読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

株式投資で成功するには

株式投資の勝ち方

株投資で株取引を行う株の世界はまさに「習うより慣れろ」だと思って下さい。自動車の運転と似ている所があって、子供のようにいろいろ勉強するよりは実際に株取引をして慣れていってみてください。自分自身の資金を投資している銘柄の株価の上下動は投資先の会社の業績や流行、為替、政策といったいくつかの要因に影響を受け利益に関わってきます。しかも同じ要因であっても、毎回同じ結果になるとは限らずなかなか資産運用も思うように行かないかもしれません。このような複雑な株式マーケットを理解するためには、実際に売買する方法をとって肌感覚として株取引を身につけた方が良いです。最初のうちは株取引で損失を計上する可能性も高いですから少額で始めていきましょう。そうした方が株式投資の世界ではある程度成功しやすいです。

株式市場が動く要因にはいろいろとあります。その中でも銘柄の流行は結構大きなファクターになりえます。流行している会社や業界には、お金が集まってくるものです。つまり流行をつかんで、トレンドに乗っている銘柄を購入すると儲かりやすくなります。トレンドをつかむためには、常に世間の動きにアンテナを張る必要があります。今後何が来るかを判断して、関連する株式を購入してみてください。

お金の問題になると、知識と情報が重要です。確かに株式運用をする時にも、銘柄選択方法には株式の銘柄や業界や会社の情報、全体のマーケットに関する情報を得ることは大事です。しかし知識と情報通りの展開に必ずしもならないのが株式投資の難しく、奥の深い所です。時には自分の感覚を信じて運用することも成功するためには大切です。感覚は、株取引の経験を積み重ねることで身についてくるものです。株式の勉強を続けるのではなく、少額でもいいからとりあえず株式のマーケットに参加して、株取引の感覚を身につけることは大事です。

株投資は株価が1番安い所で購入して、1番高い所で売り抜けるやり方が理想です。しかし株しだいではここにこだわり過ぎると、損失を計上する確率が増しリスクが高まります。マーケットには個人投資家機関投資家がいます。株式市場を動かしているのは、機関投資家です。実は最初に情報が伝わるのは機関投資家で、個人投資家に情報が伝わるのは後なので、個人投資家に伝わってくるころには底やてっぺんではないことが多いです。「ある程度の儲けが出ればそれでいい」程度のライトな感覚の投資センスをもって株取引を行うのが成功するための秘訣です。

株投資においては投資歴や投資知識に関わらずベテランの投資家でも、勝率は6割程度といわれていて特に特別の秘訣があるわけではありません。株初心者であれば誰もが失敗するのが株投資です。そこで体験談として成功のカギを握るのが、損きりできるかどうかです。購入した特定の会社の銘柄の株価が希望通りにならず、一定の所まで下落したら売ってしまって、それ以上の損失を防ぐ勇気をもった手法をとるといったような投資センスと危機管理も求められます。