株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

株式投資で利益が出た時には納税義務が生じる場合がある

スポンサーリンク

株式投資で利益が出た場合には、その利益に対して税金がかかります。株式投資の税金には2種類あり、売却益に対して課税される譲渡益税と配当金にかかる配当税があります。

譲渡益税の税率は20%ですが、年収2千万円以下の一般のサラリーマンでは、主たる所得である給与以外の所得が、年間で20万円を超えなければ課税されません。ですから、株式で少額の運用しかしない人には、納税する機会があまりない税金でしょう。ただし、証券会社に源泉徴収ありの特定口座を開設している場合には、たとえ少額でも利益が出た時には自動的に税金が天引きされることになります。その場合、払い過ぎた税金の還付を受けるには確定申告をする必要があります。また、年間のトータルがマイナスの場合は、天引きされた金額分がきちんと還付されます。

注意すべきなのが、複数の証券会社に特定口座を持っている場合です。たとえば、Aという証券会社で年間に10万円の利益が出ているけれど、Bという証券会社で20万円の損失を出した場合、合計すると10万円のマイナスになりますが、A社はA社だけの損益に対して税金が計算されるので、10万円×20%の2万円が徴収されることになります。この2万円を取り戻すには、自分で損益を申告しなければなりません。

配当税も譲渡益税と同じく、配当金に対して20%の税金が課されます。配当については対象の株式会社から金額が記載された振込書が送付されてきますが、この額面はすでに税金が天引きされている数字になります。

株式投資で利用しているのが一般口座であれ特定口座であれ、年間のトータルで損失を出している場合は確定申告は不要ですが、損失を申告することで翌年以降の節税につながる可能性が生まれます。譲渡損失の繰越控除を利用すればその年の損失を翌年以降に繰り越せるので、翌年以降に利益が出た場合、繰り越した損失額と相殺して課税される利益を減らすことができます。これは、複数の証券会社に利益が出た口座と損失が出た口座を持っている場合でも通算することが可能です。ただし、繰り越せるのは最大で3年です。

確定申告は一般の会社員にはあまり縁がないので、手続きが複雑で面倒なのではないかと心配する方もいることでしょう。そういう場合は、国税庁のホームページにアクセスしてみてください。その中の確定申告書等作成コーナーでは、数字を記入すれば自動で計算してくれるので、それをプリントアウトして郵送すれば申告を完了させることができます。e-Taxという電子申告システムもあるので、確定申告の手続きは従来よりずっと簡単に行えるようになっています。