株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

逆指値注文を上手に活用して投資の幅を広げよう

スポンサーリンク

株式投資には逆指値注文という注文方法があります。初心者にはあまりなじみのない言葉でしょうが、利益の確定や損失の限定、買い時を逃さない方法として、利用価値の大きい方法です。

指値注文を簡単に説明すると、指定の株価を上回った時に買い注文を出し、指定の株価を下回った時に売り注文を出すなどの、発注の仕方をあらかじめ条件を付けてから予約注文することです。普通の指値注文と呼ばれる注文方法では、指定した株価より下がった時点で買い注文を出し、指定した株価を上回った時点で売り注文を出しますが、逆指値注文とは文字通り、その反対のやり方で発注するのです。現時点の株価では買う気はない株に対して、ある水準以上になればブレイクを狙って買い注文を出したり、逆に、ある水準以下になれば利益や損失を確定させるために売り注文を出したりすることが、この逆指値注文の目的です。

株の注文方法には成り行き注文といって、銘柄だけを決めて売り手が現れればすぐに取引するという方法があります。逆指値注文でも、ある株価を超えれば成り行き注文を出すようにあらかじめ予約しておくなどということができるので、普通の指値注文と組み合わせて上手に使いこなせば、今まで以上に利益を増やし損失を減らすことができるようになります。

指値注文が有効となる例を挙げましょう。ある銘柄の現在の株価を100円とした時、株価が105円に上昇すれば106円で買い注文を出し、95円に下がれば94円で売り注文を出すように予約注文しておきます。この場合、株価が一度も105円まで上昇しなければ、買い注文が出されることはありません。逆に95円まで下がらなければ、売り注文も出されません。これが普通の指値注文で注文を出した場合では、106円で買い注文を出していれば101円から105円までの推移の間に売りたいという人がたくさん現れますし、94円で売り注文を出していれば99円から95円までの推移の間に買いたいという人がたくさん現れるでしょう。このように、普通の指値注文では自分の思惑に達する前に売買が成立してしまいます。逆指値注文ならば、それを避けることができるというわけです。

株価が下がってきたのにもかかわらず、すぐに反発が出ることを期待して売り時を逃し、結局損切りしてしまう、また、株価が上がってきたのにもかかわらず、もっと利益を出そうと欲張るうちに売り時を逃し、結局損切りしてしまう、という傾向がある人には逆指値注文がおすすめです。また、日中は仕事で株価の変動がわからないというサラリーマンにも、あらかじめ売り値や買い値を決めておけるこの方法は有効です。