株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

配当金で稼ぐ株式投資の方法

スポンサーリンク

株式投資の中には、いわゆる株投資による株取引での利ざやで稼ぐキャピタルゲインインカムゲインがあります。インカムゲインの中に、配当金を使って稼ぐ方法があります。株式会社で業績好調のため利益が出た場合、出資をしてくれている株主に一部利益を還元するシステムをとっています。これが株取引での利益ひとつである配当金です。ちなみに、決算時期になるとよくテレビ番組でも取り上げられますが、配当金がその企業の製品だったりサービスだったりする株主優待券だったりすることもあります。もし配当金での株式運用で株収入による配当金生活をしようと思っているのであれば、自分自身が知る範疇でより高利回りのものを探すべきです。そのためには、株取引で得られる配当金の計算方法をマスターする必要があります。

たとえば皆さんが1000円で株券を購入したとします。そしてその会社の1株当たりの利回りが50円だったとします。この場合、配当利回りは5%という計算になるわけです。しかしこの配当利回りが株式を保持し続ける中で下がってしまうことがあります。もちろん業績悪化に伴う配当金の減少があります。そしてもう一つ、投資先株価の値上がりによるダウンです。たとえば先ほどの例で紹介した1株1000円の銘柄があったとします。これが急騰して、1株2000円の株価をつけるようになったとします。この場合配当金がそのままであれば、配当相当額に対し2.5%の利回りになります。配当利回りの金額が半減してしまい、配当金で効率よく儲けることができなくなります。これはあくまでもプチ小遣い稼ぎなどではなく投資先からの配当収入だけでの資産運用を仮定していますが、自分自身が配当金生活をしようと考えるのであれば、株取引での収入額を増やすにあたっては株価や業績の上がり下がりを常に見ておくことは大事なことです。

この場合、配当利回りの下がった株式は売却してしまって、他の高配当株に乗り換えるのがいいでしょう。しかも先ほどの事例のように、もともと1000円だった銘柄が2000円に跳ね上がったためその株式を売却する場合、かなりの大きな売却益を獲得できます。皆さんの中でインカムゲインによる資産運用を考えている人は、ハイリスクハイリターン故、当然自己責任によるリスクがありますので覚悟も必要にはなりますが、このような配当利回りがどのようになっているかをしっかりとチェックすることです。

ところで高配当株を選ぶときにはどのようなポイントに注意すればいいのでしょうか?ここで重要なのは、決算の状態を確認することです。決算の結果が安定している所は、今後もコンスタントに配当金の出る可能性があります。決算が良くなったり悪くなったりしていると、配当金の増減も不安定になります。

配当金を得て、ある程度資金が貯まったところで、別の銘柄に投資する方法もあります。このようにすれば、分散投資をおのずと行えるわけです。分散投資株式投資の世界では、リスクマネージメントをするにあたって重要なことと言われます。一つの株価が急下降しても、ほかの銘柄が安定していれば損失分の穴埋めができるからです。