株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

株式投資は絶対に儲かる保証はなし!そこでリスク管理が重要

スポンサーリンク

はじめに説明しておくと株式投資には常にリスクがつきまとい、決して絶対に儲かる金融商品ではなく、リスク商品であるとも言えるでしょう。株投資の取引に失敗すれば、大きな損失を計上する可能性も十分あり得ます。そのような中で、投資初級者ならばリスク危機管理をすることが大事です。共通ルールとして、リスク管理をしてできるだけ損失を大きくしないような準備をしておく、この点を心がければ株式投資によって比較的安定した状況で資産を増やし儲けることができるようになるでしょう。リスク管理をするにあたって大事なことは、己を知ることです。もう少し具体的には、自分が取れるリスク許容範囲を把握することです。まず資金に関してですが、生活余裕資金での運用方法を徹底してください。投資先の会社の業績によって株価は乱高下する可能性があり絶対儲かるものではないので、生活資金には手を付けるべきではありません。どの程度の損失であれば持ちこたえられるかを分析しておきましょう。

リスク管理の方法には、いくつかあります。たとえば、損切りリスク管理の一つです。購入した銘柄が常に株価上昇すればいうことないですが、時には思惑に反して値下がりすることもあり得ます。この時にある一定の値下がり幅になったところで、売って損失を確定して利益を出してしまいます。これを損切りと言って、大きな損失を防ぐためのテクニックです。損切りをするためには、自分の中で明確なルールを作ることです。「ここまで目標額からマイナスになったら何があっても売る」という決断力を徹底することです。「もしかすると値上がりするかもしれない」といった淡い期待や可能性に判断力を欠いたり振り回されないようにすることです。

あと株式投資リスク管理でしばしば指摘されているのが、分散投資です。分散投資とは、運用する取引数が複数あることです。こうすれば、あるところで損失を出してもほかのところが安定した利益を出せばその損失を穴埋めでき、総合的に見ればトントン、損失を出しても少なくできます。こういったり分散投資はリスクマネジメントのひとつでもあり、株式売買でのリスク超過を防ぐこともできます。分散投資の方法は、3種類のタイプにさらに分類できます。

まずは投資対象の分散です。異なる銘柄に投資をすれば、一つ損失を計上しても、他方でリカバリーできるかもしれません。この分散投資の場合、業種など関連性のないもので行った方が分散した効果が出やすいです。また時間による分散投資もあります。これは投資する時期を変えることです。1度にすべての資金をつぎ込むのではなく、3回に分けて投資をすることでもリスク管理が可能です。最後に投資の種類を分散する方法です。株式投資だけではなく、例えば公社債やFXといった別の金融商品を使って運用するのです。株式と債券は相反する動きを見せることが多いですから、リスク管理の観点からすると有効です。