株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

株式投資初心者に教える、これだけはやってはいけないこと

スポンサーリンク

自分で購入した株式投資での株式売買は儲けが出る可能性のある一方で、損失の出るリスクもある金融商品です。その点を理解して、以下で紹介する株取引でこれだけはやってはいけないことを肝に銘じておきましょう。まずは自分の持っている目いっぱいのお金で株取引での勝負をするといった方法は絶対にしないことです。株式の知識に乏しい人たちは、銀行で自分の預金では足らずに将来や子供のための定期預金を崩したり、それでも足らずに知人や友人達に借金をしたり、それにも増して希望退職での退職金やひいてはご主人に内緒で年金支給額の大半などの生活費に手をつけてしまい、手持ちの資金を全部使って借金を背負ってまで株式投資で勝負する方法をとるケースが案外多いです。確かにこの株取引に成功すればリターンは大きいですが、失敗した時にそのお金や友達・周りの人間関係などをすべて失うことになりかねずそのリスクは大変大きいです。ですから最初の内は、なるべく少額で株式の運用をすべきです。一般論ですが株式投資は短期間で結果を求めようとするのではなく、中長期的な視点で見ることです。最初の内は知識も少なくノウハウもない人たちは、誤った行動から株取引に失敗することが多いです。自分の独学を信じて独りよがりになるより、勉強方法と知識を得るための一種の授業料だと思って、実際に自分で購入した株式を株取引の売買をするという運用方法を試してみる事をお勧めします。ネットなどで得られる知識からまずは他人の意見を聞き入れ行動してみることもアリなのではないでしょうか。

経験の少ない人たちは低位株の購入による一発逆転をしようなどという構図を安易な思いでこのような対応方法をとるべきではありません。低位株とは、100円以下の株価で取引されている株式銘柄をさします。一般的には個人投資家で初心者の場合、元手資金が少ないです。低位株であれば購入できるでしょうし、今後株価が戻ってくれば大きな儲けを獲得できるかもしれないと考えるようです。100円以下の低位株が、高値に予想外に反発する可能性は正直言って低いと思ってください。なぜ低位株になってしまったのか、それはそれ相応の理由があるはずです。業績が悪化している、在籍状況が悪化しているなどの理由です。その後もじりじりと株価を下げていって、倒産してしまい、結局その株式はただの紙くずと化し自分が大損してしまう可能性も十分あります。

ただし低位株の中には、今後大化けする銘柄もあることはあります。そのような銘柄を購入して、大儲けする人もいました。しかしかつて配当金があったのに今では無配になっている企業、1株当たりの連結総資産額が50円以下の会社、連結剰余金がマイナスといった会社は倒産の可能性大です。このような低位株には絶対に手をつけないようにしましょう。

株取引の行われている平日の日中を専門用語で、場中といいます。株式投資をしながら会社勤めをしている周りの人たちの中にはデスクのパソコンを使って、もしくはスマホを使って悶々とした思いで株取引の株価ウォッチングをしている人もいるでしょう。しかし株式投資初心者が場中の株価ウォッチングをすべきではありません。株価は取引中常に上下動を繰り返しています。株価が上がっているときに喜び、下がっていると不安に感じがちで、このように精神的に不安定なパニック状態で仕事をしていても、どうしても株取引のことに頭がいっているので本業はおろそかになりがちです。そもそも何度も株価ウォッチングした所で、株で儲けられません。仕事をしているときには仕事に集中しましょう。