株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

ふるさと納税を利用すれば今より節税できる金額を増やせる

スポンサーリンク

昨今、何かと話題のふるさと納税ですが、株式投資をしている人にはおすすめの制度です。そもそもふるさと納税とは、任意の地方自治体に寄付をする制度で、「納税」という名前ですが税金ではありません。寄付金のうち所得に応じて定められている金額までの全額が、自己負担金の2千円を除いて所得税や住民税から控除されるので、「納税」と呼ばれているのです。また、「ふるさと」とありますが、寄付をするのは全国のどの自治体でも構いません。寄付を受けた自治体の中には、お礼として寄付者に対してその自治体の特産品やギフト券などを贈ってくれるところも多くあります。2千円の自己負担で、節税もできるうえにさまざまな物品がもらえるため、多くの人がふるさと納税に関心を持っています。

また、2015年から税金の控除を受けられる寄付金の上限がそれまでの2倍に変更されました。このため、年収800万円の子供のいない共働きの夫婦なら、およそ14万円までの寄付金から税金が控除されることになります。さらに、2015年4月から始まったふるさと納税ワンストップ特例制度を利用して寄付をすると、寄付先の自治体が5つ以内の場合には、確定申告をしなくても税金の控除を受けることができるようになりました。こうした制度変更のおかげで、ふるさと納税を利用する人の数はますます増えています。

ただし、ふるさと納税ワンストップ特例制度を使って確定申告を不要にするには、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を、住民税を納める自治体に提出しなければなりません。この申請書には捺印が必要なため、メールやFAXで送ることはできません。所管の役場に持参するか郵送することになります。

これまでよりふるさと納税にかかる手続きはかなり簡単になりましたが、それでも6つ以上の自治体に寄付する場合は確定申告が必要です。また、医療費などの控除を受けようとするなら、こちらも確定申告が必要になります。

これまで、ふるさと納税で控除を受けるには確定申告が必要でした。サラリーマンなど普段確定申告に縁がない人たちにとっては、これがネックとなり、なかなか利用に踏み切れないでいたようですが、これからはハードルが下がった分、一気に利用者が増えることが予想されます。株式投資をしている人にとっては、確定申告はすでに身近なものでしょうから、より手軽にふるさと納税を利用できるでしょう。

自治体の中には3万円の寄付で60kgのお米をくれるところもあります。節税ができるうえにいろんな地方の特産品ももらえるお得な制度ですので、株式投資と同時にふるさと納税も利用して上手に節税しましょう。