株式投資の方法おまとめblog

株式投資でどうすれば勝つことが出来るのか?株必勝法は存在するのか?これから株で稼ぎたいと考えている未経験者や初心者の方がトレーダーとして生き抜くための取引方法まとめ

短期間勝負のスイングトレードという株式投資法の特徴

スポンサーリンク

スイングトレードという方法は、数日単位という短期間のうちに売買を済ませる投資法のことを言います。スイングトレードと対置される方法がポジショントレードで、この場合、数週間から数ヶ月単位の中長期的な範囲で、銘柄を入れ替えながら取引していく投資法です。スイングトレードは短期間のうちに売買を完結させる必要がありますから、企業の業績や成長などを分析するファンダメンタル分析ではなく、株価チャートや過去の値動きの指標を元に売買のタイミングを計るテクニカル分析が重視されます。

スイングトレードで重要になるのが、毎日の株価チャートの分析とそれに基づいた指標を立てること、そして、短期間で相場がどう動くかを予想できる能力を養うことです。株式投資を始めたばかりの人が、いきなり株価チャートを見て見通しを立てることなどできませんが、毎日の変動をチェックし続けることで徐々に今後の傾向がつかめてくるものです。日々の変化を分析しながら、日経平均の1週間の動きを予想してみるなど、相場観を養う方法はあります。そうやって、株価の変動がどういう時に起こるのかに徐々に慣れていくことで、売り時や買い時が何となくわかってくるようになるものです。ただ、やみくもに予想を立ててもなかなかわかるようにはなりませんから、なぜそう判断したのか常に根拠を明確にしながら行うことを習慣づけましょう。

スイングトレードは短期間の勝負ですので、株式市場で話題になっている銘柄を株価が動き始める時期に買い、株価がある程度値上がりを見せたらその時点で売却します。そこですぐに話題性のある次の銘柄を探して購入し、ある程度値上がりしたら売却する、というふうに常に銘柄を入れ替えながら取引していくことになります。スイングトレードの基本は運用期間を守るということです。株価が値上がりを見せたら、もう少し高くなってからと欲が出てしまうものですが、話題性で値上がりしている銘柄は、ほとぼりが冷めればすぐに下落するものです。手放す時期を見失って損失を出すことのないように、まだ注目が集まっているうちに売却して利益を確定させることが大切です。

スイングトレードで成果を上げるコツは、とにもかくにも買い時・売り時を逃さないということに尽きます。話題性のある銘柄は初動からピークまですぐに値動きします。初動で買いそびれると高値で買うことになりますし、こういう銘柄は下落のスピードも速いので、うかうかしているうちに損失を拡大させてしまいます。初動を逃さないように気をつけましょう。