株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

板読みで株式投資のタイミングを知る

スポンサーリンク

株式投資初心者であってもなくても株式投資に成功するかどうかは、購入した銘柄の売買のタイミングを誤らないようにして如何に利益を出すかということです。多くの投資家は、チャートを見て売買のタイミングを計っているはずです。しかし株投資をするにあたって、購入し保有している銘柄のチャートだけでタイミングを計っていると、いずれ運用成績が停滞する状態の局面を迎え利益がなくなるかもしれません。実際の株投資をチャートだけで投資している人の中には、なかなか勝率を上げられないことで悩んでいるケースも多いです。チャートだけでなく、板の読み方もマスターするとあまり損をせずとも良くなるでしょう。板の読み方がわかると、場の雰囲気とか株式の動きの強弱の感じや状況など買い方の理想タイミングや数字もわかってくるはずです。

ここで登場する板とは、株式の売買をしたい株投資関係の人がその売買意思を並べておくための場所です。つまりマーケットで株取引している人の注文状況や考え方がわかるわけで、引いては今後の銘柄の株価の値段の動きもある程度予測しやすくなるわけです。板には真ん中に株価、左側に売り注文、右側には買い注文の数が表示されます。もし皆さんが特定の銘柄にある程度の購入価格で買い注文を出したとします。すると、もし現在よりも高い価格設定になっていたら、あなたの注文は、買い注文の板に反映されます。注文がたくさん入っている銘柄は、板の厚い状態の銘柄と呼ばれます。このような銘柄の特徴は、デイトレーダーを中心に好まれる傾向があります。注文が売買ともたくさんあって、流動性も高いですからトレードに失敗したとしても損切りがしやすく、リスクを抱えすぎないためあまり大きな損失にならずに済みます。板の厚い銘柄は、最悪逃げ場のあることを頭に入れておけば、リスクマネージメントもかなりしやすいです。

つぎに、皆さんに板の読み方の中でもマスターしてほしいこととして、歩み値があります。歩み値とは、約定が成立した株数を時間ごとに表示したものです。歩み値の表示される株数やタイミングを見ることで、約定された株の質を推測できます。そしてその注文が今後の値動きにどのような影響を与えるのかが予測できるわけです。

株の質ですが、個人投資家による長期投資用なのか、証券やデイトレーダーディーラーたちによる短期資金なのかといったことが皆さんでも見分けられます。前者であれば、チャート上や時間的なタイミングをあまり意識していないといった理由のものが多いです。しかし後者のように大口の買いが部分的に多く発生しているようであれば、その銘柄が今後激しく値動きをする可能性が高いわけです。このように板を見ることでも、今後どのような値動きをするかを予想することは可能です。長文になりましたが上記のようにチャート分析に煮詰まりを感じている人は、板の読み方をマスターしてみると株取引の考え方としても自分のお金を守るためにもとても良いでしょう。