株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

月5万円株式投資で稼ぐには天候情報がカギ?

スポンサーリンク

自分で月平均5万円程度のお金を目標に株式投資で稼ぐためにとる方法は、しっかりと自分がしている投資について、投資先や株価の見方、そして投資方法は間違っていないか、といった情報の分析をすることです。自分がネットなどで得た知識からできるだけ多角的に情報を分析して、今後どの銘柄が上昇トレンドに入るかを確認しましょう。株価はそれぞれの企業の業績と密接な関係にあります。業績好調の企業の株価も高騰します。そして企業業績ですが、興味深いことに天候によって大きな影響を受けるといわれています。具体例として梅雨時に雨の降る日が続けば、傘などの雨具関連商品のメーカーの業績はアップします。また夏場猛暑になれば、エアコンやビールなどのメーカーの売れ行きが好調になるわけです。さらに冬場厳しい寒さになった場合には、暖房器具やなべなどのメーカーの業績が上昇し、株価も上がります。このように天候を意識して事業内容から投資先を選定した上で株式投資をすれば、いくら株投資の素人投資家や子供をもった専業主婦の方、あるいは在宅ワークやバイトで働きながら学生をしている身であったとしても最大月平均5万円程度の利益を上げて儲けることまた長い目で見ればいわゆる本当の勝者になることもこの資産運用方法であれば可能になるかもしれません。

自分で株式投資の方法で月平均5万円程度のお金を目標に大きく稼ぐためには、周りよりも半歩程度の株価などを先読みすることが大事です。天候で今後の銘柄選定をするのであれば、毎月25日の14時頃が一つの指標になります。天気に関するニュースを見ると、時折「3か月予報」なるものが紹介され、投資先を選定するための良い資料のひとつとなります。この3か月予報は気象庁が発表しているもので、文字通り今後3か月天気はどうなるかの予報をリリースしています。この3か月予報は毎月25日の14時頃に公表されます。例えば4月25日になったら、5~7月の予想が該当します。7月くらいまでの予報であれば、たとえ株知識に乏しい投資初心者であってもある程度今年の夏は猛暑なのか冷夏なのかが予想でき、投資での儲け方についてある程度の指標となるでしょう。

補足ですが、3か月予報は新聞やニュースなどでも発表されます。しかしやはりここは気象庁のホームページで確認するのことおすすめします。なぜなら気象庁のホームページの3か月予報は、14時頃に掲載されるのでそのスピードが魅力です。14時ということは、そこで情報を仕入れ株式マーケットにアクセスすれば、その日のうちに注文できます。新聞やニュースの発表を待っていると、すでに株式市場は閉まっていますから、翌日以降の手続きになります。少しでも早く関連する銘柄を購入して、より大きな利益をゲットするためには、25日の14時に気象庁のホームページにアクセスする習慣をつけましょう。

たとえば夏、猛暑になるのか冷夏になるのかは気象庁の3か月予報の発表を待たざるを得ません。しかし発表されてから「どの銘柄を購入しようか?」では遅いです。「猛暑ならこれ、冷夏ならこれ」といった感じで購入する株式の銘柄を絞り込んでおくことです。猛暑の場合、ビールや飲料、アイスクリーム、エアコンメーカーなどの銘柄に人気が集中します。このように最低でも発表前に投資先の銘柄をあらかじめ選定するなど、何事も準備する気持ちが大事です。