読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

株式投資勝利の法則を紹介

スポンサーリンク

株式投資などの株式取引には株取引での売買によるプラスを出すこと=勝利のための法則とでもいうべきものがいくつかあります。以下で紹介する法則を忘れずに、株取引で株式運用方法を実践していきましょう。まず株式投資は絶対に儲かるわけではない点です。そこで重要なのは、いのち金には手を付けるべきではないということです。あくまでも余剰資金を使って運用することです。生活資金までつぎ込んで投資をしてもし失敗をしたら、生活が立ちいかなくなります。また生活費をかけて取引すると、損失がでた場合に損大利小となれば泣きっ面に蜂となりどうしても冷静さを失い正しい判断ができなくなります。絶対に余裕資金で資産運用することです。

株式投資勝利の法則の中で、「さんまの頭としっぽはくれてやれ」という言葉があります。さんまの場合身は脂が乗っていておいしいけれども、頭からしっぽまで食べてしまうと毒が回る可能性があると言われています。つまり、あまり欲張りすぎてしまうとかえって痛い目に遭うという意味です。大底で購入して大天井で買い、利益確定いわゆる利確し売れればいうことはありません。しかし両者の売買のタイミングをピタリ的中させ成績を上げるのは、プロの投資家でも難しいです。お金の面で多少の損は仕方がない、ある程度の儲けが出たら売り抜ける、売買のタイミング的に損切りもやむなし、このような腹八分目程度の気持ちで運用した方がトータルで見れば勝率を上げられるという理由があります。

株式投資を勝ち負けの確率論があることからパチンコなどのギャンブルの一種と思っている人は案外多いです。しかし株式投資は、勉強や研究をつづければ現状勝利できる可能性は高まります。予備知識や事前分析を行って、わかる範囲でいいので自分なりのマーケットの見通しが立つようにしておいてください。確かに相場は時に理論的に説明できない方向に進むこともあります。しかし当てずっぽうで取引するよりは、勉強して取引をした方が勝率はぐっと高まります。

漁師は漁をする時、漁をする場所の潮目の条件を見ると言います。大きな流れを見て、どこに魚がいるかを判断して、釣り上げます。この漁師の考え方や漁の方法は株式投資にも通じるものがあります。個別の銘柄の短期間の値動きだけを見るのではなく、相場の大きな流れを見ることです。一瞬一瞬で見れば上下動を更新し不規則に繰り返しているものも、長期のスパンで見ると一定のトレンドの中で値動きしていることが分かります。トータルでものが見られるようになると、日経平均から平均値を分析したり投資先の会社の特徴を見るなど今後の展開をより正しく予想できるようになります。自分の投資スタンスにあっている状況で株取引に参加して、どうもスタイルに合っていないとか、最近なかなか勝てないといった時には利確の利益有無関係なしにいったん手を引く方法をとることも重要です。ここで無理して株取引に突っ込んでいっても、ますます状況が悪化するだけです。