株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

配当金で稼ぐ株式投資の方法

株式投資の中には、いわゆる株投資による株取引での利ざやで稼ぐキャピタルゲインインカムゲインがあります。インカムゲインの中に、配当金を使って稼ぐ方法があります。株式会社で業績好調のため利益が出た場合、出資をしてくれている株主に一部利益を還元するシステムをとっています。これが株取引での利益ひとつである配当金です。ちなみに、決算時期になるとよくテレビ番組でも取り上げられますが、配当金がその企業の製品だったりサービスだったりする株主優待券だったりすることもあります。もし配当金での株式運用で株収入による配当金生活をしようと思っているのであれば、自分自身が知る範疇でより高利回りのものを探すべきです。そのためには、株取引で得られる配当金の計算方法をマスターする必要があります。

たとえば皆さんが1000円で株券を購入したとします。そしてその会社の1株当たりの利回りが50円だったとします。この場合、配当利回りは5%という計算になるわけです。しかしこの配当利回りが株式を保持し続ける中で下がってしまうことがあります。もちろん業績悪化に伴う配当金の減少があります。そしてもう一つ、投資先株価の値上がりによるダウンです。たとえば先ほどの例で紹介した1株1000円の銘柄があったとします。これが急騰して、1株2000円の株価をつけるようになったとします。この場合配当金がそのままであれば、配当相当額に対し2.5%の利回りになります。配当利回りの金額が半減してしまい、配当金で効率よく儲けることができなくなります。これはあくまでもプチ小遣い稼ぎなどではなく投資先からの配当収入だけでの資産運用を仮定していますが、自分自身が配当金生活をしようと考えるのであれば、株取引での収入額を増やすにあたっては株価や業績の上がり下がりを常に見ておくことは大事なことです。

この場合、配当利回りの下がった株式は売却してしまって、他の高配当株に乗り換えるのがいいでしょう。しかも先ほどの事例のように、もともと1000円だった銘柄が2000円に跳ね上がったためその株式を売却する場合、かなりの大きな売却益を獲得できます。皆さんの中でインカムゲインによる資産運用を考えている人は、ハイリスクハイリターン故、当然自己責任によるリスクがありますので覚悟も必要にはなりますが、このような配当利回りがどのようになっているかをしっかりとチェックすることです。

ところで高配当株を選ぶときにはどのようなポイントに注意すればいいのでしょうか?ここで重要なのは、決算の状態を確認することです。決算の結果が安定している所は、今後もコンスタントに配当金の出る可能性があります。決算が良くなったり悪くなったりしていると、配当金の増減も不安定になります。

配当金を得て、ある程度資金が貯まったところで、別の銘柄に投資する方法もあります。このようにすれば、分散投資をおのずと行えるわけです。分散投資株式投資の世界では、リスクマネージメントをするにあたって重要なことと言われます。一つの株価が急下降しても、ほかの銘柄が安定していれば損失分の穴埋めができるからです。

株式投資で稼げる人の特徴は?

株式投資をするにあたって、株取引を仕事にしている専業トレーダーであってもなくても、大きな利益を得て大金を手にしている人もいれば、野望が砕かれ損して苦しんでいる人もいます。皆さんの周りの友達の個人投資家や知り合いの投資仲間にもいるかもしれませんが両者を比べてみると、その特徴に違いがあります。株投資で稼げる人自体の特徴を見ると、まず焦りなどから感情的にならない点が挙げられます。損している人自体が、例えば投資をして損を出したとします。そうすると最初はその損を取り戻そうとして、気持ちが焦りさらに次の取引をしようとします。また含み損が出た場合に、「あともう少し我慢をすれば何とかなるだろう」と考え現状を維持してしまい結局さらに株価が値下がりして大きな損失にしてしまう傾向もみられます。このように感情にとらわれて運用をすると、どうしても判断力が鈍ります。このことから自分自身の感情コントロールが出来るかどうか、またその方法を知っているかどうかがが株取引でのホントの意味でのリスクに直結し、あなたが株投資で稼げるかどうかにリンクしてくるとも言えるでしょう。

