読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

名古屋の株式投資セミナーの内容を紹介

株式投資セミナー

東海地方の中心・お金への関心が高いとされる愛知県内名古屋市では様々な株式投資のセミナーが実施されています。投資には、株式投資だけで無く、不動産投資なども含まれますが、その中にはより利益を上げるための情報や知識をつけられる実践的な投資セミナーも見られます。 初心者でもいくつかのポイントを押さえて取引をすれば、利益を上げられる可能性の高い方法をレクチャーしてくれる、いわば進学塾的な講座です。実際その投資セミナーに参加して、翌日に得た情報と知識どおりに取引してみたところ、初心者でも2日間で数万円単位の利益を獲得できたという実例もあるといいます。株式の経験はほとんどないけれども早く利益がほしいという人は、このような名古屋の投資セミナーに参加してみてください。

株式投資と言われると、目先の利益に重きを置き、特定の銘柄の取引をしないといけない印象をもっている人もいるでしょう。しかしこの銘柄選びをすることこそが大変です。ここ最近の株価の値動きをチャートでチェックする必要がありますし、会社四季報などを見て業績や今後の運営の展開などもチェックして情報を叩き込まないと、正確にどこに投資をすればいいのか判断できませんし、株取引について理解不足では、せっかくの利益もわずかに。 しかし個別の銘柄に投資するのではなく、株式市場全体に対して投資できる方法もあります。たとえばくりっく株365は、ニュースや新聞で耳にする日経平均株価自体に投資ができます。個別の銘柄をピックアップしなくても良いので、初心者でも気軽に株式投資に参加できます。名古屋の投資セミナーの中には、このようなすぐにでも始められる資金運用法を解説してくれるコースもあります。

全国の地域によって、必要な資金は変わってきます。そこで名古屋の投資セミナーの中には、子どもの教育やマイホーム購入のための住宅ローン、そして老後の三大支出にどのくらいの経費がかかるのか、そしてその資金を確保するためにはどのように資金源を捻出し、どのような株式投資を考えるべきかをレクチャーしてくれるセミナーも見られます。個別のライフイベントが起きるたびに資金面の相談を行っている人もいますが、そうではなくライフプラン全体の収支を理解した上で、短期と中長期的にどのような運用をすべきか、セミナーの中でアドバイスしてくれるものもあります。資産形成に興味があるけれども、会社勤めの方は、利益に対しての税金はいくら掛かるのか、初心者の方は、利益が出た場合の確定申告はどうしたらいいのか、などといった質問もたくさんあることでしょう。どこから手をつければいいかわからないといった人のための講座といえます。セミナーに参加すれば、発想の転換方法を勉強できるかもしれませんよ。

このような投資セミナーに参加したいけれど、平日の日中は仕事の関係でなかなか時間を割けないという会社員の方や兼業主婦の方も周りにたくさんいるでしょう。そこでセミナーの中には、土曜日の午前中などに開催しているコースもあります。土曜日であれば、休日で参加できる人も多いはずです。まずはネットで資料請求したり、サイトの記事からスケジュールや内容を確認して、自分が興味を持てるコースがないか確認してみることです。投資セミナーに参加して基礎知識を習得すること、そしてセミナーで得た情報を元に投資やお金についての知識をつけ、運用方法を身につけることこそが、資産運用の第一歩なのかもしれませんね。

初心者向けの株式投資セミナーの内容はどんな感じ?

株式投資セミナー

証券会社を中心として、株式投資セミナーを日本全国で開催しています。このセミナーですが、投資上級者から投資初心者まで、いくつかの段階に分けて開催されています。セミナーに参加するときには、現段階の自分のレベルに応じたものを受講することをお勧めします。投資初心者が上級者向けのセミナーに参加したところで、ほとんどその内容は理解できないでしょう。では株式投資初心者向けのセミナーとして、どのような内容のものが提供されているのでしょうか?

