株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

株式投資で勝ち組になる人の特徴

スポンサーリンク

株式投資に注目している人もいるでしょうが、株投資をしている投資家の中の9割はトータルで見ると損していると言われています。特に何年も株投資を続けている人を見ると、勝ち組に入っている人は少数で、どちらかというと負け組です。成功を積み重ねやがて自分が勝ち組に入るためには、いくつか心がけておくべきことがあります。

まずは株投資でなにがあっても自分自身の感情をコントロールできる人が、株式市場を制するという点です。投資家で利益をあげている人を見ると、一時の感情では流されない冷静さを持っています。例えば自分の購入した株式の銘柄の株価が下落した場合、勝ち組の人は一定のラインに来たら迷わず自己判断で売ってマイナス損失を確定します。いわゆる損切りです。ところが一般の投資家は、この損切りの決断がなかなかできません。「いずれ株価が上がるかもしれない」といったプラスになる可能性を信じて淡い期待をする人もいれば、自分が負け組みになりつつあるのを認めるのが嫌という人もいるでしょう。しかし損切りという自己判断がなかなかできないとどんどん株価が値下がりして、自分自身で損失を膨らませ、結果マイナス一直線にもなりかねません。

逆も重要です。自分が購入した銘柄が上昇局面に入った時、一定のラインに来たらまだ株価が上昇していても、売って利益を確定させる人が成功します。人間には欲がありますから、今売ればかなりのもうけが出るのに「もう少し待てばもっと利益が出るだろう」と考えてずるずると売るタイミングを先延ばしにし、株価が下落局面に入ったところであわてて売るケースがあります。その結果、手に入るはずだった利益を自分自身でみすみす逃してしまう要因になるのです。大きく勝とうとするのではなく、小さな勝利でも確実に手に入れる、そしてそれを積み重ねれば、結局大きな儲けを得られ勝ち組になれるかもしれないのです。

優秀な株式の個人投資家は、自分自身の感情をコントロールしています。そして自分の中で資産運用に関するルールを設けています。そのルールの中で、淡々と資産運用するのです。迷いや欲、恐怖といった感情を断ち切り自己判断をするのは人間、難しいかもしれません。しかし精神面で感情をコントロールする手法をもっていないと、なかなか株式投資で勝利するのは難しいです。感情が前面に出てきてしまうと、自己判断が鈍りがちです。一攫千金を狙うスタンスはいったん捨てることです。いろいろと試行錯誤をして経験を積み重ね、例えば値幅制限を設けるなど自分自身の株投資売買ルールを身につけることです。

株投資の世界に絶対儲かるはありません。メディアで取り上げられているような有名なトレーダーでも、時として取引に失敗することもあります。そこで株式投資初心者は、最初はプラス利益で勝つことを考えるのではなく、まずは負けないことを自分自身で検討しましょう。ネットや四季報から新興市場の動きをみたり情報を得て、しっかり知識をつけていけば、負けない、すなわちマイナス損失を出さない、せめてプラマイゼロにするはどうすればいいか、こちらを優先して有言実行してみてください。