株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

話題の株式投資法・デイトレードのメリットとデメリット

いまやデイトレードという言葉は株式投資になじみのない人にも知られているぐらい、株式市場ではデイトレードを行う人の存在が大きくなっています。デイトレードとは、1日のうちに株の売買取引を完了させるスタイルの投資法です。これを日計りともいいますが…

少額から始められる1株から積み立てていける株式投資サービス

株式投資では、銘柄を売買する単位を単元として、単元ごとにまとめて売買を行うシステムがあります。これを単元株制度といいますが、銘柄によっては1株ずつ買うというやり方ができません。1単元を100株としている銘柄なら最低100株から、1単元を1000株として…

短期投資と中長期投資のメリットとデメリット

株式投資を始める時は、自分にはどんな投資スタイルが適しているかを見定めてからにしたほうがよいでしょう。デイトレードやスイングトレードなどの短期投資は、1日から1週間、長くとも1ヶ月以内で売買取引を完了します。中長期型の投資では、数ヶ月以上同じ…

長期投資を成功させるイメージとデメリットについて

長期投資で利益を上げるイメージは、株式市場が景気の循環とともに大きく変動する中で、それを乗り越えて数十年後に企業が十分成長し、投下した資金が何倍にもなるまで保有し続けるということになります。 昨今はデイトレードなどの短期投資が流行しています…

中期投資の示す期間の考え方と銘柄の選び方の基本手法

株式投資は、投資期間に応じて短期・中期・長期と分けて考えられます。ただし、短期や長期に比べ、中期投資は、どのような基準で中期とするのかがわかりにくくなっています。一口に「中期」と言っても、その人の投資スタンスによって、その期間には大きな幅…

デイトレードやスイングトレードなどの短期売買のメリット・デメリット

株式投資において短期売買といえば、デイトレードとスイングトレードになります。デイトレードは1日のうちに取引が完了しますし、スイングトレードでも株を買って売るまでに数日しかかけません。どちらも株の保有期間が非常に短い投資方法ですが、上手に運用…

配当金狙いの株式投資は長期的な視野に立つことが大切

株式投資で利益を上げる方法はいくつかありますが、配当金狙いの長期投資はおすすめの方法です。これから株式投資を始めるという人にも、リスクの少ない長期投資は第一歩としてぴったりでしょう。実際、多くの人が配当金狙いで株式投資を始めていますし、中…

銀行預金の利息をはるかに凌駕する株式の配当利回り

企業が利益を上げると、その一部を株主に還元してくれるシステムが配当です。配当金は1株につきいくらという具合に決まり、企業によって1株5円だったり、1株10円だったりするのです。つまり、株をたくさん保有している方が配当金を多くもらえることになりま…

リスクの高いナンピン買いよりも素早い損切りの判断が大切

株式投資の用語でナンピンというものがありますが、これは、ある銘柄を買ったものの株価が下落した場合に、その下落した価格で同じ銘柄を再度買うことを指します。漢字では「難平」と書きますが、災難を平均化しようという目論見があることから作られた言葉…

投資と貯金のバランスを考え確実に資産を増やす

安定して資産を増やしていくには、投資と貯金のバランスが大切です。稼いだお金をすべて投資に回すのはリスクが大きすぎますし、自由になる資金のすべてを貯金しても、それ以上の利益を上げることはできません。リスクを抑えつつ不労所得を増やしていくには…

損切りのラインを決めるのに何を基準とすればよいのか

株式投資で成功するには、売買のタイミングの見極めがすべてと言っても過言ではありません。理想的なのは底値で買ってピークで売ることですが、これを常にタイミングよくできる人はいません。ある程度のラインを決めておいて、それを超えたら、または下回っ…

株式投資で成功するには自分の投資スタイルを確立することが大切

株式投資で利益を上げ続けるには、自分の投資スタイルを確立する必要があります。投資スタイルを確立できていないと、たとえ割高な銘柄を避け続け、人為的に値を吊り上げようという意図がある仕手株というものに手を出さなかったとしても、長期的に安定して…

スマートフォンを利用して株式投資を始めるには

アンドロイドやiPhoneなどに代表されるスマートフォンは、今ではすっかり日本人の生活の一部となりました。これらスマホのおかげで、今ではパソコンを持っていなくても簡単にインターネットが利用できるようになり、それにともなってスマホを利用した株式投…

短期間勝負のスイングトレードという株式投資法の特徴

スイングトレードという方法は、数日単位という短期間のうちに売買を済ませる投資法のことを言います。スイングトレードと対置される方法がポジショントレードで、この場合、数週間から数ヶ月単位の中長期的な範囲で、銘柄を入れ替えながら取引していく投資…

自動売買のための取引ツールが用意されている証券会社

インターネットでのオンライントレードが一般的となった現在の株式投資では、株式を自動で売買してくれるツールが大きな効果を発揮しています。自動売買ができる取引ツールを使用することで、設定した条件に則って株の売買が自動でできるようになります。取…

