株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

株式投資をしている人のための確定申告書の書き方

スポンサーリンク

株式投資で得た利益は、所得税法では譲渡所得という扱いになります。株式投資の取引に特定口座の源泉徴収選択口座を利用しているのであれば、基本的には確定申告はしなくてもよいことになっています。ただし、上場株式の譲渡益や配当所得と、譲渡損失とが共に発生している場合には、それらを損益通算して差し引くことができなければ、翌年から3年間繰り越すことのできる制度があります。この制度を利用するには、その間連続して確定申告をしなければなりません。

株式の売買のことを確定申告書に記入するためには、取引の内容をきちんと把握しておく必要があるので、申告書の記入の前にきちんと準備しておきましょう。証券会社に特定口座を持っていれば年間取引報告書が送られてくるので、それに記載されている取引概要を、所得税の申告書付表(上場株式等に係る譲渡損失の繰越用)に記入すればOKです。

株式投資にひとつの源泉徴収選択口座を利用しているなら、上場株式の譲渡益・配当所得と譲渡損失は自動的に差し引かれて損益通算が出ます。特定口座の開設前に譲渡損失がある場合は、そこから源泉徴収されているので、申告して繰越控除の対象にすると今回の税額が還付されます。また、給与があってそこから差し引かれたままの源泉所得税がある場合には、その金額を申告書に記入する必要があります。繰越控除や損益通算を利用することで、株式投資に課税される税金はゼロになるので、給与の源泉徴収票に記載のある金額のうち100円未満を切り捨てた額が、確定の税額となります。

以上をまとめると、株式の取引がある場合には、確定申告の申告書に、翌年以降に繰り越す譲渡損失額を記入し、上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例を利用する意思を示す必要があるということです。

確定申告に必要な申告書などの書類は、税務署に行けばもらうことができますが、手書きで書くとなると見落としが起きやすく記入漏れということになる人も多いようです。現在では国税庁のホームページ内の「確定申告書等作成コーナー」で、申告内容を記入してプリントアウトできるようになっていますから、こちらを利用する方が面倒が少なく記入漏れも起きにくいので便利でしょう。また、この確定申告書等作成コーナーから直接ウェブ上で確定申告を完結させるe-Taxというシステムもあります。これを利用するには事前に必要な機材などを用意しなければなりませんが、ペーパーレスで24時間確定申告ができるので、今後普及していくことが見込まれます。