株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

株式投資で大損する人は損切りの出来ない人

スポンサーリンク

株式投資は投資家の自己責任にはなりますが、株取引や投資信託でうまく運用できれば赤字をだしたり失敗すること抑え、短期間で瞬時に大金を掴むのは難しいかもしれませんが自分自身の資産を増やしていけます。株初心者の方へのアドバイスとして、忘れてはならないのが、株投資は絶対にお金が儲かる内容の投資法ではない点です。株投資は儲かってプラス利益で黒字になっている状態のときは良いですが、もし自分の購入した銘柄の株価が下落した状態になったらどうするかを常に考えておく必要があります。株価が下落しても、一定の損失に抑えるために早々に売却して損失を確定する方法を損切りといい、決断するポイントは損切りラインともいいます。この損きりの出来ない人は、時に大損をこうむることも少なくありません。大損を発生させないようにしようとするためにも、大損が起きるまでになりがちな心理状態を理解しておきましょう。

まず自分が購入した銘柄が下落しだしたとします。この状況で反発を待とうとする人がいます。株式投資で失敗した人のよくある体験談ですが「この下落状況は一時的。もう少し様子を見ていれば、反発して株価も上昇し黒字になるだろう」という自分自身に都合の良い何の根拠もない予測をしてしまうことです。もちろん具体的な根拠があってそのように判断をしようという分にはいいです。ところが単なる希望的観測で売り時を逃す個人投資家は多いです。根拠がないまま売買のタイミングを先延ばしにするという考えは、株取引においてどんどん株価が下落し続けリスクは増大するばかりか、やがてこれが赤字を出した上に大損し、利益どころか自分の貯金などのお金を失う事につながる可能性もあるので特に株初心者のかたは注意が必要です。

そうなると購入した株式の大幅な株価の下落から大金を失い大損する人はどうするか、というと「もはやここまで株価が下がると売れない、塩漬けにしてしまえ」という考えになるわけです。あくまでも損失の確定するのは株を売った時ですから、この時点ではただの含み損です。塩漬けにしてしまって、首を長くして株価が戻ってくるのを待つ、このように覚悟し、塩漬けの方法をとるわけです。塩漬けにするのは決して悪いことではありません。しかし大損をする人の中には、なかなか勇気が持てず、決断するという気持ちが強くない人もいます。

塩漬けにすると決めてからさらに購入した株価が下落してどんどん値が低くなっていくと、動揺が始まります。「このままいくと大損してしまうのではないか?」「今売らないと取り返しのつかないことになるのでは?」と考えるようになります。その結果ろうばい売りとも言われますが、かなり株価の下がったところで損失を確定させてしまうのです。早めの段階で売ってしまえば、損失も最小限に抑えられたものが、大損を食らってしまうわけです。そして「もう株は懲りた」と言って、資産運用を諦めてしまう人もいます。

株式投資で大損や失敗しないためには、自分自身の株取引の売買ラインを決めておくことです。自分が購入した時の価格の何パーセントダウンになったら株を売ってしまう、このようなルールです。確かにそのラインにきてその後反発する可能性はあるかもしれません。しかしラインにきたら売ると機械的に行った方が、損失をコントロールできます。リスクやダメージを最小限にすることも、株式投資では大切ですから自分自身のルールは作るように心がけましょう。