初心者の中でも今まで一切投資の経験や株投資の知識がない人のために、そもそも株式投資とは何ぞや、という内容の勉強会なども開催されています。株とは何か、株式投資をするにはどうやって始めればいいのかといった、資産運用するにあたって必要な最低限の知識を学べるようなセミナーがあり、なかには初心者向け無料セミナーもあります。また株式投資の世界には、専門用語もいくつかあります。しばしば使われる専門用語を紹介し、その内容について説明してくれるような講座の開催もあります。まったく株式投資の経験がなくて、投資してみたいけれどもどうやって始めればいいのかわからない人は、このような初めての投資のような初心者向きセミナーに参加しましょう。 なかには、女性向けの初心者セミナーも開催されており、勉強会の敷居も低く評判のようです。

株式投資に興味を持つ理由は人それぞれですが、その中でも比較的多いのが、老後の資金を貯めるために自分で資産運用しようと考えるパターンです。高齢化社会が進行して、コツコツ貯めた定期預金や自社株、少々の年金だけで生活ができるのか、なかなか現実味がなく将来のマネープランに不安を感じている人も多いでしょう。公的年金に頼れないかもしれないのなら、自分で運用して必要なお金を準備しようというわけです。しかし老後余裕を持って生活するためには具体的にいくら必要なのかと言われると、よくわからないという人もいるはずです。そこで初心者向けセミナーの中には、マネープラン入門講座のようなものも見られます。セカンドライフに必要な生活資金はどのくらいなのか、株式などの金融商品を使って確保すべき資金はどのくらいなのかを具体的に講義してくれるのでオススメです。

金融機関のコマーシャルを見てみると、NISAという用語を耳にする機会も多いでしょう。NISAとは少額投資非課税制度のことで、金融商品の運用で利益が出た場合でも非課税になる制度です。この他にも確定拠出年金制度のような、投資の世界には一般の人にはなじみのない制度もいろいろとあります。ただし投資をする以上、このような制度もしっかり理解して活用していかないと、損してしまうかもしれません。初心者向けセミナーの中には、投資に関連する制度を解説するコースもあります。しっかりと知識をつけて、明るい未来を作って参りましょう。

タイプ別株式投資で狙い目の銘柄とは

株式投資の勝ち方

株式に関する書籍や雑誌や株投資関係のサイトでしばしば狙い目株の株式銘柄について紹介されています。しかし狙い目は、分散投資や集中同士など投資家がどのような株投資スタイルで運用するかによって変わります。例えばあまり手持ちの余裕資金の少ない個人投資家の人は、少額投資のある程度小さな金額のお金でスタートすることになるでしょう。3万円以下程度の銘柄を対象にするなら、配当をチェックしてみてください。3万円以下の銘柄の場合、無配当も少なくありません。しかしいくつか魅力的な優待内容のものも見られると言います。もし優待が手に入れば出資額が少ないですから、実質利回りのキャピタルゲインは10%以上になるケースも実際あります。投資スタンスとして株式投資初心者はこういった会社の株式銘柄を中心に株投資先の狙い目株としてみてください。

ジャスダックやマザーズといった新興市場で運用する場合、ベンチャー企業が相手になります。新興市場に上場している株式銘柄の場合、今後大化けして大幅株高に至る可能性を秘めている会社の関連株もあります。ただしリスクも大きいですから割安で放置されている銘柄をベースにして、チャートや証券会社の分析レポートを含めてどれが狙い目の株式銘柄であるか購入法を探してみてください。割安の株式銘柄であれば、たとえ損をしても被害は限定的でしょう。例えばシダックスというカラオケチェーン店を展開している会社などはこの条件に該当します。日本全国に店舗を展開していることもあって、手堅く利益を上げられる可能性は高いです。そのほかにも電気量販店のノジマなども、株投資先としては割安株の一種で狙い目株だといえます。

割安株が市場にはいくつも出回っています。割安株の場合、配当利回りが高くなります。株式市場の世界でこのような割安株にターゲットを絞る場合、チャートの見方としてPBRが1倍以下で、PERが15倍以下の銘柄に狙い目株を絞ってみましょう。例えばTHEグローバル社という不動産業を手掛けている会社があるのですが、配当と優待利回りのトータルである総利回りが良くて、お得感が高いと言われています。そのほかにも、イオン北海道保有期間と保有株式数に応じて割引券を発行しています。この割引券は、イオンやマックスバリューで使用でき、安くて2500円、高くて1万円分の割引券がもらえます。日用品の買い出しは誰しも必要なので長期投資にも向いていて利便性が高いメリットのある投資先だといえます。

