株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

株式投資におすすめの教材選び

スポンサーリンク

株式投資の初心者が投資を始めるにあたり「指南書が欲しい」と考える方もいらっしゃるでしょう。株式投資関連の教材はたくさんあります。良い教材を選ぶためにチェックすべきポイントとは?

株式投資教材選びのポイント
  • 教材の目次、内容が具体的に書かれているか?
  • 他の教材との違いを詳しく説明しているか?
  • 学習法の内容が詳しく書かれているか?
  • 著者オリジナルのノウハウが書かれているか?

教材の目次、内容が具体的に書かれているか?

株式投資教材を入手する際、インターネットの株関連サイトで「株式投資の勉強方法」について調べるのではないでしょうか?その中で紹介・販売されている教材について、内容の目次や詳細が説明されているかどうかを確認しましょう。

こちらの内容は株だけではなく、他の投資手法でもある先物取引やFX関連でも同じことが言えます。

詐欺商材ではなくまともな教材であること

その教材を販売されている方が自信を持ってオススメしているのであれば「この投資教材のどこが良いのか」「どのような内容が書かれているのか」を具体的に説明できるはずです。「投資は絶対儲かる!」といった謳い文句のネズミ講マルチ商法、詐欺まがいの儲け話を連想させるような教材は購入すべきではありません。

学習法の内容が詳しく書かれているか?

学習法など内容が詳しく書かれた株式投資教材の中には、10万円を超えるような高額な商品もあります。しかし中身を見てみると、投資に関する書籍を2~3冊買えば得られるような内容しか書かれていないものもあります。

株式投資の初心者であれば、高額な教材を入手する必要はありません。書店に行けば株式投資関連の解説本がいくつも並んでおり、わざわざセミナーに行かなくても独学でも勉強することができます。

まずは、このような本で株式投資をはじめとする投資の基礎知識を身につけてください。その上で、投資についてさらに上級の知識やテクニックを身につけたいと思うのであれば、金額に見合った知識が得られそうな高額の株式投資の教材を購入すれば良いと思います。

著者オリジナルのノウハウが書かれているか?

株式投資教材選びで重要なのは「その書籍でなければ得られない内容が書かれているかどうか」です。

株式投資の経験者である著者オリジナルのノウハウが書かれていないのであれば、わざわざお金を出して購入する必要はないでしょう。

信用度が高いカリスマ投資家の教材であれば、検証量も豊富で知識や経験をもとに試行錯誤し見つけ出した投資スタイルを反映しているはずです。

そのような教材であれば、他の書籍には書かれていない著者オリジナルのノウハウを知ることができるでしょうから購入価値はあると言えます。ただし、著者の信用性はきちんと確認すべきです。

■著者の信用性を調べるには?
  • 著者自身が運営するブログやツイッターを隅々まで確認
  • Google検索で「著者名+口コミ」や「著者名+評判」などで著者情報を調べる
  • アマゾンでも販売されているのであればレビューを確認
  • 法人化しているのであれば会社の公式ホームページを調べる・・・etc

株式投資は誰でもできますし株式評論をするにあたり免許も必要ありません。株式評論家と名乗る人はネット上に無数といます。

株式評論家は、株式投資の詳しい知識がある”評論家”であり、自分ではトレードをする”プレーヤー”ではないことが多いです。

株式投資に実際に挑戦しようと思うのであれば、その世界で勝ち続けている実績ある投資家の情報を参考にすべきです。株取引でどれくらい利益を出し、どれくらい実績があるのか?その実績は本当のことなのか?などネットなどで調べてみてください。

返金制度がついているか?

株式投資の教材を自分なりに選んだり知人や友人からの勧誘で申し込み、高額な費用を払ったにも関らずその価値がなかったと感じることもあるでしょう。

大学生相手に友達を紹介して紹介金が得られる商材やソフトが紹介されている場合や団体もあります。

また、ネット販売されている株式投資教材の中には「金制度」の付いている商品もあります。もし内容に納得できない場合は、購入費用を返金してもらえるという制度です。これなら安心して購入できるのではないでしょうか。

このような返金制度をつけているのは、著者が内容に絶対の自信を持っていることの裏返しとも言えるので購入時の判断基準にしてみてください。

まとめ

株式投資の初心者であればいきなり高額な教材を買わず、まずは一般の書店でも販売されている入門書を何冊か読んでから、自分の目的と照らし合わせ「自分に必要な情報」が得られる教材の購入を検討した方が良いです。

株式投資の一般的な基礎知識を身につけ、ある程度自己判断できるようになってから価値ある教材を購入してはいかがでしょうか。