読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

これから株式投資を始めようと思っている人のためのおすすめの本

株式投資の勉強方法

投資歴の浅い株式投資初心者が読んでおきたい本の中に、株の超入門書があります。図解がたくさん使われているため、株式に関する基本的な知識が身に付きます。株式とは何かから始まって、分析方法の種類、チャートの見方や銘柄の選び方、そして売買のタイミングといった株式全般の基本的なことがわかります。株の超入門書(銘柄選びと売買の見極め方)は姉妹書籍に当たり、両者を読むとより株式の仕組みが理解できるようになるので入門編としてオススメです。

ファンダメンタル投資の教科書は、公認会計士をしながら投資を行っている人の書いた本です。題名の通り、ファンダメンタル投資の指南書と言っていいでしょう。ファンダメンタル投資の基本的なことが紹介されています。財務諸表や株式指標の見方、実際の株式売買の取引をする時のタイミングの取り方などを紹介しています。単なる株式投資の教科書ではなく、実際の運用の場面でも適応できるだけの実践的なテクニックについても紹介されています。安定した優良企業の銘柄を使って資産運用したい人には、オススメ本です。

普段の生活をしながら株式投資などの資産運用をする、これがほとんどの個人投資家と呼ばれる人のスタイルではないでしょうか?臆病者のための億万長者入門は、株式投資を用いた資産運用の方法に関してより具体的かつ参考になるように紹介しています。経済的な合理性に基づき、普通に仕事をしながらどのような人生を送るべきか、さまざまな角度からアドバイスをしています。株式投資の中でも重要な言葉として、分散投資リスクマネージメントがしばしば紹介されます。この両者に関して、初心者にもすんなり読める感じで解説されています。投資をする前の心構えを理解するために読んでみてください。

知らないと損する 池上彰のお金の学校は、テレビでおなじみの池上彰さんのお金に関する書籍です。お金から経済、投資に関することまでかなりのボリュームで書かれていますので、見た目の印象は手に取りづらいかもしれません。しかし大学生に向けた講義を下敷きにして構成されているため、体系的に書かれていて非常にわかりやすい内容になっています。投資を始める前に、お金と経済の仕組みはしっかり理解しておきたいところです。経済の基本中の基本を理解し、悩んだときの判断材料としてもおすすめの一冊といえます。

少し前にベストセラーになった金持ち父さん・貧乏父さんも、株式投資をする前に読んでおきたい本です。ストーリー仕立てになっているので、初心者にも読みやすいのでお勧めです。不労所得すなわち働かずしてお金を稼ぐ方法について紹介されています。投資家への第一歩をこれから踏み出す投資初心者は押さえておきたい本の一つと言っていいでしょう。どの本も株式投資を知るにはおすすめの入門書です。投資家を目指す皆様は早速本屋もいくは図書館へ足を運び、どの本が自分が興味をもって勉強できそうか、どの本なら自分が知識を吸収しやすいか判断ください。いずれの書籍にせよ、まず良書を手に取り読み進めることがあなたの個人投資家としての第一歩になるでしょう。