読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

安定度で株式投資をする

スポンサーリンク

株式投資をする人の中には、自分自身の株取引や銘柄選び、そして株取引の投資法自身にも自分自身の仕事やビジネススタイルの経験からいろいろなスタイルがあるはずです。どんなに計算しても定期預金の年率では資産を短期的に増やすことはあまり期待出来ません。ですから短期間の株取引で多少のリスクを背負ってでも、大きな利益の上がる株取引をしたいと言ったひと山当てたい人もいるでしょう。あるいは一方で、あまり大きな金額の儲けを出す必要はないからある程度の損失のリスク分散をして堅実な資産運用をしたいという安定志向の投資家もいるでしょう。安定した株式投資をしたいのであれば、初心者向けには安易に分散投資をせず投資対象をまず有名企業の株式の安定銘柄に絞って運用することです。大企業の場合、知名度も高く投資家からの信頼度も厚いです。そのため、よほどの不祥事でも起こさない限り、最低限、株価が一瞬にして暴落してしまうことはまずありません。中長期的な投資を希望するのなら、株式市場で時価総額1000億円以上の銘柄を選択すれば、安全度は高いです。

参考に、大企業の中でも事業の多くを海外に展開している企業は少し注意した方がいいでしょう。会社の業績が出ていても、例えば為替レートが円高続伸の状態になっていると大きな利益を上げられなくなる恐れがあります。実際決算の内容が良くても、為替レートが会社にとって不利に働いているがために株価が思い通りに値上がりしないというケースも見られます。

株取引をする際には投資先の会社の最近の業績を確認することも大事です。景気が乱高下している中でも、安定して業績を続伸させている所もいくつかあります。例えば、東京ディズニーランドを運営しているオリエンタルランドは入園者数が増加し続けていることもあって、右肩上がりの状況が続いています。業績と同じように株価も右肩上がりの状態を続けています。こういった知識をつけて今後の株価の予想を立てたり分析をしていくことがやがて大金を掴むための入り口となるのでお勧めです。

会社の動向にも注目です。例えばM&Aとか合併をした会社の中には、安定して株価を上昇させている所が多いです。明治HDは、2009年に明治乳業明治製菓が合併して新しく誕生した企業です。乳業と製菓が合体したことで、スーパーやコンビニなどの納入先がもともと共通していたこともあって、物流をはじめとした間接部門の作業効率が大幅に改善しています。しかも多角化にも乗り出していて、医薬品など他のジャンルの商品の取り扱いも行っています。このような質も量も両方獲得する姿勢が、特に機関投資家の間で交換されていて、株価が安定して上昇しています。

他にはブリジストンも、アメリカのファイヤストンやバンダグというタイヤ再生業大手などの有力企業にM&Aを仕掛けたことで、世界のタイヤ業界の中でもトップを独走しています。その部分が評価されて、近頃の株価は安定して推移しています。会社の最近の動向をチェックして、購入する銘柄を決めましょう。