狙い目株の銘柄を探す場合には、インターネットサイト上の証券会社の提供する分析ツールを活用することです。条件を入力すると値上がり銘柄数、値下がり銘柄数など該当する株式の銘柄が一覧で出てきます。しかも銘柄の比較も簡単にできるため、どれを購入すればいいかの一般的な視点から判断もしやすいです。ネット証券のWEBサイトで情報収集して株式売買の参考にしてみましょう。

株式投資をする際のテクニックとは

株式投資の勝ち方

株投資を行うにあたって、株取引における投資テクニックをまず身に着ける必要があります。株取引の方法は大きく順張りと逆張りの2種類に分類できます。順張りとは、投資先の会社の銘柄の株価が高くなると予想された場合にその流れに乗って取引をする投資テクニックの方法です。例えばある銘柄の株価が底を打って、上昇局面に入ったとします。普通に考えるとその銘柄は、当面上昇局面が続くと考えられます。そこで上昇トレンドの途中で株式を購入し、ある程度値上がりしたところで売却して利益を確保する方式です。トレードなど銘柄を購入するタイミングさえ間違わなければ、この方法で株売買をすれば儲けの出る可能性は高いです。投資経験の浅い株投資初心者におすすめの投資手法なので覚えておいてください。

逆張りは順張りの逆で、株価のトレンドに逆らって購入する投資テクニックです。例えば下落傾向の続いている株式をあえて購入するという方向性に進むわけです。短期的に見れば含み損が発生して赤字に転落する可能性は高いです。しかし長期的にみるとどの銘柄もある程度下落すれば、再び株価は上昇してくるものです。下落トレンドの中で株式を購入し、上昇局面に入ったら売却して利益を確保するわけです。

逆張りの代表的な投資テクニックに、リバウンド買いという投資手法があります。リバウンド買いとは、株価が一時的に安くなったときに購入する方法です。一時的に下落すると、その反動から直後に株価が急上昇することが往々にしてあります。ただし逆張りは上級者向けの投資テクニックといえるでしょう。というのも株価は上昇よりも下落するときのスピードが速いからです。売るタイミングを間違えると、大きなマイナス損失を被る可能性も否定できません。

株投資は、購入する側と売却する側の思惑がいろいろと交差している心理戦の真っただ中といった印象があります。戦う際にはまず敵を知ること、これは株投資の世界でもいえることです。株投資の場合、敵は機関投資家です。なぜなら機関投資家は大きな資金を動かします。機関投資家の動きでマーケットも大きく動く可能性が高いです。機関投資家の行動パターンを把握して、それを自分の投資に生かせば勝利できる可能性が高いです。

機関投資家と戦ってもその資金力の規模が規模ですから、必勝法の存在しない株投資の世界においてはまともにやりあうと勝負になりません。そこで機関投資家の逆を行く投資テクニックも、利益を上げるための手法といえます。機関投資家時価総額の大きな銘柄を相手にして、ニュース記事などから世界経済や日本経済の経済状況や日経平均株価、そしてファンダメンタルズを参考にファンダメンタルズ分析をしながら資産運用することが多いです。そこでその逆である、時価総額の小さな銘柄とか新興市場などのニッチな銘柄を使って現状は運用してみてください。個人投資家が相手になりますから、証券会社や投資先の会社のHP閲覧など情報収集を真剣にやって知識をある程度つけて挑めば勝利できる可能性は高まります。

高配当株式投資法のポイント

株式投資の勝ち方

投資信託などに見られる株式投資のスタイルの中で、高配当狙いの運用があります。これは各銘柄の配当金を確認して、半永久的に高配当の分配金を実現している配当株の配当銘柄を使って長期投資で運用するスタイルです。配当金目的で高配当の株式銘柄を使って運用をする時には、今後の見通しもそうですが年間配当などの権利日も含め売り買いのタイミングに注意することです。特に配当日の前後になると、株価の変動が激しくなります。いずれにしても株式投資は自己責任になります。注意点としてはタイミングを間違えると、損失をマイナス計上し赤字になることもあり得ますので、特に素人に近い投資初心者は注意してください。

