、当時国が円安誘導していたことが関係しています。加えて、マネタリーベースを増やそうともしていましたから、流れるお金が増えていたのです。その結果、お金を取り扱っている業種である証券などの金融の関連銘柄が上昇していました。不動産業も金融と密接な関係にあるため、都合で株価が上昇したと考えられます。

逆に航空関連の銘柄が軒並み下がったのも円安の影響です。飛行機は当然のことながら燃料がなければ飛行できません。燃料は海外に依存していますから、大半が輸入です。ということは円安になれば燃料費が高騰して、燃費サーチャージもかかりチケット代が高くなります。なるべく飛行機を利用するのを避けようとする傾向が出るだろうから購入を見送り、株価が下がったわけです。このように業種の株価指数はその時々の経済状況を反映していますから、銘柄選定をするには参考にすることをおすすめします。

たいていの場合、主要な会社であればどの業種に属しているかは推測できるはずです。しかしあまりメジャーではない企業の場合、そもそもどの業種に属しているのかよくわからないでしょう。その場合には証券会社の情報で確認することです。会社名をチェックすれば、「証券業」とか「不動産業」といった感じで業種が明記されているはずです。このようにさまざまな角度から情報精査してチャンスを狙い、はじめは少額からでも株取引でコンスタントに平均月50万円の金額を、仕事をせずに不労所得として稼ぎ、皆さんの生活を豊かにする方法を模索しましょう。

株式投資で月30万円稼ぐのは難しい?

自分自身の元手資金を使い株式投資での株取引で平均月30万円程度のお金を稼ぐとなると、それなりに難しくなります。株取引で月平均30万円もの利益を出すためには、いかに株取引での負けを少なくして勝つ確率を高めていくかが株取引による儲け方のポイントです。勝率を高くする株式運用のテクニックとして注目されているのが、IPOを使った株運用方式です。IPOとは日本語に訳すと新規上場です。株式会社の中には未公開で関係者だけが株式を保有しているケースがありました。しかし事業拡大などのために、公募増資や売出などで、一般の投資家から広く資金を募集することがあります。この時の販売価格のことを、公募・売出価格といいます。ちなみに上場して初めてついた株価のことを上場初値と呼びます。

この場合、公募・売出価格と初値を比較すると、たいていのケースで初値の方が高値になります。つまりIPO株を早めに購入して、素早く売り抜けることができれば利益の上がる可能性は極めて高くなります。この方式をこまめに繰り返していけば、単純計算で月平均30万円程度のお金を稼ぐことも可能になるかもしれません。ただしIPO株を購入するのは、通常の銘柄を買うのとはわけが違います。まず新規公開銘柄は、すべての証券会社で取り扱っているわけではありません。銘柄ごとに複数の証券会社が引受証券会社になりますから、購入できる証券会社は銘柄によって異なるわけです。

そこでもし新規上場銘柄が登場した場合には、引受証券会社がどこかをチェックすることです。そして該当する証券会社で申し込みをしましょう。ちなみにネット証券の中では、SBI証券が比較的多くの新規上場銘柄を取り扱っています。このため、SBI証券に口座開設をしておけば、より多くのIPO株を購入できるはずです。通常新規上場銘柄に応募すると、仮条件として一定の株価の価格帯が提示されます。その中でいくらであれば購入したいかということを申込時に意思表示します。すべての応募した投資家に、新規上場銘柄が配分されるわけではありません。もし証券会社の割り当てされている株数以上の応募が来た場合には、抽選で売却する相手を決める形になります。

皆さんがIPO株を購入するにあたって、重要なのはタイミングです。新規上場の直後は値動きが荒いからです。機関投資家や投資会社が個人投資家と違いIPO株を購入しないのもそういったところで、経験則からも株価形成が落ち着く前に手を出すとリスクが大きすぎて現実的ではないわけです。またテーマも重要です。その時々のトレンドに乗ったテーマの会社の場合、上昇機運に乗る可能性も高まり株価が値上げすることも考えられます。このような所に注意し、株知識の浅い株初心者の方もまずは副業としてIPO株を活用した資産運用手法を試してみませんか?

