株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

リスクの少ない投資方法であるサヤ取りのメカニズム

スポンサーリンク

株式投資においてサヤ取りという手法は、安全性の高い売買方法として多くの人が採用しています。サヤ取りでは、株式市場における日経平均などの市場平均値をもとに、それより株価が割高になっている銘柄を「売り」、平均値より割安になっている銘柄を「買い」として、同時に取引を行います。常に売買の銘柄を組み合わせて取引し、決済まで同時に行います。

株式市場では相場の全体が下落傾向にある時、一般的に割高な銘柄は下落幅が大きくなります。一方の割安な銘柄も相場全体の動きと連動して下落するものの、その下落幅は割高な銘柄ほど大きくはなりません。サヤ取りではこの差をうまく利用して利益を上げます。この方法は、相場全体の上昇期・下降期に大きな影響を受けることがないので、安定して利益を上げ続けることができるのです。

株式投資では相場の動向をいかに見極めるかがポイントになりますが、プロの投資家でも予想を立てるのは簡単ではありません。ですが、サヤ取りでは見通しを立てる必要がなく、相場の動きがどのような場合でも常に売買が可能なので、大きな損失が少なく安定的に利益を上げることができます。

サヤ取りという手法は、株式投資の世界にリスクヘッジの概念を根付かせました。相場の動向に影響を受けることなく、売りと買いの銘柄を同時にセットすることで、たとえ一方で損失を出したとしても他方の利益でカバーすることができます。常に高いリスクをはらむ株式投資において、リスクを最小限に抑える堅実な手法なので、初心者でも実践しやすくなっています。

サヤ取りで組み合わせる銘柄を決める時は、売買する銘柄に条件をつけて選択しなければなりません。一般的に実践されている方法は、業績が悪くて株価の高い銘柄を「売り」、業績が良くて株価の安い銘柄を「買い」として取引を行います。それほど都合よく条件にかなう銘柄はなかなかないように思われるものの、売られ過ぎ・買われ過ぎの銘柄が時々出てくるのは確かなことです。業績が良いにもかかわらず株価が安いままの銘柄もあれば、仕手と呼ばれる人為的な操作で一時的に株価が高くなる銘柄もあります。株式市場にはこのようなゆがみが生じるものですから、それを利用して銘柄を上手に組み合わせることで、利益を上げ続けることも可能になるのです。

サヤ取りでは、売りと買いを同時に仕掛けるので難しいイメージがありますが、銘柄個別の動きに見通しを立てる必要がなく、銘柄間の価格差だけに集中すればいい方法なので、実際にやってみると、初心者が太刀打ちできないような難しい方法ではないことがわかります。