株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

株式投資で月100万円稼ぐための3つのポイント

スポンサーリンク

自分の元手資金を使って、株式投資で大きく月平均100万円程度のお金を株収入として利益を出すためには、3つのポイントを押さえる必要があります。1つ目の重要なポイントは、株取引での戦力を一つに絞ることです。たとえばテクニカル分析と言って、チャートなどを使って過去の傾向を見て株の売買の戦略を練る方法があります。個人投資家の中でもよく使っている戦略の一つでしょう。しかしテクニカル分析一つとっても、いくつもの戦略があります。そこでどの戦略で株式運用をしていくか決めましょう。現在人気なのが、ピボットポイントの戦略と呼ばれるものです。一言でいうと前回の高値を超えたポイントになります。戦略を一つにすることで、シンプルにトレードをしましょう。複合的に分析をしても良いですが、いくら皆さんが株取引の経験者であっても均等に扱うとかえって考え迷いを生むだけです。一つに絞って運用することが大事です。

2つ目の株式投資で大きく月平均100万円程度のお金を株収入として利益を出すためのポイントとして、株価の期待値と破産確率の計算をすることがあります。期待値や勝率を計算して、エクセルシートに記録しておきましょう。株式投資で失敗する人も多いですが、その中で多いパターンが自分の感情に任せて運用するケースです。感情的になると冷静な判断力が伴わなくなって、どうしても運用で失敗することが多くなります。そこで期待値や勝率を計算して、機械的に運用するスタイルを確立することです。こうすることで「もし運用に失敗したらどうしよう」といった考えから不安を感じたりなどメンタルの不安定さを払しょくできます。

最後3つ目の株式投資で大きく月平均100万円程度のお金を株収入として利益を確保する方法が、逆指値注文をすることです。ある株式の取引をしたとき、成約したと同時に逆指値注文します。もし損失ポイントを超えてしまうと、損切りが難しくなってしまうためです。逆指値注文を入れておけば、損失が発生しても最小限度に抑えられます。株式投資は、いくら株知識や経験が豊富な株取引のベテランで実力のある人でも連戦連勝というわけにはいきません。そこで利益を出すことも大事ですが、いかに損失を少なくできるかも重視しないといけません。もし逆指値に失敗して、自分の購入した銘柄が下がってしまったのであれば、最悪塩漬けにしてしまって損失を確定させない方法も使ってみましょう。いずれにせよ、月平均100万円ものお金を利益として上げられたなら、将来の子供のための貯金や蓄え、もしくは趣味や更なる株式投資の元手資金など、どんな事にも備えられるため、あとあとの事を考えてネットなどからもあらゆる知識や経験者の意見などを取り入れ、堅実に運用できるのなら言うこと無しです。

株取引での損失は、取引でのマイナスが大きくなればなるほど取り戻すのがあとあと厳しくなります。どんなに株知識のある株初心者でなくても、投資方法の違いによって変わるため、儲け方次第ではマイナスがでる可能性や状況は否めません。ですから、株式投資で大きく月平均100万円ものお金を株収入としてプラス利益を出すのも至難の業になります。できれば損失は10%までに抑えておくべきです。自分の元手資金が少なくて少額投資をしている人であれば、5%以内で損切りのルールにするのがいいでしょう。リスクを最低限に抑えるためにも損失が出たら思いは様々かと思いますが早めに見切りをつけることも大事です。