読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

株式投資をする際のテクニックとは

株式投資の勝ち方

株投資を行うにあたって、株取引における投資テクニックをまず身に着ける必要があります。株取引の方法は大きく順張りと逆張りの2種類に分類できます。順張りとは、投資先の会社の銘柄の株価が高くなると予想された場合にその流れに乗って取引をする投資テクニックの方法です。例えばある銘柄の株価が底を打って、上昇局面に入ったとします。普通に考えるとその銘柄は、当面上昇局面が続くと考えられます。そこで上昇トレンドの途中で株式を購入し、ある程度値上がりしたところで売却して利益を確保する方式です。トレードなど銘柄を購入するタイミングさえ間違わなければ、この方法で株売買をすれば儲けの出る可能性は高いです。投資経験の浅い株投資初心者におすすめの投資手法なので覚えておいてください。

逆張りは順張りの逆で、株価のトレンドに逆らって購入する投資テクニックです。例えば下落傾向の続いている株式をあえて購入するという方向性に進むわけです。短期的に見れば含み損が発生して赤字に転落する可能性は高いです。しかし長期的にみるとどの銘柄もある程度下落すれば、再び株価は上昇してくるものです。下落トレンドの中で株式を購入し、上昇局面に入ったら売却して利益を確保するわけです。

逆張りの代表的な投資テクニックに、リバウンド買いという投資手法があります。リバウンド買いとは、株価が一時的に安くなったときに購入する方法です。一時的に下落すると、その反動から直後に株価が急上昇することが往々にしてあります。ただし逆張りは上級者向けの投資テクニックといえるでしょう。というのも株価は上昇よりも下落するときのスピードが速いからです。売るタイミングを間違えると、大きなマイナス損失を被る可能性も否定できません。

株投資は、購入する側と売却する側の思惑がいろいろと交差している心理戦の真っただ中といった印象があります。戦う際にはまず敵を知ること、これは株投資の世界でもいえることです。株投資の場合、敵は機関投資家です。なぜなら機関投資家は大きな資金を動かします。機関投資家の動きでマーケットも大きく動く可能性が高いです。機関投資家の行動パターンを把握して、それを自分の投資に生かせば勝利できる可能性が高いです。

機関投資家と戦ってもその資金力の規模が規模ですから、必勝法の存在しない株投資の世界においてはまともにやりあうと勝負になりません。そこで機関投資家の逆を行く投資テクニックも、利益を上げるための手法といえます。機関投資家時価総額の大きな銘柄を相手にして、ニュース記事などから世界経済や日本経済の経済状況や日経平均株価、そしてファンダメンタルズを参考にファンダメンタルズ分析をしながら資産運用することが多いです。そこでその逆である、時価総額の小さな銘柄とか新興市場などのニッチな銘柄を使って現状は運用してみてください。個人投資家が相手になりますから、証券会社や投資先の会社のHP閲覧など情報収集を真剣にやって知識をある程度つけて挑めば勝利できる可能性は高まります。