株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

株式投資をしている人は確定申告により節税できる可能性がある

スポンサーリンク

株式投資をしている人は、確定申告をすることによって節税ができる可能性があります。節税の可能性があるのは、株式で損失を出した場合、複数の証券会社で株式を運用している場合、証券会社に源泉徴収ありの特定口座を持っている場合が考えられます。

1つめの株式で損失を出した場合の節税ですが、確定申告で譲渡損失の繰越控除の制度を利用します。この制度は、株式運用で出した損失金額を繰り越すことができるので、翌年以降に株式で利益を上げた場合、その利益と繰り越した損失を通算することができます。要は、損失を出した翌年以降に株式で利益を得た場合に、これまでの損失を差し引きすることができるので、課税金額が抑えられるというわけです。ただし、繰り越せるのは最大3年間となっています。

2つめの複数の証券会社で株式を運用している場合の節税ですが、確定申告の時に損益通算をすることで課税される金額を抑えることができます。一例を挙げて説明すると、A社とB社という2つの証券会社で株式を運用しているとして、A社では100万円の譲渡益があり、B社では50万円の損失があったとします。株式の譲渡で得た所得には20%の税率がかかるので、このままではA社での譲渡益100万円に対して20万円の税金が課されることになります。しかし、確定申告で損益通算すると、A社の100万円の譲渡益からB社の50万円の損失額を差し引いて合計50万円の純利益とすることができるのです。この場合の税金は、50万円に対し20%なので10万円となり、確定申告しなかった場合よりも10万円の節税になります。

3つめの証券会社に源泉徴収ありの特定口座を持っている場合ですが、この口座で利益を上げた場合は、証券会社が自動的に源泉徴収してくれるので、個人で確定申告をする必要がありません。ただし、2つめの損益通算の項とも関係しますが、同じ例で考えると、源泉徴収ありの特定口座で株式を運用していると、A社の100万円の譲渡益から自動的に源泉徴収で税金を納めてしまうので、確定申告をしないままだと余計な税金を支払ったままということになってしまいます。しかし、確定申告でA社の譲渡益とB社の損失額を申告すれば、損益が通算されて源泉徴収で取られた税金が還付されるのです。

株式投資では証券会社の特定口座を利用することが一般的ですし、リスクヘッジで複数の証券会社で運用しているという人も多いでしょう。以上で見てきたように、確定申告をすることで節税が可能な場合がありますから、株式で発生したトータルの収支は自分自身の目でしっかりチェックするようにしましょう。