株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

ミニ株を使えば小口でも株式投資は可能

スポンサーリンク

株式投資と言われると、どうしてもお金がかかるものといったイメージを持つ人も多いです。しかし小額でも株式運用は可能です。それは最近話題になっているミニ株という商品を使った意味のある運用方法です。通常企業の株式を購入するにあたって、100株などの単元株で購入するスタイルをとります。しかし大手証券会社の中には、ミニ株という商品の制度を導入しているところもあって、この場合100株未満の単位で企業の株式を調達できます。たとえば1万円の銘柄があったとして、単元株で購入し利益を得るためには100株とすると100万円を準備しないといけません。一般庶民が簡単に準備できるお金ではないでしょう。しかしミニ株制度を利用すれば、例えば10株購入も可能です。この場合、10万円の資金で企業の株を調達できます。株取引をはじめるハードルがかなり低くなりました。小口で資金が少ない、欲しい銘柄があるけれども株価が高すぎて購入できない場合などは、ミニ株制度を有効活用することです。

話題になっているミニ株という少額商品の売買ですが、注文方法が限定されますからしっかりと知識をつけておかないと素人はトラブルに注意しましょう。基本的には成り行き注文だけの受付になります。指し値注文や逆指し値注文などはできません。このため、仕事の傍らに会社員が自宅などで短期的に注文するようないわゆるデイトレードは不可能です。その他にも株価の変動があまり大きくないとか、購入金額が少ない場合には短期で売買するスイングトレード向きでもありません。1ヶ月単位で保有するような、ある程度長期運用を視野に入れた投資を検討しないといけません。

まず、決められた時間内に株の買い注文を出します。するとその翌営業日の寄付きの値段や前場後場終了の価格で買値と売値が決まります。ちなみに値段のつけ方は、証券会社によって異なりますから注意が必要です。多少含み益が出ている展開でも、相場によっては寄付けや引けで株価が値下がりしてしまって、結局損失を計上する結果になってしまうリスクも十分考えられます。その他にも約定すれば、約定手数料を負担しないといけない点にも注意です。中期向けの投資スタイルになると思ってください。

ちなみにミニ株を取り扱っている証券会社ですが、大手証券会社の一つであるSBI証券があります。S株と呼ばれる商品がミニ株になります。マネックス証券の場合、そのままミニ株で取り扱いが行われています。松井証券でもミニ株のサービスがあって、単位未満株の名称で取り扱っています。ちなみに約定手数料を見てみると、SBI証券が約定代金の1.5%、マネックス証券が0.735%、松井証券が0.63%となっています。最低や上限などの決め方も様々なので、多角的に見て皆様がどこの証券会社を自分の利用証券会社にするか決めた上で口座開設するかを決めましょう。