株式投資で月20万円稼ぐには売買のタイミングが重要

自分の元手資金を使って株式投資で月平均20万円もの金額を稼ぐことができ、投資対象の選定や投資スタイルの方法を工夫することで堅調な運用実績を積み重ねることができれば、年間240万円前後の利益になります。これは資産形成の中でかなり大きなプラスになり皆さんの生活を潤すための大切な資金を増やすことに繋がります。ひと月平均20万円を株式投資によって稼ぐと言うのは簡単ですが、実際に行うのは大変難しいです。平均月20万円ものお金を稼ぐために何よりも重要になるのは、株の売買のタイミングと言っていいでしょう。株を売るときには2通りの手法があります。自分の購入した銘柄の株価が上昇してプラスとなり利益を確保するため、逆に株価が下落しマイナスになってしまってこれ以上自分の損失が膨らまないようにするための2種類です。

皆さんが自分の資金で株式を購入して、その後上昇トレンドが続きプラスになるとします。その場合含み益が発生します。しかし注意したいのは、含み益は利益ではない点です。株式を売って初めて利益は確定します。株価がどんどん上昇して含み益が増えると、「まだプラスになるんじゃないか?」という思いからなかなか売れなくなります。しかし株価はずっと上がりっぱなしでプラスになり続けることはあり得ません。いずれは下がってきます。いくらプラスになっていた株価だからといってズルズル売り時を先延ばしにすると下降トレンドになってしまい、せっかく得られた利益をみすみす逃しマイナスに転じ愕然とすることになりかねません。このように「もっと利益がほしい」と欲が出てしまうと、かえって運用がうまくいかなくなります。もともと株式投資は、自分の欲との戦いといっても過言ではないのです。

そこで皆さんがリスクを最低限にできるやり方としては、利益確定や損切りのための自分なりのルールを決めておくことです。たとえば利益確定をする場合には、株価チャートを確認しましょう。そうすると過去の値動きが記録されていて、大体その銘柄の天井はどこら辺にあるのかがわかります。そしてその天井近くに差し掛かったところで売ってしまうことです。また自分の投資先の株価が何パーセント上昇したらなど、一定の条件を自分の中で決めておいて、その条件を満たしたところで売るというのもありです。たとえ今後上昇が続いたとしても、そこで一旦利益を確定して、計算できるプラス利益をとりあえず確保することです。

逆に自分が購入した銘柄が下降局面に入った時には、損切りが求められます。損失を確定するのはつらいことかもしれませんが、チマチマ株価チャートを追う事は打ち切り、スピードと決断力で乗り切る方向で進むべきです。損失を確定する場合も、自分なりの目標やルールを決めておくことが大事です。購入した株価の5%もしくは10%割り込んでマイナスになったら売ってしまってロスカットした方がいいでしょう。「もしかしたらこれから上昇するかもしれない」といった根拠のない淡い期待をかけていると、結局大損をする可能性が高まります。月平均当たり20万円を稼ぐためには、売るタイミングを見誤らないことです。

株式投資で月10万円稼ぐには暴落相場がポイント

自分で目標額月平均10万円程度を株式投資で利益を得て、将来への備えや子供の成長ステージにあわせガッツリ稼ぎ出す方法には、それなりの元手となる資金が必要ですし、大きな利ザヤを確保する必要があります。その時ポイントになるのは、暴落相場の状態です。最近でもギリシャショックやアメリカの経済後退懸念というビッグニュースで、世界的に株式市場が下落することがありました。世界で起きている出来事でも今やグローバル社会が進んでいますから、いくら日本のマーケットであっても多大なる影響を受けます。リーマンショックの時なども、アメリカの問題であるにもかかわらず、日本の株式市場は大荒れになりました。暴落相場の状況だと、損したくないという思いから、リスクが高いため市場になかなか参入しにくいはずです。しかしプラスに考えれば、株式市場が暴落しているということは、それだけお得な価格で株式を購入できるとも言いかえられます。暴落相場が落ち着けばまた株価が持ち直す可能性は高く、その時に売り抜けるといった資産運用方法を皆さんが試すことができれば、月平均あたり最大10万円程度稼ぐことも本気でできるかもしれませんので、検討してみることをおすすめします。