東証などの株式市場を読んで高配当の株式を購入するのであれば、配当権利落ち日付近を狙いましょう。証券会社のサイトなどからも配当権利日は確認できますので、調べておくことをおすすめします。株価の動き的には配当権利落ち日の近くに安値を記録することが多いです。ただし最安値になるかどうかはわからないので、「株価が下がり過ぎかな?」と思ったところで買いを入れることをお勧めします。心配しすぎてあまり粘らないようにすることです。長く株式を保持するつもりがないのであれば、配当権利日の1~2か月くらい前に買いを入れるのがタイミングとしてはお勧めです。配当権利日が迫ってきていますから、その後優待や配当金目当てで買い注文が入りやすくなって、株価の値上がりが十分期待でき、比例して利益率も上がるるためです。

では高配当の株式の銘柄を使って運用する場合、売り時をどうするかですが2種類の方法があるでしょう。1つ目は、配当権利日までに売ってしまう方法です。高配当の銘柄の場合、配当が過ぎるとそれまでの反動からけっこう下げ幅のきつくなる傾向が見られます。購入するときにどの程度のキャピタルゲインを得るか基準を決めて、その目標に到達したところで早めに売ってしまいましょう。

もう1つの方法は、購入した銘柄をいつまでも購入し続ける方法です。高配当の続いている銘柄であれば、配当金の恩恵を定期的に受けられます。例えば、配当利回りが5%の銘柄を購入して、引き続きその配当が続くと仮定します。単純に計算すれば、20年その銘柄を持ち続けていれば、配当だけで元が取れるわけです。中長期的な運用で、コツコツ資金を増やしていきたいと思っているのであれば、このような保有し続ける方法もあるでしょう。取引をする必要がないため、株価などを気にすることなく資産を増やせます。

高配当の株式投資は、やり方さえマスターできれば、ローリスクで運用できます。ただし1つ注意しないといけないのは、ずっと配当が約束されているわけではない点です。時には減配が発表されることもあるでしょう。この時配当利回りの下支えが失われてしまって、株価が大きく下がる可能性は十分考えられます。業績と配当は密接な関係がありますから、購入した銘柄の最近の業績はチェックしておいた方がいいでしょう。

株式投資で成功するには

株式投資の勝ち方

株投資で株取引を行う株の世界はまさに「習うより慣れろ」だと思って下さい。自動車の運転と似ている所があって、子供のようにいろいろ勉強するよりは実際に株取引をして慣れていってみてください。自分自身の資金を投資している銘柄の株価の上下動は投資先の会社の業績や流行、為替、政策といったいくつかの要因に影響を受け利益に関わってきます。しかも同じ要因であっても、毎回同じ結果になるとは限らずなかなか資産運用も思うように行かないかもしれません。このような複雑な株式マーケットを理解するためには、実際に売買する方法をとって肌感覚として株取引を身につけた方が良いです。最初のうちは株取引で損失を計上する可能性も高いですから少額で始めていきましょう。そうした方が株式投資の世界ではある程度成功しやすいです。

株式市場が動く要因にはいろいろとあります。その中でも銘柄の流行は結構大きなファクターになりえます。流行している会社や業界には、お金が集まってくるものです。つまり流行をつかんで、トレンドに乗っている銘柄を購入すると儲かりやすくなります。トレンドをつかむためには、常に世間の動きにアンテナを張る必要があります。今後何が来るかを判断して、関連する株式を購入してみてください。

お金の問題になると、知識と情報が重要です。確かに株式運用をする時にも、銘柄選択方法には株式の銘柄や業界や会社の情報、全体のマーケットに関する情報を得ることは大事です。しかし知識と情報通りの展開に必ずしもならないのが株式投資の難しく、奥の深い所です。時には自分の感覚を信じて運用することも成功するためには大切です。感覚は、株取引の経験を積み重ねることで身についてくるものです。株式の勉強を続けるのではなく、少額でもいいからとりあえず株式のマーケットに参加して、株取引の感覚を身につけることは大事です。

