読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

株式投資の軍資金はどのくらい必要?

スポンサーリンク

皆さんが株式投資を始めるにあたって、資金面ではどの程度の具体的にはいくらくらいの自己資金が必要か、とくに株初心者は気になる所でしょう。中にはかなりまとまった金額の自己資金が必要ではないかと思う人たちもいるかもしれません。しかし結論から言えば、数百円程度でも株式投資を始めることは可能です。それは、単元未満株を運用すれば可能だからです。

株には単元株と単元未満株があります。一般的に株と言われるものは、単元株と呼ばれるものです。1株ずつ購入するのではなく、100株単位で株式を購入する手法です。100株単位で株式を取得すると、株主優待や配当金をもらえる権利が発生し、株主総会に出席もできます。しかし100株購入しないといけないとなると、たとえば1株の株価2000円の株式を購入するために少なくても20万円程度の金額は確保しないといけなくなります。これは一般庶民としては、なかなかの出費のはずです。

そこで株初心者の人たちをはじめ、より広く株式を購入してもらうために、単元未満株も販売されています。これは100株以下でも購入できる銘柄のことで、1株から購入できるような株になります。株主優待は受けられませんが、配当が発生すれば受け取る権利は残ります。数百円程度の株式を1株購入して株式投資をスタートさせる方法も可能なのは、このためです。ただし単元株の中でも比較的安価で購入できる銘柄もあります。上場企業のうち3割程度は、10万円以内で単元株を購入できるといわれています。しかも1万円以下の単元株も100前後あります。株式投資にはお金がかかると思っている人は、その考え方を改めた方がいいでしょう。初心者でも手を出しやすい株取引にはなりなすが、見込みの利益額が低い分、それに比例してある意味リスクも低いといえます。

ところで元手となる自己資金が多い方が株式運用で有利・不利になることはあるでしょうか?これは自己資金の多い方が有利ではあります。自己資金が多ければ、さまざまな株の銘柄を購入できるからです。長期運用と短期投資、IPOの応募など分散して投資も可能です。そうすれば、あるところで損失を計上してもほかの銘柄が堅調であればその損失分を穴埋めできる望みがあります。

ただしこれから株式投資を始める人たちは、まだ運用のノウハウを持っていません。株式投資で利益を出せるようにするためには、とにかくインターネットなどで情報を集め、勉強して知識や経験を積むことが大事です。最初の内は損失を出す可能性も高いですから、少ない元手資金からスタートすることをお勧めします。そして徐々に稼げる方法が身についてきたところで、段階的にに元手資金を大きくして、効率的に利益を稼ぐようにしていくのが理想です。補足ですが、株の売買に必要な元手資金は決して生活資金を使わなというスタンスを貫くことです。株式投資は借金をしたりせず余剰資金で運用することも忘れないでください。