株式投資で稼ぐ人自体は極端な話、自分自身がロボットにでもなったかのようにパソコンに向かったりして取引をしています。損切りなども躊躇せずに行っている場合が多いです。稼ぐ人自身は、株式投資で連戦連勝はありえないことを知っています。どんなにカリスマと言われるトレーダーや投資家の知識や方法をもってしても100%の勝率はホントに無理です。そこで負けだしたときに彼らは、いかに負けないようにするかを考えます。自分の中で一定の指標からラインを作って、そのラインに株価が下落した場合にはとっとと決済して損失を確定させてしまうのです。「もう少しすれば利益が」と言ってズルズル損失を拡大するのではなく、最後には損失を自分自身の許容範囲に抑えてしまえるわけです。

損切りのできる人自身の頭の中は、株式投資を常に俯瞰で見ている傾向があります。つまり今回の取引で負けてしまったとしても、株取引の全般のトータルで勝ちが多ければ、すなわち利益の方が大きくなればいいといった発想をします。稼げない人は、ご存じの通り1回1回の取引の勝敗で一喜一憂してしまいます。別に勝ち負けの回数はあまり重要ではありません。10回取引して3回勝って7回負けたとします。しかし勝った3回の利益が10万円ずつ、負けた7回の損失がそれぞれ3万円であればどうでしょう。利益は30万円、損失は21万円となって結局は9万円利益を出しているわけです。結局糸目をつけず利益を出せればいい、トータルでプラス収支になればいいと考えれば、無理して損失を大きくするような無茶な取引をしなくなります。

株式投資では、今後の株式市場で、投資先の株価はこう展開するだろうと予測して運用します。ただしどんなに上級者であっても、完璧に予測をすることは不可能です。時には自分自身の予想と真逆のことだって起こりえます。稼ぐ人自体の特徴として、逆の動きになった場合のシミュレーションをしていることも挙げられます。まったくイメージしていないと戸惑い、計算が狂ったことで焦りから初動が遅れますが、イメージができていれば実際それが起きたときでも迅速に対応でき、あとあとダメージを最小限に食い止められます。

株式投資で稼ぐ仕組みは大きく2種類ある

株式投資をするのは、簡単に言えば株投資によって稼ぐためです。ところで株式投資でお金を稼ぐ仕組みとして、2種類のスタイルがあるのをご存知でしょうか?それはキャピタルゲインインカムゲインです。テレビの影響もあると思いますが、素人が考える株式投資というと、株式売買を続けて、利ザヤで稼ぐスタイルをイメージする人が多いでしょう。投資家がこのような取引の中で発生する利ザヤで資産を増やすアプローチを、キャピタルゲインといいます。キャピタルゲインの基本は、デイトレーダーが行うそれで投資先の株価の安いときに購入して、高くなったところで売ることです。簡単に言うと1万円である銘柄を購入して、その後2万円の株かになったところで売れば、元本1万円に対して1万円の利益が発生します。

株式市場の中で、株価は常に変動しています。株価がどうやって決まるかですが、これも私たちが日ごろ購入する商品の価格と基本は一緒です。需給バランスをベースにして決められます。需要が供給よりも上回っているときには、価格はどんどん上昇します。逆に需要があまり高くなく、もしくは供給過多の状態で供給が需要を上回っている場合には、価格は値下がりします。よく農家で農作物が多くできると、捨てている光景をニュースなどで目にしますね。なぜあのようなもったいないことをしているかというと、そのまま販売してしまうと供給が多くなりすぎて高い値段で売れなくなります。その結果、利益が上がりにくくなるわけです。

もう一つのインカムゲインは、株取引ではなく、株そのものを保有することで得られる儲けです。インカムゲインの中にも2つの種類があって、配当金と株主優待があります。配当金とは、利益還元のシステムです。株券を購入したということは、その会社に対して出資をしている株主です。もし出資によって得られた資金を元手に経済活動をした結果、業績が良くて利益の出た場合、それは株主に還元する必要があります。利益を分配金として株主に還元するお金、これが配当金です。配当金は1株当たりいくらという決め方をします。つまり株式をたくさん保有している方が、得られる配当金が多くなります。