株投資は株価が1番安い所で購入して、1番高い所で売り抜けるやり方が理想です。しかし株しだいではここにこだわり過ぎると、損失を計上する確率が増しリスクが高まります。マーケットには個人投資家機関投資家がいます。株式市場を動かしているのは、機関投資家です。実は最初に情報が伝わるのは機関投資家で、個人投資家に情報が伝わるのは後なので、個人投資家に伝わってくるころには底やてっぺんではないことが多いです。「ある程度の儲けが出ればそれでいい」程度のライトな感覚の投資センスをもって株取引を行うのが成功するための秘訣です。

株投資においては投資歴や投資知識に関わらずベテランの投資家でも、勝率は6割程度といわれていて特に特別の秘訣があるわけではありません。株初心者であれば誰もが失敗するのが株投資です。そこで体験談として成功のカギを握るのが、損きりできるかどうかです。購入した特定の会社の銘柄の株価が希望通りにならず、一定の所まで下落したら売ってしまって、それ以上の損失を防ぐ勇気をもった手法をとるといったような投資センスと危機管理も求められます。

株式投資の極意を理解するための格言集

株式投資の勝ち方

「木を見て森を見ず」という言葉はいろいろなシチュエーションで使われます。実は株式投資においての投資法また運用方法の極意としても、しばしば使われる用語です。木を見て森を見ずは、対象物だけを見るのではなく、俯瞰して全体を見るべきといった意味合いがあります。株式投資の場合、銘柄だけを見て判断してしまう人がいます。しかし個別の企業の業績やチャートを見るだけでなく、相場の流れがどうなっているのか、日経の平均株価など全体のマーケット動向からテクニカル分などで多角的に確認すべきです。総合的に見て、どう株取引をするのがベストなのかを考えていくことをお勧めします。

「相場は明日もある」という言葉も、株式投資の極意としてしばしば用いられる格言です。株式市場は明日も開いている、だから今日あわてて買う必要はないといった取引方法を指す意味合いがあります。急騰している銘柄があると、乗り遅れるなといった意識が働き、ろくに考えもせずに短期的に飛びついてしまう人がいます。しかし購入したタイミングがちょうど大天井で、購入した途端に下落傾向に入る可能性も十分あります。株価が上昇している時にも安易に目先の利益だけで購入するのではなく、いったん冷静になって今後どうなるかなどの投資判断材料を分析してから買うかどうかの判断をすべきです。

「休むも相場」も株式投資をする初心者の人たちは心に刻んでおきたい言葉です。株式投資をする時に、時には休憩をとることも必要だと言っています。実は年がら年中株式の売買を続けていると、視野が狭くなる傾向になりがちです。その結果、たとえプロの個人投資家であっても株式市場全体の相場が曇ってしまって時に大きな落とし穴にはまってしまうことがあります。いったん相場を見つめ直すためにも、ポジションをリセットして、マーケットから離れ余裕を持つことや、長期間投資をしたいのであれば、ちょっと休むことも時には重要で株投資において成功するためのコツともいえます。株式市場は決してなくなりません。成績が悪く利益が足踏みし自分自身の負けが混んできて、どうも流れが悪いなといったときも、いったん手を引いてみることです。株しだいで気持ちが浮き沈みし、挙げ句ムキになって負けを取り戻そうとする人もいますが、結局冷静な判断ができないわけですから、ますます傷口を広げかねません。

「売り禁に買いなし」も重要な法則です。売り禁とは、貸借銘柄の中でも信用新規売りに関して禁止措置のとられているものを指します。売り禁後の銘柄の株価のパターンを見てみると、下落することが多いです。売り禁になる以前の空売り玉は利益が大きくなる可能性が高く、そんな状況で全く逆の買いで入るのはリスキーです。このように株式投資の世界では、いろいろな格言があります。納得できたり的を射ている内容のものも多いですから、自分自身の株投資の秘訣や心構えを勉強し、知識をつけるためにも是非チェックしてみてください。