株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

株式で挫折…そんなときの対処策

スポンサーリンク

株式投資をしていて、損失を計上してしまい最初から資産運用に挫折しかかって気持ちが沈んでいる人もいるでしょう。そのような場合、いったん株式マーケットから引き上げるという選択肢もあります。株式投資をしていると、ある程度負けの混むことはベテランの投資家でも往々にしてあることです。このような時には悪い流れになっていると思って、無理に投資を続けることをせず大損をする前に取引を一切やめてしまうのです。悪い流れの時に自分がムキになって投資をし続けた結果、傷口が広がり大損に至るといったような事例も結構多いです。自分のお金がある程度無くなってくることの気持ちの焦りや動揺で、周りの友人からの意見やアドバイスなどどんな言葉も耳に入らず冷静にマーケットの分析ができる気持ちがもてなくなって、ますますドツボにはまるわけです。ですから株式投資で損失を計上してしまいもし挫折しかかっているのであれば、無理してこのタイミングで資産運用しなくてもいいでしょう。

皆さんが挫折を繰り返さないポイントとして、一つ目にお金をかけずにマーケットを見る、デモトレードをすることをお勧めします。そうすると今までよりもストレスを感じることなく客観的に状況が見られるようになりこれは大変勉強になり自分の知識や経験の底上げになります。そして市場のトレンドを把握することが大事です。株価は短い期間で見てみると、上下に常に動き回っているように見えます。しかしもう少し時間軸を広げてみると、大きなトレンドを持っていることが多いです。一つの方向性を持って動いていることがわかります。株式投資初心者はこのビッグトレンドを把握しきれないで運用して失敗するパターンが多いです。そこでチャートを見るときに、半年間の株価の流れを見ていきましょう。半年程度のスパンで見れば、ビッグトレンドが浮かび上がってくるはずです。そしてそのビッグトレンドに乗るような形で取引していけば、自分が利益をあげられる可能性が高まります。

皆さんが挫折を繰り返さない二つ目のポイントは、自分の損切りの考えやその方法、つまりトレードスタイルの見直しをすることをお勧めします。株式投資で失敗する人で多いのが、うまく損切りの出来ない人です。「この銘柄は株価が上がるだろう」と思って特定の株を購入するわけですが、時として思い通りにいかず、購入してしばらくしたら購入価格よりも株価が下落していることは十分あり得ます。このような時にある程度のラインにきたら売ってしまって、損失を確定すべきです。損失を確定することに抵抗を覚える人も多いでしょうが、ミスをして大きな損失を出さないためにはむしろ重要なことです。むしろ株価の下落している銘柄で粘るよりも、とっとと損切りをしてほかの銘柄に資金を回した方が投資効率で見ても有利です。

最後に、このように皆さんが挫折をしたときには、いったんマーケットから離れて自分の投資方法つまりトレードスタイルに問題がなかったかどうかを考えてみることです。そして方法に問題が発覚すれば、その対策をして再度株取引にチャレンジすれば、株式投資の投資初心者であっても失敗して大損するリスクも最低限になり、今後の株取引にもそして今後の投資家人生にも自信がもてるはずです。