株主優待とは、企業に関連する特典を受けられるシステムです。通常はメーカーの商品や割引券などのサービス優待の権利が配布されます。年に複数回株主優待を実施している企業も多いです。インカムゲインの場合、株を持っているだけで利益を得られます。決して大きな儲けではないですが、中長期的な運用をすればコツコツと資産を増やせます。ただし配当金も株主優待も、すべての銘柄で行われているわけではありません。業績悪化で配当金が途中でストップすることも考えられます。そのため、瞬発力があるのはキャピタルゲインで、リスクは伴いますが、すぐに利益をえるにはタイミングが重要なこの方法がとられ、リスクの幅は少ない代わりに、持久戦となるのはインカムゲインで、株式売買頻度が低く、中長期的運用方法が求められます。いずれにせよ、株式市場の情報をネットなどから毎日取り入れて、日々多くの資料から知識を磨くことを怠らず、先読みのためあらゆる方法を駆使してその投資先にあった運用方法さえしていけば、個人投資家であっても銀行預金より安定し現実に則した資産運用を行うことが出来るでしょう。

株式投資の知識をつけるには独学よりも通信講座

株式投資をして取引がうまくいけば、大きな利益を確保することもできるかもしれません。しかし一方で損失を計上するリスクもあります。株式投資で利益を安定して出し続けるためには、株取引に関してある程度の知識が必要です。株式投資など株取引関連の知識を学ぶにあたって、さまざまな方法があります。多くの個人投資家が行っている勉強方法が、独学による学習法です。確かに書店に行けば、株式投資に関する書籍や雑誌も数多く販売されています。さらにインターネットにアクセスすれば、初心者から上級者までに対応した株取引に関するレクチャーも紹介されています。

しかしインターネットや書籍を使って自分で勉強するだけでは、株式運用をするための十分な知識が身についているとは言い難いです。しかも独学での勉強方法の場合、自分で書籍やインターネットに書かれている情報を解釈して理解する方法を取ります。場合によっては、とんでもない勘違いをしたまま情報を取り入れてしまう人もいるかもしれません。また勘違いをしなくても、書籍やネットの情報を読んでいるときに理解できない、内容のよくわからない項目に当たる可能性はあります。独学の場合、誰にも質問できないので、わからないことはわからないままになってしまうわけです。そこで本格的に株式投資の勉強をしたいと思っているのなら、株式投資のセミナーや通信教育、または学校に通うなどして専門家のレクチャーを受ける事をお勧めします。

株式投資スクールに通うとなると、授業スケジュールが決まっていますから毎回授業に出席できない人も出てくるでしょう。特に会社勤めで仕事を持っている人が本業をしながら授業に出席し続けるという勉強方法は至難の技でしょう。そこでおすすめの方法が、株式投資の通信講座を受講する方法です。通信講座であれば、基本自分でテキストを読み進めながらの勉強方法になりますので、本業などほかにやるべきことのある人でも続けられるはずです。しかも独学とは違って、もし読み進めていく中で内容がわからないことがあったとしても、質問ができます。メールサポートなどを使って質問すると、専門家からアドバイスや回答が届きます。つまりわからない所も理解しながら読み進められるので、しっかりとした土台を築くことができるわけです。

最近の通信講座の中には、通信教育会社がより理解が深くなるような工夫を施しています。たとえば、副教材にDVD付きのテキストを準備するなど充実しているプログラムも見られます。ただテキストを読んでいるよりも、ビジュアルもプラスした勉強方法がより講座内容の理解度も深くなります。有料講座を申し込む前にまずは無料講座などの体験講座を通し講座の内容を確認しましょう。証券会社など金融系の会社が通信講座を提供していますから、自分の勉強方法の条件などと照らしネットでの評判なども参考に受講の申し込みも検討してみてはいかがですか?

