読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

株式投資の勝ち方はチャートがポイント

株式投資の勝ち方

株式投資の投資法を確立をする時に、まずマスターしておかないといけないのは株式市場のチャートの見方を理解してください。チャートには日中足チャートやローソク足チャート、スプレッドチャートなどと呼ばれるチャートがあり、1日や1週間、1か月といった一定のスパンにおける特定の投資先の銘柄の株価の値動きをグラフにしたものです。一見してここ最近の特定の個別銘柄の傾向が確認できるわけです。チャートの見方をマスターし常に情報を得てチャート分析など自分でチャートの読み方の勉強をしていかないと、投資リスクを減らし株式投資で本当に勝つための手法を磨くのは難しいでしょう。

株式投資で利益を出す基本中の基本が、安いところで購入して値上がりして高くなったところで売り抜けることです。株式投資ソフトやインターネット上のサイトなど無料のデータでも、出来高などを含めこの株式投資用のチャートを確認できるので、それぞれの株価にとって割安と割高のタイミングがどの辺りにあるかどこが取引の目安になるかが分かります。これが株式投資初心者にとって、まず株式投資基礎ともいえる行程のひとつです。ある程度長期間のチャートを確認すれば、どこで下げ止まっているか、その傾向が見えてきます。下げ止まりのレベルに株価が下がってきたところで購入すれば、その部分が底値でしょうから後は値上がりして利益も出しやすくなるわけです。逆に高いところで株を購入すれば損失の可能性があります。チャートを確認すれば株価が上昇していないのか、すでに上昇しているのか、上昇の真っただ中にあるか判断ができます。株を購入してはいけないタイミングが分かるわけです。判断力にも関わりますが成功する可能性を高め、取引きしても失敗する可能性を低くできるのでお勧めです。

チャートを見れば、株価の上昇パターンが見えてきます。「だいたい株価は○%上がる」とか「○日くらい連続して上昇する」といった感じであらかたの株価の値動きが予想できます。その結果、売りチャンスを見逃さずに済むわけです。株式投資で失敗している人の中には、せっかく購入した銘柄が上昇しているのに「まだ上がるだろう」と翻弄された結果判断力に欠け、売るタイミングを先延ばしにして失敗するケースが多いです。このような売り時の失敗も、チャートをしっかりチェックして分析いれば防げます。

チャートから購入する銘柄を選ぶ方法もあります。実は銘柄ごとに、一定のパターンで値動きしているものもあれば、全く体系化されていないハチャメチャな値動きをしている銘柄があります。パターン化のできている銘柄を購入した方が、購入した後の値動きも予想しやすいですから儲けを出しやすいです。このようにリスクの少ない銘柄がどれかも、チャートを見て判断できるわけです。株式投資で勝つためには、チャートの見方をマスターすることがいかに大事かがお分かりになるはずです。でもトレードサービスを提供している証券会社も多いです。無料で利用できチャートなどでもリアルタイムのものを見られるので、こちらを利用してチャートに強くなりましょう。