皆さんがもし暴落相場で購入する株式銘柄を選ぶのであれば、ポイントは3つあります。まずは景気に左右されない比較的業績の安定している企業を探し、その株式を購入することです。リーマンショックの時には経済が大失速をして、どの会社も業績を落としそれと同時に株式の価格も下落しました。しかしそのような中でも一部企業はしっかりとした仕事ぶりで堅調な業績を出していました。このような安定している会社を選んで投資をすれば、一時的にマーケットのトレンドに乗せられてある程度の株価は下落しても、また持ち直す可能性は高いです。また、日本を代表するブランドを有している会社も狙い目です。大企業や有名な会社は、なんだかんだと言っても足元がしっかりしています。また多少逆風が吹いても持ちこたえられるだけの体力を有していますから、マイナス傾向が収まった時の株式価格の回復も早いです。

ただし投資初心者の中には様々な理由からこのような条件を満たす株式の銘柄を自分ではなかなか選べない人もいるでしょう。その場合には投資先選定のためにスクリーニング機能を活用することです。ちなみにスクリーニング機能は、主要な証券会社であれば提供していることが多いです。スクリーニングするときには、PERが0倍以上で中長期的な株式市場の平均PER15倍以下の条件で行ってみましょう。この条件で引っ掛かった企業は、比較的どのような景気状況でも安定した業績の出せる可能性が高く、投資先として優良であり理想的と言えます。

この条件で候補が多く出てきたのであれば、さらなる絞り込みをしましょう。一流企業が上場している東証一部に該当しそれにプラスして財務基盤のしっかりとしている基準となる株主持分比率が30%以上、時価総額が3000億円以上といった条件をいろいろと出していきます。そうするとかなり候補は絞り込まれますから、それらの情報を組み合わせて購入する株式の銘柄を検討してみることをおすすめします。

月5万円株式投資で稼ぐには天候情報がカギ?

自分で月平均5万円程度のお金を目標に株式投資で稼ぐためにとる方法は、しっかりと自分がしている投資について、投資先や株価の見方、そして投資方法は間違っていないか、といった情報の分析をすることです。自分がネットなどで得た知識からできるだけ多角的に情報を分析して、今後どの銘柄が上昇トレンドに入るかを確認しましょう。株価はそれぞれの企業の業績と密接な関係にあります。業績好調の企業の株価も高騰します。そして企業業績ですが、興味深いことに天候によって大きな影響を受けるといわれています。具体例として梅雨時に雨の降る日が続けば、傘などの雨具関連商品のメーカーの業績はアップします。また夏場猛暑になれば、エアコンやビールなどのメーカーの売れ行きが好調になるわけです。さらに冬場厳しい寒さになった場合には、暖房器具やなべなどのメーカーの業績が上昇し、株価も上がります。このように天候を意識して事業内容から投資先を選定した上で株式投資をすれば、いくら株投資の素人投資家や子供をもった専業主婦の方、あるいは在宅ワークやバイトで働きながら学生をしている身であったとしても最大月平均5万円程度の利益を上げて儲けることまた長い目で見ればいわゆる本当の勝者になることもこの資産運用方法であれば可能になるかもしれません。