ツイッターは株式投資でも活用できる

ツイッター社のアプリ、ツイッターを普段から使っているツイッターユーザーも多いでしょう。PCサイトやスマホから生活をする中で自分の感情をつぶやくシェアの高いコミュニケーションツールのひとつです。実はこのツイッター株式投資やトレードをする場合でも重宝するツールです。他の人の一言ツイートを見て、投資のアイデアデイトレードや投資先の情報を仕入れている人は結構多いです。ツイッターを見てみると、金融の専門家や投資生活者である専業のトレーダー、有名な個人投資家や外国人投資家が投資スタイルに関する考察や私見をつぶやいています。このようにツイッター上で株式のことを頻繁につぶやくユーザーたちのことを株クラスタといい、彼らのフォロワーとなって自分から積極的に情報収集することによって、株式情報をどのような視点で見ればいいのか、投資のルールはどう決めればいいのかを参考にできるので銘柄選びに役立ち、極力リスクを回避することで売上につなげることもできるかもしれません。自分自身も株クラスタとなって、株式についての情報交換を積極的に行いましょう。

報道系の会社でツイッターのアカウントを開設している所は多いです。例えばウォール・ストリート・ジャーナル日本版@WSJJapanは、日本語で表示されていますから読みやすいです。アメリカのウォール・ストリート・ジャーナルに掲載されている記事の中から、日本人に関係があり興味深い外国株式などや企業の情報をピックアップして提供しています。ブルームバーグニュース日本版@BloombergJapanは、世界の金融や経済のニュースを発信しています。日本国内だけでなく、欧米やアジアの動向もわかります。

雑誌形でツイッターをしているものも多く、ビジネス週刊誌の中でもメジャーな週刊ダイヤモンドの行っている週刊ダイヤモンド編集部@diamondweeklyは押さえておきたいところです。経済情報などを呟いていますから、株式投資の参考情報として活用できます。Zaiというお金と投資の総合情報を提供している所も、ザイ・オンライン@zaionlineというアカウントを持っています。日本の株式だけでなく、世界経済やFXに関する情報、投資信託や不動産投資、証券会社の活用法といった感じで、資産運用に関する総合的な情報発信を行っています。相場の最新情報も掲載されていますから、チェックしておくといいでしょう。

個人レベルで行っているツイッターでも、見るべきものはあります。たとえば、かぶ1000@kabu1000は中学2年生から株式投資を始めた専業投資家のアカウントになります。社会人となって就職はおろか、アルバイトも一切やったことのない状態で、累積利益が2011年には1億円を突破したといいます。年率で20%の運用利回りを出しているということで、運用スタイルの参考にする経験者として非常におすすめです。ぱりてきさす@paristexas2009も専業投資家のアカウントです。まだツイッターのアカウントを開設していない人は、是非この機会に開設し、会社や個人問わず有益な情報を発信する先輩方であるこの人たちのフォロワーになって、テクニカルとファンダメンタルの両方の分析をしながら資産運用しているので分析の参考にしてみてください。ひょっとしたら、ネットの特性からツイート数の多いアカウントでは、自分の質問に相談にのってくれたり、フォロワーの人たち向けに直接回答してくれるかも知れません。

株式投資におすすめの無料ソフトを紹介

いわゆる株式投資ソフトといわれるソフトは有料無料いろいろと販売されています。その中には無料で配布されているフリーウェアと呼ばれるソフトもあります。フリーソフトの場合、無料だから質が劣るのではないかと思っている人もいるでしょう。確かに株式投資関連のフリーソフトだけでも、数千単位で出回っています。その中には悪質で問題のあるソフトもあるのは否めません。しかし一方で優秀なフリーソフトもたくさんあります。株式投資を本格的にやってみたい人は、このような無料ソフトを利用してみるのも手です。

本格的株システムトレード開発ソフト イザナミは、システムトレードをする人が必要とする機能が充実しているシェアウェアです。このソフトのいいところは、売買ルールづくりが簡単でバックテストを行う検証ソフトとしての機能ももち、さらに株価情報のデータが無料で手に入るため、初心者の方でもわかりやすいレイアウトになっています。しかももしわからないことが何か発生した場合でもサポートがしっかりとしているため、気軽に問い合わせができます。期限のある無料版ソフトもあるので、まずは操作感などをテストしてみることをおすすめします。

