株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

タイプ別株式投資で狙い目の銘柄とは

スポンサーリンク

株式に関する書籍や雑誌や株投資関係のサイトでしばしば狙い目株の株式銘柄について紹介されています。しかし狙い目は、分散投資や集中同士など投資家がどのような株投資スタイルで運用するかによって変わります。例えばあまり手持ちの余裕資金の少ない個人投資家の人は、少額投資のある程度小さな金額のお金でスタートすることになるでしょう。3万円以下程度の銘柄を対象にするなら、配当をチェックしてみてください。3万円以下の銘柄の場合、無配当も少なくありません。しかしいくつか魅力的な優待内容のものも見られると言います。もし優待が手に入れば出資額が少ないですから、実質利回りのキャピタルゲインは10%以上になるケースも実際あります。投資スタンスとして株式投資初心者はこういった会社の株式銘柄を中心に株投資先の狙い目株としてみてください。

ジャスダックやマザーズといった新興市場で運用する場合、ベンチャー企業が相手になります。新興市場に上場している株式銘柄の場合、今後大化けして大幅株高に至る可能性を秘めている会社の関連株もあります。ただしリスクも大きいですから割安で放置されている銘柄をベースにして、チャートや証券会社の分析レポートを含めてどれが狙い目の株式銘柄であるか購入法を探してみてください。割安の株式銘柄であれば、たとえ損をしても被害は限定的でしょう。例えばシダックスというカラオケチェーン店を展開している会社などはこの条件に該当します。日本全国に店舗を展開していることもあって、手堅く利益を上げられる可能性は高いです。そのほかにも電気量販店のノジマなども、株投資先としては割安株の一種で狙い目株だといえます。

割安株が市場にはいくつも出回っています。割安株の場合、配当利回りが高くなります。株式市場の世界でこのような割安株にターゲットを絞る場合、チャートの見方としてPBRが1倍以下で、PERが15倍以下の銘柄に狙い目株を絞ってみましょう。例えばTHEグローバル社という不動産業を手掛けている会社があるのですが、配当と優待利回りのトータルである総利回りが良くて、お得感が高いと言われています。そのほかにも、イオン北海道保有期間と保有株式数に応じて割引券を発行しています。この割引券は、イオンやマックスバリューで使用でき、安くて2500円、高くて1万円分の割引券がもらえます。日用品の買い出しは誰しも必要なので長期投資にも向いていて利便性が高いメリットのある投資先だといえます。

狙い目株の銘柄を探す場合には、インターネットサイト上の証券会社の提供する分析ツールを活用することです。条件を入力すると値上がり銘柄数、値下がり銘柄数など該当する株式の銘柄が一覧で出てきます。しかも銘柄の比較も簡単にできるため、どれを購入すればいいかの一般的な視点から判断もしやすいです。ネット証券のWEBサイトで情報収集して株式売買の参考にしてみましょう。