自分で株式投資の方法で月平均5万円程度のお金を目標に大きく稼ぐためには、周りよりも半歩程度の株価などを先読みすることが大事です。天候で今後の銘柄選定をするのであれば、毎月25日の14時頃が一つの指標になります。天気に関するニュースを見ると、時折「3か月予報」なるものが紹介され、投資先を選定するための良い資料のひとつとなります。この3か月予報は気象庁が発表しているもので、文字通り今後3か月天気はどうなるかの予報をリリースしています。この3か月予報は毎月25日の14時頃に公表されます。例えば4月25日になったら、5~7月の予想が該当します。7月くらいまでの予報であれば、たとえ株知識に乏しい投資初心者であってもある程度今年の夏は猛暑なのか冷夏なのかが予想でき、投資での儲け方についてある程度の指標となるでしょう。

補足ですが、3か月予報は新聞やニュースなどでも発表されます。しかしやはりここは気象庁のホームページで確認するのことおすすめします。なぜなら気象庁のホームページの3か月予報は、14時頃に掲載されるのでそのスピードが魅力です。14時ということは、そこで情報を仕入れ株式マーケットにアクセスすれば、その日のうちに注文できます。新聞やニュースの発表を待っていると、すでに株式市場は閉まっていますから、翌日以降の手続きになります。少しでも早く関連する銘柄を購入して、より大きな利益をゲットするためには、25日の14時に気象庁のホームページにアクセスする習慣をつけましょう。

たとえば夏、猛暑になるのか冷夏になるのかは気象庁の3か月予報の発表を待たざるを得ません。しかし発表されてから「どの銘柄を購入しようか?」では遅いです。「猛暑ならこれ、冷夏ならこれ」といった感じで購入する株式の銘柄を絞り込んでおくことです。猛暑の場合、ビールや飲料、アイスクリーム、エアコンメーカーなどの銘柄に人気が集中します。このように最低でも発表前に投資先の銘柄をあらかじめ選定するなど、何事も準備する気持ちが大事です。

株式投資で月3万円稼ぐには日経新聞の一面をチェック

もし株式投資で平均月3万円程度稼げるようになれば、株収入としてかなりのプラスになるはずです。年間にして36万円のプラス収入ですから、投資方法によっては資産形成の中で大きな影響が出てきます。この利益を元手資金にして新たに株取引を増やしたり将来の子供のために運用するのもありでしょう。平均月3万円程度収入を株式投資で得るためには、投資先の株式銘柄の選定に注意を払うべきです。株式の銘柄を選ぶにあたって意外と重要なポイントになるのが、初心者でもできる「日本経済新聞の1面を読む」という方法です。1面にどのような記事が掲載されているかによって、選ぶべき銘柄も当然変わってきます。日経新聞機関投資家もある意味仕事として毎日チェックしている重要な情報源です。

例えば日経の1面にある企業名が書かれていて、そして会社にとってポジティブな内容の情報だったと仮定します。するとこの情報は投資に携わっているものなら、ほとんどすべての人たちが知っていると思うべきです。ということはその会社の銘柄は買いの株となるわけです。ただしいくら1面に掲載されているからと言って安易に飛びついてしまうと、他の投資家も知っていることですからみんなも株を購入します。すると短期的に見れば高値の状態で購入する形になります。これでは平均月3万円稼ぐのは難しくなります。そこで日経新聞の1面を見るだけでなく知恵を絞り、チャートも同時並行で確認することです。すでに上昇トレンドで高値圏の頭打ち状態になっているようであれば、好材料は出尽くしているため、これからは下落の方向に転じる可能性が高いです。このように日経新聞とチャートを組み合わせることで、高いリスクを負わずに自分自身でもかなり正確な将来予測ができるわけです。日経新聞はネットでも読めるので仕事の移動時間にでも気軽にチェックできます。少しでも稼ぎたいのなら、惜しまずにすぐにはじめるべきでしょう。