株式投資における信用取引のメリットとデメリット

株式投資には現物取引と信用取引があります。現物取引とは、実際に自分のお金を払って株を買い、実際に手元に持っている株を売るという通常の取引のことです。現物取引では、100万円の株を買うには実際に100万円を持っていないと買えませんし、手元に持って…

リスクの少ない投資方法であるサヤ取りのメカニズム

株式投資においてサヤ取りという手法は、安全性の高い売買方法として多くの人が採用しています。サヤ取りでは、株式市場における日経平均などの市場平均値をもとに、それより株価が割高になっている銘柄を「売り」、平均値より割安になっている銘柄を「買い…

逆張り投資ではいかに底値を見極めるかが重要

株式投資において、順張り・逆張りという買い方があります。順張りとは、株価が上昇中の銘柄を狙って購入時より株価が高くなることを期待して買う手法です。逆張りはその逆で、株価が下落している銘柄に目をつけて、下げ止まりが来ることを狙って買い、上昇…

逆指値注文を上手に活用して投資の幅を広げよう

株式投資には逆指値注文という注文方法があります。初心者にはあまりなじみのない言葉でしょうが、利益の確定や損失の限定、買い時を逃さない方法として、利用価値の大きい方法です。 逆指値注文を簡単に説明すると、指定の株価を上回った時に買い注文を出し…

株主優待を受けるにはいつどのぐらい買えばいいのか

優待品をもらったことのない人には、株主優待のシステムは少々わかりにくいところがあるようです。株を持っていると、企業から毎年、お中元やお歳暮として、お米やお菓子、ジュースの詰め合わせなどから食事券や金券などまでさまざまな品物がもらえるという…

株式投資家なら知っておきたい運用利回りの計算方法

株式投資では、運用利回りがどのぐらいあるのかを計算しなければなりません。自分が運用している株式の利回りを把握していないことには、自分の投資方法が良いのか悪いのか正確に判断できないからです。運だけでは株式投資で利益を出し続けることは不可能で…

IPO(新規株式公開)に株式投資して利益を上げるには

株式投資をしている人の中には、上場株式の取引だけでなくIPOで取引している人も多くいます。IPOとは新規株式公開(Initial Public Offering)の略で、今まで上場していなかった企業が新規に証券取引所に上場することを言います。IPOは証券会社によって投資家…

ふるさと納税を利用すれば今より節税できる金額を増やせる

昨今、何かと話題のふるさと納税ですが、株式投資をしている人にはおすすめの制度です。そもそもふるさと納税とは、任意の地方自治体に寄付をする制度で、「納税」という名前ですが税金ではありません。寄付金のうち所得に応じて定められている金額までの全…

株式投資で利益が出た時には納税義務が生じる場合がある

株式投資で利益が出た場合には、その利益に対して税金がかかります。株式投資の税金には2種類あり、売却益に対して課税される譲渡益税と配当金にかかる配当税があります。 譲渡益税の税率は20%ですが、年収2千万円以下の一般のサラリーマンでは、主たる所得…

株式投資で利用する特定口座には源泉徴収ありとなしの2種類がある

株式投資を始める時には証券会社に口座を開きますが、その際、最初に与えられるのが一般口座です。それとは別に、証券会社には株式の個人投資家を対象とした特定口座というものがあります。特定口座には一般口座にないサービスが付与されており、確定申告や…

所得税の課税方式には総合課税と分離課税の2種類がある

所得税の課税の仕方には総合課税と分離課税の2種類があります。基本的にはほとんどの取引で納税者が課税方式を選択することはできません。株式投資で得た譲渡所得は分離課税で納税することになります。 総合課税は、所得に応じて税率が5〜40%に変化する課税…

株式投資をしている人は確定申告により節税できる可能性がある

株式投資をしている人は、確定申告をすることによって節税ができる可能性があります。節税の可能性があるのは、株式で損失を出した場合、複数の証券会社で株式を運用している場合、証券会社に源泉徴収ありの特定口座を持っている場合が考えられます。 1つめ…

株式投資で得た利益は離婚時に財産分与の対象となるのか

離婚にはさまざまな問題が絡み合いますが、特に財産分与において、どこまでを分与の範囲とするのかについて争われることがよくあります。夫婦の一方が株式投資で利益を得ている場合、その利益も夫婦の共同財産と言えるのかどうかが争点となります。 財産分与…

株式投資で源泉徴収ありの特定口座を利用している場合の確定申告

株式投資で得た譲渡益は申告分離課税であるため、原則的には確定申告の必要があります。ただし、証券会社に源泉徴収ありの特定口座を開設している場合、証券会社が損益を計算して譲渡益に課税される金額を源泉徴収してくれるので、確定申告をしなくてもよい…

ミニ株を使えば小口でも株式投資は可能

株式投資と言われると、どうしてもお金がかかるものといったイメージを持つ人も多いです。しかし小額でも株式運用は可能です。それは最近話題になっているミニ株という商品を使った意味のある運用方法です。通常企業の株式を購入するにあたって、100株などの…