株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

株式投資をしている人が確定申告した方がよい場合

スポンサーリンク

株式投資をしている人の中には、確定申告を行うことで税金が還付されるケースがあります。確定申告はどのような場合に必要なのか、また、確定申告をしなくてもいい場合はどんな時か、しっかり整理して株式投資に活かしましょう。

株式投資にかかる税金には、売買手数料に課される消費税と、株を売って利益を得た時にかかる譲渡益税、配当を受け取る時に天引きされる配当税があります。株を売って利益を得た場合には、確定申告が必要です。

普段、確定申告の必要がない会社員にとって、確定申告の手続きは面倒に思えますが、実際にやってみると意外と簡単にできてしまいます。確定申告により還付税額が大きく変わることもあるので、きちんと行うようにしましょう。確定申告を行う時期は、基本的には2月16日から3月15日までとなっています。ただし、初日及び最終日が土日祝日の場合には変更になりますので、毎年確認が必要です。この期間に所轄の税務署に出向くか、インターネットを利用して行います。

ある1年間に株を売却したことのある人なら、利益を得た場合でも損失が出た場合でも、確定申告をすることで税金の還付を受けることができる可能性があります。また、その年に株を売却していない人や、売却をしていても利益が出ていて源泉徴収がある人は、確定申告は不要です。

株式投資のための口座を証券会社で開設している場合には、一般的には特定口座で源泉徴収があるように選択します。こうすることによって、株にまつわる税金は源泉徴収されます。たいへん便利ではありますが、この方法さえ利用していれば確定申告は不要というわけではありません。その年の源泉徴収額が実際に株を売って得た利益の10%を超える場合や、複数の証券会社に特定口座を持っており、すべての損益を通算する場合には、確定申告を行うことで税金が返ってくる場合があります。後者の場合の例を挙げると、たとえば、ある証券会社で100万円の利益を得て、別の証券会社で100万円の損失があった場合、通算すると損益はゼロなのに、利益を得た方の証券会社では税金が源泉徴収されてしまいます。この場合に確定申告をすることで、源泉徴収された金額が還付されるのです。また、ある年に株の売却で損をして翌年にそれを上回る利益が出た場合も、確定申告することで税金の還付を受けることができます。

上記以外の場合、すなわち、証券会社に特定口座を開設していても源泉徴収はしないことを選択している場合や、一般口座で株式投資を行っている場合は、確定申告の必要があるので自分で収支を計算しておかなければなりません。