日経新聞の1面情報の中には、銘柄名が明記されていないケースもあります。その他には産業面などに書かれている小さな記事を見て好材料であると判断できた場合には、買いのチャンスといえます。ただ特に銘柄名が記載されていない場合、どの株式を購入すればいいのかという話になるでしょう。この手の記事でよくあるものとして、大学や政府系の研究機関で新素材の開発に成功したというニュースがあれば、大学の研究室のホームページにアクセスします。大学名や教授名で検索すれば、サイトはわかるはずです。その中に共同研究している企業名が書かれているはずですから、その企業の状況をチェックすることです。このようにちょっとした努力を怠らないようにすれば、周りの個人投資家を出し抜いて上昇するであろう株式を購入できるわけです。隙間時間に調べたり勉強したりと手間をかけるちょっとした理由は結果となってあとから必ずついてきます。収入額を増やすためには、それらを惜しまないことが自分自身のためになるのです。

このように日経新聞の1面には、株式投資を成功するためのヒントがいろいろと隠されています。株初心者で日経新聞を読んだことのない人は、まずは1面だけでも読む習慣をつけることをおすすめします。

株式投資で稼ぐための資金を月1万円作る方法

株式投資をして資産を増やし、金利の少ない貯金や定期預金よりも効率的に自分の将来や子供のために備えたいと思っている人も多いはずです。株式投資をするにあたって、まずは資金を確保する必要があります。ここで忘れてはならないこととして、生活資金には手を出さないという点です。株式投資は預金とは異なり、元本を保証する金融商品ではありませんし、投資先の株価に左右されるため必ずしも利益が出るというものではないので元手を減らしてしまうというリスクはつきものです。投資方法や取引の仕方によっては、損失を計上してしまうこともあるかもしれません。そこでそのお金を失えば生活が立ちいかなくなるかもしれないといったお金には手を出すべきではないのです。株式投資初心者のなかにはしかしギリギリの生活をしていて、余剰資金を出す余裕なんてない、という意見の人も出てくるでしょう。その場合には、月1万円を目標として稼ぐ方法をマスターすることです。

実は現在の仕事以外でも、がんばればたとえ素人でも、皆さんが月1万円程度稼げる方法はあります。それはお小遣いサイトとアフィリエイトの併用です。お小遣いサイトとは、アンケートに答えるとかメールで来たURLをクリックしたり、ブログで紹介された商品を購入するなどしてポイントを貯める「お小遣い稼ぎ」のような方法です。貯まったポイントは一定の比率で現金と交換できます。そこで重要なのは、まずお小遣いサイトで商品を購入してポイントを稼ぎます。そしてその商品のレビューを自分のブログなどに記して、それで今度はアフィリエイトを誘導するわけです。こうすれば、相乗効果によってより効率的にお金を稼げます。月1万円を稼ぐのは最初からは無理かもしれません。しかし月に数千円のお金を稼ぐことは十分可能です。ある程度貯まったところで株式投資の資金に充てれば、生活資金に手を出すことなく資産運用が可能です。

また株初心者の女性が月1万円株式投資のための投資の元手資金を稼ぐのであれば、チャットレディになる方法もあります。チャットレディとはインターネットなどを介して、男性とお話をする仕事です。このように言われると、アダルトな怪しい仕事のようで抵抗感を抱く人も出てくるでしょう。確かにアダルト的な要素を伴う業者や怪しいところもあるにはあります。しかし優良なチャットレディを募集しているサイトもあって、アダルト的な要素一切なし、顔出しもNGといった条件で仕事のできる案件もありますので、いくら稼ぐか目標設定をしてバイト代を稼ぐ感覚で資金を稼ぐことも可能なので女性にはオススメかもしれません。

自宅にパソコンがあり、インターネットできる環境にあれば、自宅から一歩も出ることなく仕事ができます。しかもノルマや勤務時間も決められていませんから、好きな時間に仕事ができます。しかも時給3000円以上といった魅力的な求人もありますから、最大月1万円以上稼ぐことも可能です。余剰資金のない人はまず株式投資のための資金作りから始めるべきです。