Tacticoは、相場を楽しむというコンセプトのもと登場したフロントエンドツールのトレーディングプラットフォームになります。OmegaChartというソフトの後継として誕生していますから、その実績や効果は織り込み済みです。著名なテクニカル指標が多く搭載されているため、多角的な分析がしやすいです。自動売買機能も搭載されていますから、仕事で忙しくて長時間画面に張り付いていられない人には利便性の高いツールといえます。仕事中に自分が取引している銘柄が乱高下したとしても、株式チャート編集や損益計算のプログラミングをしておけば利益確定や損切りも可能です。

総合的に株式投資用の情報を収集したいと思っているのなら、AlphaChartがおすすめです。3900前後あるといわれる上場の銘柄全部をカバーしているソフトです。パソコンでほしい銘柄の株式チャートが即座に表示されます。一部有料のサービスがあるものの、通常使用であれば無料で利用可能です。ネットでこまめにアップデートを行っていますので、信頼性の高さや情報量の豊富さそして操作感では有料のソフトと比較してもそん色はありません。公式サイトでは、オンラインスクリーニングも実施していますからこちらも活用することをおすすめします。

スマホなどを使って株式売買の取引をするよりも、パソコンを利用して運用することが多いという人はFchart'sがおすすめです。トレードシステム記述言語が搭載されていて、テクニカル分析ではかなりのハイレベルなデイトレ分析にも対応しています。オリジナルの売買ルールのセッティングもできるようになっているため、自分の投資スタイルに合わせたオーダーメイドのシステムトレードが可能でお勧めです。日経BP社のパソコンベストソフトを受賞していることを見ても、その実力がお分かりになるでしょう。

株式投資で役に立つ情報収集方法

株式投資はギャンブルとは違って、的確に分析を行えば100%の勝率に近づけることが可能です。分析をするためには、まず情報収集をすることが大事です。自分自身で情報収集するにあたって、会社四季報や新聞などの投資関連の記事が掲載されている情報誌や書籍類を定期的に読んで勉強することももちろん大事です。しかしリアルタイムでマーケットにどのようなことが起きているのかの情報源を得るためには、インターネットで株投資や株取引について書かれている情報収集サイトは株初心者や個人投資家にとってはやはり有効なツールです。株式投資をするにあたって、押さえておきたい投資関連情報収集サイトをいくつか紹介します。

ヤフーファイナンスはブラウザで利用できるのですが、その割にはリアルタイムの株価や出来高、指標、各銘柄の最低購入代金までかなり具体的な情報を入手できます。自分自身が中長期的な運用を考えているのであれば、株主優待としてどのようなものがあるかも検索で収集できます。東京証券取引所のホームページも株式情報を入手するには初心者向けとしてもおすすめのツールです。新規上場の銘柄情報を網羅しているのもそうですが、株式投資の基礎知識に関して紹介しているコンテンツもあります。株式投資経験に乏しい株式投資初心者にはおすすめのツールと言っていいでしょう。

証券会社のツールを利用する方法もあります。特に自分自身がデイトレードをしようと思っているのなら、チャット解析ツールが必要になります。チャット解析ツールの中には、無料で利用できるものもありますからしっかりと現実的に利益を出して勝ち組に近づくために、運用で取り入れてみると良いでしょう。たとえば、SBI証券のHYPER SBIやマネックス証券マネックストレーダー・マーケットステーション、ライブスター証券のlivestarRといったツールは無料で初心者でも簡単に利用できます。楽天証券マーケットスピードは通常版が3か月3000円、フル版は1か月2100円となっています。通常版は信用取引先物、オプション、FXのいずれかの口座を楽天証券で開設している、もしくは30万円以上の資産残高のある人は無料で利用が可能です。該当する人は、楽天証券マーケットスピードを使って情報収集してみましょう。

株式投資しようと思っている会社があれば、どのような経営方針で運営しているのか、どのような業績なのか、詳しく知りたいと思う人もいるでしょう。会社四季報でも詳しく上場企業の情報が紹介されています。それ以外にも、EDINETもおすすめのツールの一つです。会社の報告書を一通り掲載していますから、特定の会社に投資すべきかどうかの判断材料になるはずです。このように株式投資に関する情報はネット上のサイトやいろいろと提供されているので、有効活用することです。